【オリジナル商品】
バイノーラル音源入りアファメーションCDセット
バイノーラル音源入りアファメーションCD「MindSwitch」

2015年度音声プログラムの製品CDの一般販売を開始しております
お金に好かれる人になるMoneyReprograming

ワタナベ薫の音声教材などの一覧はコチラ
ワタナベ薫の音声教材などの一覧




2016年07月16日の美人になる方法
テーマ:ワタナベの日記

宮島観光 鹿!しか!シカ!歯科!あ、ちがっ(笑)

宮 鹿と自撮り.jpg





この日をどれだけ待ち焦がれていたか・・・

昨日は、鹿に会いに宮島に行きました。

ま、主要な目的は、厳島神社にお礼参りですけどね。

4年前の宮島観光 やっぱり鹿が好きなワタナベ






広島にあるフリースタイルの取締役に就任したことは

この県にご縁があったということ。

宮島は私にとって大好きなパワースポットゆえに、

何度も何度も訪れましたが、この度は、

本当にお礼が言いたくてやってきました。

あの、噂の彼(笑)と一緒に・・・





宮島 川本さんとピース.jpg





今回は、8月30日に広島で開催されるセミナーの打ち合わせ、

会場視察、ホテルの人との打ち合わせ、さらには、

今後のフリースタイルでのビジネス展開のことの詳細を

代表、および社員と共に、綿密な打ち合わせをしてきました。

やっと自分がそこに就任した自覚が出てきたところです。





さて、相変わらず、鹿は可愛すぎて、

今回は、なんだかカメラ目線がもらえず、

ちょっと残念でしたが、それでもツーショットには

応じてくれた子達が何匹かいました。





宮島 鹿とツーショット.jpg






なぜ、鹿を見ると、こんなに胸がキューンとするのか?

胸が苦しくなるほど、好き。前世で一緒に寝てた?笑

撫でたいけど、撫でちゃダメ、というルールがあるので、

我慢して、しゃがんでニジリニジリと少しずつ近寄り、

話しかけて、意思の疎通を取り、ツーショットを

撮らせてもらいました。





宮島 鹿とツーショット横顔.jpg





ハッフゥ〜ン・・・

かわい過ぎる・・・






鹿の背中の斑点が本当に可愛いです。

生まれて二ヶ月の小鹿もいました。

もうヨダレ、ヨダレ、ヨダレ・・・で

地面が私のヨダレで濡れてしまっていました。




宮島 鹿の背中.jpg





一緒に歩きたくて、鹿の歩く速度に合わせてみたり、


宮 鹿と散歩.jpg





鹿が、一生懸命集中して草を食べているのをいいことに、

お尻にぺたりとくっついて写真を撮ってみたり、


宮 鹿のお尻とワタナベ.jpg





私にとっては、本当に素晴らしい時間でした。

上の方に行くと、人間に慣れていない鹿たちもいました。

なかなか近づけないのです。走って逃げてしまいます。

なのでちょっと遠くで自撮り。






宮島 鹿3頭草食らう.jpg






その中の一頭に、やっぱりニジリ寄り、

いろんなことをテレパシーで話しかけました。

すると、ちょっと興味を持ってくれて近づいてくれたり・・・






宮島 鹿アップ.jpg
何何何?あんた人間ちゃうやろ?






三箇所にお参りをいたしまして、

成果を持ってまたお礼に参りますと、約束してきました。

その時も、彼と一緒に・・・💖 (笑)





宮 ワタナベ手を挙げる.jpg






今回、社長(彼 笑)と社員、その他

知り合いにも何度も何度も話しましたが、

「いや〜、川本さんが、かっこいい人でなくて

本当によかったぁ〜・・・もし、かっこよかったら、

こうやって仕事一緒にできなかったからね?

二人で仕事してたら「あの二人、なんやかんやでできているわよ」

とか噂されるところだったけど、それがなくて、

本当に本当によかった〜。仕事やりやすー」と

神様に感謝いたしました(笑)





宮島 五重塔.jpg





宮 でかいへら.jpg






さて、8月30日(火)は12時より、

広島、ホテルグランビアにて4時間セミナーを開催いたします。

参加費は10800円(税込)。





FBではもう少しで募集が始まるみたいです。

こちらのブログでもそれに伴い募集を開始します。

募集前ではありますが、すでに240名の人数が集まっているそうです。

広島の開催チームがコツコツと広めてくださっていたそうです。

すごいですね・・・みんなの力が一つになると。





いつも私は募集に関しては、

「席、たくさんあるのでゆっくりで大丈夫ー」

とか言ってのんびりさせといて、実際に席取れなかったとか、

1日で埋まってしまった、ということを

過去に何度もやっていますので、今回は、

全く未知のことでして、なんとも言えない、

と言っておきましょう。席は限られておりますので、

他県から泊りがけでいらっしゃる方は、ホテルなどの確保を

しておいたほうがいいと思います。もうすでに、

ホテルには予約が入っているそうです。





こちらのブログでも募集いたします。

セミナー内容は、セルフコアステートメント

※上のリンク先は、まだ申し込みじゃないからね?

お間違えのないように。





これからも、私は作家メインでこれまで通り、

WJプロダクツの代表取締役ですが、今後少しずつ

フリースタイルの仕事が増えてくると思います。

弊社代表川本と共に、ワタナベと愉快な仲間マイケル神も

どうそよろしくしてやってくださいませ。





宮島 川本さんとA.jpg










美人になる方法@ワタナベ薫 at 00:01 | コメント(0) | ワタナベの日記
2016年06月25日の美人になる方法
テーマ:ワタナベの日記

ハツシゴト 怒涛の3日間出張

FullSizeRender (73).jpg




この度の出張は、

新郎新婦の初の共同作業、

ケーキ入刀でございま〜す!







・・・みたいな・・・笑

フリースタイル取締役としての初仕事でした。

怒涛の三日間。






1日目は、翌日のプレゼンテーションのための準備を

弊社の川本と共に、練習・・・

いや、練習の前に、パワポほぼ全部作り直しを命令。

そう、シャチョーに命令!!

よかった。彼がM体質で(笑)

やり直しさせられているのにうれしそう。





FullSizeRender (75).jpg





今回のプレゼンでは、到達するのに、

1年くらいかかることをたったの2週間でたどり着いたのは、

人間業ではありません。本当に神様のおかげなのですが、

これもひとえに、普段の行いがいいワタクシのおかげといいますか・・・

笑笑笑笑笑・・・まずい、シャチョーに似てきた 笑

シャチョーの口癖は、「ワシってすごい!」なもんだから。





FullSizeRender (78).jpg






プレゼンでは、この度非常にありがたい結果をいただき、

プレゼンの翌日にも、再びプレゼンの機会をいただき、

フリースタイル就任後すぐに大きな案件に

取り掛かることになりました。





天が応援してくれている時というのは、

トントン拍子以上に物事が進むものです。

こういう時こそ、尊大にならず、謙虚に愛と感謝と、

そして悪から身を守ることが必要だと、

思いを引き締めざるを得ないもの。





本当に大き過ぎる展開になりました。

関係してくださった全ての方に感謝しています。





FullSizeRender (77).jpg





もう、私たちは、5年後の事業の話をしています。

壮大すぎるその目標は、もう私たちの中では

当たり前に起きること、過去のような気にさえなっています。





事業の話をしているというのに、

2人でいると真面目な話があまりできなくて、

それはまるで子供たちがいつもイタズラを考えて、

『イヒヒヒヒ…」って言ってる感じ。

どんなに下ネタ話してもいやらしくならない。





夜に飲んで食べた後、

『キャメルマキアートが飲みたい』と言った私のために、

ちっさい体で一生懸命スタバを探してくれて、

結局なかったので、私は『じゃあ、もういっか…帰ろうか』

といったら、『ワタナベ先生、もう少しいいじゃありませんか?』って。





「なんか、

『先生、もう少し

いいじゃありませんか』

ってこの言葉だけ切り取ると

いやらしくない?」







2人で大笑いしながら、デッカな話をしています。

夢物語ではなくどれも実現可能な夢。





プレゼンする関係者に、

「2人の関係は?」って聞かれたので、

速攻「愛人です」って私が答えたら、

「ああ、なるほど…」って言われて、

生まれて初めてその冗談が通じて可笑しかったです 笑





楽に生きるために、

そのままの自分と何もしなくてもいいし、

がんばらなくでもいいし・・・

しかし、何かの結果を欲しいなら、

動かなきゃならない時には動き、

がんばらなきゃならない時にはがんばり、

ストイックに動かなきゃならないならないものです。





楽し過ぎて、頑張ってる感はないのですが、

やっぱり行動量は多いのです。

行動というエネルギーが多ければ、

それに準じた結果が得られます。





なにもしない心地よさは、

心地よさという結果が得られますが、

それ以上のものがもし欲しければ、




動いてください

行動してください

頑張ってください

努力してください






でも楽しければ、

脳内のアドレナリンとドーパミンがそのガンってる感

という苦しさを全部忘れさせてくれるのですから。





そんなこんなを2人で語り合いながら、

三日間、一緒に行動していました。





FullSizeRender (76).jpg






シャチョーには、「バスローブ物語、書いてー」

とお願いしておきました。話を聞くと面白いだけでなくて、

奇跡の連続。しかし、その奇跡のようなことを

引き寄せるのは偶然ではなく、法則。





彼が、誰かに悪いことを行わず、

良心的に生きること、善を行うこと、

そうしたことがすごいことを引き寄せます。





その行動には愛があるか?

愛をもって、

清く正しく美しく生きる。





なんか、古臭いことを言ってるように聞こえるかもしれませんが、

そこがとても生きていく上で大切かな、と。

来月はフリースタイル絡みで広島に行ってきます。

広島の神様にもお礼を言ってこなきゃ。





それまでの間、執筆三昧ですが、

今、アドレナリン出まくっていて興奮状態なので、

動ける時にガツガツ動いて行きたいです。





さて、8月に広島で開催予定の4時間セミナーは、

平日になります。予定としては8月30日(火)です。

募集はまだ始まっていません。カレンダーにでも書いててん。

告知をジッと我慢の子でお待ちくださいませ。





日本での4時間セミナーは3年ぶりとなり、

今後は予定がまだありません。よかったら来てください。

人生が転換した、と言われる方も多いです。





今回、広島セミナーの開催となったのは、

「ワタナベさんを広島に呼ぶ会」というのが発足し、

Facebookでのメンバーが何百人?とかになり、

その熱意が開催することにいたしました。

その中心的存在の読者さんたち数名と、

弊社の川本がいろいろと計画をしてくださいました。





ですから、この度は、WJプロダクツ主催、

というわけではなく、フリースタイルとの共同での開催です。

異例のことですが、チャレンジしてみたいと思います。

弊社代表川本とワタナベ、これからタッグを組み、

遊んでばかりいる少年二人!というレッテルが

貼られるくらい、「イヒヒヒヒ・・・」な感じで、

ビジネスを遊びにして楽しんでストイックに頑張ってもらいます。

私は「ガンバレー!やれるやれるー」というのが仕事です。

どうぞこんな二人ですが、これからも仲良くしてください。





FullSizeRender (74).jpg





弊社WJプロダクツとしての今年のメインの仕事は

マインドスイッチ2の作成。まっててくださいませ。

家に帰ったらマイケルは相当寂しかったみたいで、

やさぐれた顔をしておりました。

とうことでまた明日。




FullSizeRender (79).jpg






美人になる方法@ワタナベ薫 at 00:00 | コメント(1) | ワタナベの日記
2016年05月27日の美人になる方法
テーマ:ワタナベの日記

しあわせ過ぎる今日の極上お散歩

ワン ベンチ.jpg
左が1歳のアルちゃん・右が10歳のエルちゃん




しあわせでした。

しあわせでした。

本当に本当に本当にしあわせでした。





今日は遠路はるばる大阪からやってきた、

西森ご夫妻と一緒に、ワタナベ家恒例の今日のお散歩を

一緒にさせていただきました。





ちなみに、西森さんは、2009年から

弊社のセミナースタッフとして今尚お世話なっていると同時に、

弊社のCDの配送とそれに関するお問い合わせをお願いしております。

細やかな対応と、当読者様への温かい配慮をしてくださり、

私も本当に感謝している方なのです。






ワン 手に顔.jpg





彼女と旦那様にお会いできたことも嬉しかったのですが、

私は、実は今日、この日を本当に楽しみにしていたのです。

なぜなら、シェパードが大大大好きなのです。

子供の頃飼っていました。





私の父は、子供みたいに、いつも母に断りもなしに、

犬をよくあちこちからもらってくるくせがありました。

母は、その度父を怒るのですが、父はなんのその。

売れ残ってしまった処分されるはずだった

シェパードを父がもらってきたのです。





本当に躾がなっていない子でしたが、

私たち家族にとっては、人間と同じく

子供のように可愛かった犬でした。

時々、あの子を思い出しては、胸がギュッ、

とすることがあります。





それが久しぶりにシェパードに会えて

私は時々ジワリ・・・とくるくらい幸せを感じていました。





2年前、こうして仙台の地をご夫婦で訪れた時、

モモもシェパードたちに会いました。

多分、今日のこの散歩にもモモは参加していると思います。

モモは亡くなってからも自己アピールがあまりにも

すごいのですが、この日も多分、そうしていたことでしょう。

モモの懐かしい思い出を彼女と語り合いました。





ワン モモとの思い出語る.jpg






さて、リードを引かせてもらい

お利口にお散歩です。





ワン リードでお散歩.jpg





で、池があるとこに来たら、

急に、年上のエルちゃんが池に突入・・・

私は彼女の力に負けてしまい、池に入ってしまいました。

水が大好きだそうで、泳ぎたかった模様(笑)

意外に深くて、上がるのが大変でした。





ワン 水に突入.jpg






そういえば、モモも真冬の散歩中に

足を滑らせ池に落ちたことがあったっけな・・・と

懐かしく、そして、また胸がチクリしながら

エルちゃんを見ていました。





こういう小さな思い出も、あとで、

「こんなことがあったよね・・・」と、

大切な思い出の1コマになるのでしょうね。





しかし、意外に毛がふわふわしているので、

撥水効果があるかのように、水が毛の中まで浸み込まず

さほどびしょ濡れにはなりませんでした。






ワン 噴水前 今日のお散歩.jpg






シェパードの特徴としては、従順、忠実、

そして、飼い主に対する信頼がすごくて、

他の方にあまり興味関心を示さないそうです。






ワン 信頼.jpg
お父しゃん・・・シュキ・・・






ワン お父さんお母さんが好き.jpg
お父しゃん、お母しゃん・・・シュキ・・・







リードもたせて歩かせていただきましたが、

それでも、いつも視界の中にはお父さんを確認したくて、

何度もお父さんの存在を確認しながら、私と一緒に

歩いてくれました。





ワン 緑の中ご夫妻.jpg






それでも、私の気持ちは伝わるものです(ある程度ですが)。

私にも少しずつ心を開いてくれたのです。





ワン チュウ.jpg






やっぱり「おやつ」効果は大きい(笑)

すぐに仲良くなる秘訣ですね。

特に、1歳のアルちゃんの方は、

「このおばちゃん、遊んでくれる対等な人」

なんて感じに思っていたのでしょう(笑)





ワン ゴロン.jpg






こんな風に他人とゴロンしたことはない、

とご主人さんがおっしゃっていました。

本当に本当に幸せでした。







ワン ぎゅう.jpg







毎年、このようにご夫婦で北海道や東北を車で

のんびりご当地の名産物などを食べに、

あちこち巡る旅をされているそうです。

来年もまた必ずやお会いできることを願い、

毎年この子たちとの「今日のお散歩」をしたいと思いました。

来年はもう一匹増えているかも、とのことでした。






ワン 車の前で.jpg






この公園は、モモの大好きな公園だったんですよね。

「モモ&マイケルの今日のお散歩」は

この公園をよく利用いたしました。

震災後、この公園に来て風が冷たく、

そして心もなぜかものすごく切なかったことも

思い出しました。その時の記事。

ついでに、この記事も読んでみて。

ありがとう。私の大切な友よ・・・






震災後、モモはヘルニアになってしまい、

思うように歩けなくなりましたが、

それでも、いつかまた思いっきり走れるように・・

との願い虚しく、晩年まで走るにまでは至りませんでしたが、

しかし、今は思いっきり走れていますね。

あの日のように・・・

多分、今日もエルちゃん、アルちゃんと一緒に

こんな風に楽しそうに走っていたのでしょうね。





ワン モモ 走る.jpg







美人になる方法@ワタナベ薫 at 00:05 | コメント(0) | ワタナベの日記
2016年05月24日の美人になる方法
テーマ:ワタナベの日記

二人の少年・・・

FullSizeRender (65).jpg





今日はステキな彼とランチデート。

遠距離恋愛だから別れは辛いの・・・

『1人で乗れるから改札までで大丈夫だから❤』って言ったのに、

彼ったら『薫は方向オンチだから心配だよ。

ちゃんと乗るまで見届けるよ』って・・・





もうっ!どこまであなたって優しいの?

そんな私をリードしてくれるあなたの後ろ姿が愛しい・・・

お忍びデートだから、お顔は公開できなくて残念。

彼は奥様もいらっしゃる方だし、みんなに私の彼を紹介したら、

モテモテなっちゃうからガマンガマン。

本当は見せびらかしたいくらいかっこいいんだけど。

私の彼が誰かなんて詮索しないでね。





















デデーーーン


FullSizeRender (66).jpg



「わしじゃあっ!」

フリースタイル代表取締役 川本英司氏





こんにちは。ワタナベ薫です。

先ほど家につきまして、ブログをすぐに書いています。

心が満たされてて、記憶が薄れる前に書きしたためたい…

そんな溢れる気持ちでパソコンを軽やかに叩いています。





テリさんの展示会についてもまた書きたいことがありますので、

のちに1つ記事をあげたいと思います。





最初に1つお詫びがございます。

ただいま、フリースタイルの今治タオル、

欠品中でして、買えない状態が続いております。





理由は熊本の震災の被災地にて、タオルが必要であることを知り、

速攻、在庫分、全部送られたそうです。

バスローブは大丈夫は送っていないので、いつでも買えます。

バスローブはこちらから





ネットショップでは、在庫を切らすのは致命的なことです。

しかし、社長の判断で、優先すべきところは、そちらである、

と思い、すべて送られたそうです。





ま、工場には在庫が多少はあるだろうと見積もったようですが、

先日私が見学に行った、今治タオルの工場、

丸山社長も同様に熊本の震災のために、

速攻、在庫全部避難所に送られたのです。

今治タオル工場見学の記事はこちらから






こういうことをされても、丸山社長も川本社長も

誰かに言ったりしません。本当にかっこいい・・・





で、工場にも在庫がないため、従業員さん達も休み返上で

タオル制作をしておりますので、もうしばらくお待ちくださいませ。





川本社長は、

『もし、丸山工場が潰れることかあったら(可能性0に近いですが)、

私もこのフリースタイルをやめる覚悟でいます』

とおっしゃっていました。





それほどまでに、丸山社長への信頼があります。

それは、丸山社長の器のでかさ、他の人の利益を心底考えて、

人としての魅力があるからです。この言葉が潔くてかっこよくて。

世の中では、組んでいた相手がコケそうになったりすると、

身を引きますが、信頼関係があると、そうなるわけです。





丸山社長や川本社長のように、

こういうことをサラリとされる器のデカさ、尊敬です。

愛と感謝に満ち溢れた人々と仕事を一緒にできていること、

本当にありがたく幸せです。





さて、展示会最終日に、

今治タオルのフリースタイル代表川本社長が

大阪に寄ってくださったのと、よもぎ蒸しの木村圭井子さんが、

テリさんの商品を買いに来てくださったこともあり、

そのあと、新商品開発の打ち合わせをしておりました。





商品は試作に試作を重ねて、1つの作品を作りますが、

作品は出来上がっただけでは売れません。

それをどのようにして売るか?が一番大切。

戦略を練りまくり、見えてきました。

夏には新商品、公開出来ると思います。





またバスローブの方は海外販売も見えてきまして、

川本社長は、いつもいつも

『ワタナベ先生と一緒に

ドバイに行くんだぁ〜っ!』


目をキラッキラさせて少年のように、

そしてアファメーションのように、何度も言葉を発しています。

それは執着ではなく、ワクワクが伴う未来展望。

そうならない理由がもう見当たらない、という確信が

関わる人々がそれを持っているのです。





そしてそれを聞いた、よもぎ蒸しの木村さんがこういうのです。

『川本社長とワタナベさんが2人っきりで、海外出張しても

誰も何かあるなて疑いませんね。例え、2人が同じ部屋に泊まっても、

それでも誰も疑いませんね。そして、奥様がわかっても、疑いませんね』

と言ってましたが、ここまで言われると、

川本社長、喜んでいいのか悪いのか?笑





お忍び旅行しなくてもいいですね(笑)

堂々と2人で行っても疑われません。ははは…





で、3人で新商品の打ち合わせをし、翌日、

川本社長はまだ大阪にいらっしゃるということで、

5年後の事業計画を話し合いました。

不思議だったのは、それを話す予定はなかったのですが、

私は朝目覚めた時に、5年後のビジョンコーチングしよう、

と急に閃いたのです。





それをするとそこに到達する道筋を作れるので、

話したほうが確実性がでます。

そしてお会いしたら、川本社長自ら、

5年後の到達目標を話し始めたのです。

きゃっ!私たちって、つながってる❤





で、とんでもない未来が出てくるわけですが、

全部それを成し遂げる道具も人脈もパワーも全て揃ってる!





先日の記事でもチラリと書きましたが、

私はフリースタイルさんと業務提携(株主)していますが、

この度取締役になる方向性での話が進んでおります。





今から半年前、ハワイに行った時に、

メインでしていた仕事、パーソナルコーチングを手放す、

とのひらめきがあったとき、しかし、何が入るのはわからずとも、

しかし、何かは必ずやることができる、とわかっていましたが、

こういうことだったのですね。音声プログラムも今年は休んでいるし。





さて、二日間、少年のような二人が、

キラッキラした瞳で、将来のどデカイ未来を語り合う。

少年の心




FullSizeRender (60).jpg






川本社長、動画じゃないんだから、静止してカメラ見て!

で、その彼の少年のような笑顔。





FullSizeRender (63).jpg





プラットフォームで見送られるとき、

まるで恋人との別れのように、

小さくなる川本社長にキュンってしてました(笑)




FullSizeRender (67).jpg







FullSizeRender (68).jpg







FullSizeRender (69).jpg







キュン・・・







美人になる方法@ワタナベ薫 at 00:54 | コメント(0) | ワタナベの日記
2016年04月27日の美人になる方法
テーマ:ワタナベの日記

今治タオル工場見学&小さな広島日記


今回の一人旅の目的の一つに、

弊社でも販売させていただいております、

今治バスローブ、および今治タオルを扱っている

株式会社フリースタイルさんのところと提携している

今治タオルの工場見学する、というミッションがありました。






今治タオル.jpg
画像/フォトグラファー木村千枝氏






ちなみに、フリースタイルさんと弊社は

業務提携させていただいております。

業務提携とは簡単に言うと、弊社が株主になっている、

ということです。他社の扱っているアフィリエイト商品と

今治タオルは一線をなすものです。





で、なぜ工場見学をしようかと思ったかと言いますと、

もちろん、これまで通り、弊社が大切な読者様に

ご紹介している商品が、本当にいいものかどうか?

信頼に値する商品なのか?というところを自分の目で

確かめたいと思った次第です。





・・・と言いますのは、昨年、今治タオルに関して

偽装事件があり、愛媛新聞2016年2月14日付には

次のようなことが掲載されました。引用いたします。





今治市のタオルメーカー「一広(いちひろ)」が
「今治タオル」のブランド認定に必要な品質検査を受けずに
認定商品のマークを付けて販売した問題で、同社は22日、
弁護士らによる第三者委員会の調査結果を
ホームページで公表した。(・・・省略)


「今治タオル」とは四国タオル工業組合で定める
品質基準を検査でパスしたものが「今治タオル」を名乗れ、
今治マークをつけることができます。


検査項目はタオル特性(吸水性・脱毛率等)や
物性検査(引っ張り強さや破裂強さ等)、
有機物質検査他、厳しい品質基準クリヤしなければなりません。


これらの検査を受けていないにもかかわらず、
今治マーク、ロゴを付けて販売していたことが問題になったのです。
報告書には商品の品質基準をみたしていたと書かれてありますが、
組合の抜き打ち検査では吸水性の基準を満たしていなかったようです。






今治タオルとは、一社だけで作っているわけではなく、

愛媛県の今治市ではたくさんの今治タオルの工場がありまして、

その一部の工場がその今治タオルの基準値をクリアしていないのに、

今治マークをつけて偽証して販売していたことが発覚したわけです。

品質基準はこちら





これは、そのあと、抜き打ちで、検査などが入り、

基準値に達しなかった工場のタオルは、今治ロゴマークを

つけることは許されなかった、ということです。





「で、フリースタイルさんのところで扱っている工場、

丸山タオルはもちろん、基準値に達していることはもちろんのこと、

特徴といたしましては、糸の企画・織り、そして

タオルの織りからプリントまで全ての工程を

自社内で行うことが出来る国内唯一のタオル工場です






今治 工場内.jpg






今治 縫製.jpg




フリースタイルさんで販売しているプレミアムタオルのように、

糸の企画・織りから開発し、特殊な織り方で

タオルを作ることができるという技術力を誇るタオル工場です。





丸山社長は非常に研究・開発にも注力されており、

無理難題もどんどんクリヤしていただいております。

今治タオルをこよなく愛し、高い技術でお客様のニーズに応える!

そんな丸山社長の人柄は商品にも表れております。

また、糸の洗浄・漂白で薬品は一切使用せず、

オゾン洗浄を行い、人にも環境にも優しいメーカーです。」

アトピーのお子さんたちにも、自信を持ってお勧めできる商品です。

(「 」内の文章は、川本社長からの文を加筆修正いたしました)





今治 糸.jpg





国内で売られている安いタオルのほとんどは、

中国製ですが、ほとんどのケースでいろんなものが入っています。

ここでは詳しく論じることはやめときますね。

ご興味のおありの方だけサイトを御覧ください。

中国製タオル 






今治 詰め込み.jpg







今治タオルは品質だけではなく、

実際の肌触りは格別で、どうやったらこんなフワッフワの

タオルが作れるんだ?というくらいのタオルでして、

今治タオルを使うと、






他のタオルが使えなくなる

罪なタオル!!






・・・な訳です。ですからご贈答や母の日、

父の日、出産祝い、バースデープレゼント、

結婚記念日、などなど贈り物にも大変喜ばれているお品です。

私個人が使い方で気に入っているのは、美容液を多めにお肌にのせてからの

蒸しタオルでのホットパック?タオルの蒸し蒸し感が

全く他のタオルとは違いますので、お持ちの方は

お試しになってみてくださいね。

詳細はこちらから







さて、丸山工場の社長さまもまた、本当に素晴らしい方で、

私の大好きな資質、少年のような心をお持ちのお方でした。

震災後、復興のために東北コットンプロジェクト、

というのもご支援いただいておりまして、

津波により稲作が困難になった農地で綿を栽培し、

紡績、商品化、販売までしてくださっているそうです。

一時的なご支援だけでなく、こうした継続的な震災のご支援、

心より感謝申し上げます。






今治 社長.jpg






ちょっと話は逸れますが、私はよく

地元の小さな書店さんがあれば書店で本を買ってください、

とか、ネットではなくて、リアル書店でできれば買ってください、

と呼びかけています。これが私たちにできる、

小さいかもしれないですが、それは社会貢献だからです。





こうした、日本の縫製工場さんなどは、残念ながら、

どんどん潰れていっています。安物買いに走っている人が多くて、

こうした日本のよいお品を買う人が少なくなっていき、

それに伴い技術者もいなくなり、さらに、そうした

中小企業が大打撃を受け、潰れていってしまうからです。





できれば、日本製を買いたいと個人的には思っています。

安全性はもちろんのこと、やはりそれは日本を応援することだから。

ちょっとお高いですが、この度工場見学して、

技術を拝見させていただき、この工程を経ての

今治タオル・・・お値段が例えば、フェイスタオルなら

1800円で高いとは、絶対に思えない技術を持って

作られているタオルであることがわかり、

心から読者の皆様にご紹介できるとも思ったのです。





今治バスローブ.jpg





さて、ここからは、日記です。

本当に楽しい、小さな大人の修学旅行のような雰囲気で、

広島から車で2時間半。道中、3人で大人の夢を

ワクワクして語り合いながら、愛媛県今治市に向かったのです。





今治 大人の遠足.jpg






帰りは広島に戻るのに3時間かな?戻ってからは

当然、広島お好み焼きをご馳走になりました。

箸で食べるより、なぜかヘラで食べると美味しい!






今治 お好み焼き.jpg






いつもの自撮りです。

楽しい雰囲気が伝わっていることでしょう。

まるで動画のような静止画ですね(笑)

何がそんなにおかしいんだか・・・

川本社長の笑い方、写真で上と下をお比べください。






今治 自撮り@.jpg







今治 自撮りA.jpg







川本社長は、禁煙について語っていましたので、

僭越ながら、コーチングさせていただきました。

「本当に禁煙したいのですか?しなくてもいいのでは?」

という所からお聞きしましたが、今後のビジネスにおいて

禁煙は必要に迫られているそうです。





で、いろいろと質問をしていきまして、

「いつからしますか?」に対して悩むことなく潔く、

「明日から!」と宣言。もう2日目で

「大丈夫です。乗り越えました」の報告メールが入りました。

もう?つまんないな〜。もがくところ見たかった・・・(笑)

ま、挙動不審な行動はあるみたいですが。






同じ方向を向き、同じ気持ちで進んでいるのが

とても心地よく、これからフリースタイルさんの

近い未来に私自身もワクワクしております。

彼の目標の中にも、一つキラリと光る社会貢献について

涙して語っていましたが、私もそれを聞いて涙でした。

彼がまだ公に語らないので、私から書くわけにはいかないので、

まだ内緒にしておきますね。





関わる会社さんのほとんどが、どこかで

社会貢献の目標をお持ちです。しかも、影ながら

やっていらっしゃるのです。会社の体力が出来たら、

きっと公に大きくされていく会社さんばかりです。





そして、もうお一方影なる力として感謝をお伝えしたいのが、

私の長年の読者さんであり、川本社長とつなげてくださった、

写真に写っている女性、つもっちゃん。川本社長の手となり足となりの

会社にとっては大切な存在。私にとってはエンジェルですね。

心より感謝申し上げます。ではまた明日。







美人になる方法@ワタナベ薫 at 01:29 | コメント(1) | ワタナベの日記
2016年04月23日の美人になる方法
テーマ:ワタナベの日記

ワタナベ薫 山口県岩国にて初心にかえる

広島から川本社長に岩国まで送っていただき、

初の岩国を探索いたしました。

ご案内いただいた場所は、知る人ぞ知る、山賊。





岩国 山賊.jpg





すごく素敵なところでした。

華厳の滝には、ほど遠いですが、高き所からの滝を見て

感動していましたら、ご案内してくださった方が、

「人口ですけどね。パイプ菅を引いて水を流しているんでしょうね」

って夢をぶち壊すようなことをおっしゃっていました(笑)

でも、なんだか風情あるお店で素敵でした。





岩国 鯉のぼり.jpg




青空に映える鯉のぼりたち。

もう、五月のこどもの日ですね。

日本人のDNAに組み込まれている、美しきものが

子供達に受け継がれていくことを切に願います。

日本は忍耐強さ、努力や助け合いの精神、

などなど素晴らしい資質がありまして、

それらが次の世代を担う子供達に、

私たちの親の年代の人々が伝えられますように。




岩国 鯉.jpg





少年の心を忘れぬよう、アラフィフ女も時に子供のように、

時に動物のように、時に野獣のように、

時に淑女のように(ウソ)、大暴れで楽しく生きていきたいです。





ここは山賊という観光地でしたが、面白いですね。

絵になるような風情あるものがたくさんあり。

お昼は、このどデカイおにぎりとうどん、

そして、鳥肉をいただきました。




岩国 山賊名物料理.jpg





おにぎりがあまりにも懐かしい味で、

昔、母が作ってくれたデッカなおにぎりに

文句を言ったことを思い出し、

ちょっぴり切ない味をかみしめながらも、

いただきました。海苔が超おいしい!





さて、場所を変えて、ガイドさんの説明付き観光に

行きました。有名な橋、錦帯橋(きんたいきょうばし)

この橋の建築者の技術者がどんどん少なくなっているそうです。

こういう伝統が受け継がれることを願っています。





岩国 橋.jpg





そして、佐々木小次郎の銅像もありました。

小次郎は宮本武蔵に戦いを挑んだ男。

小次郎は、ここ岩国で燕返しを編み出したとされています。

しかし、巌流島の戦いにて、武蔵に破れたり・・・

私も燕返し、練習しよっと。(なぜ?笑)




岩国 小次郎.jpg





岩国、夏日でして、本当に暑かったです。

だいぶハイヒールで歩きましたので、疲れマックス。

こんな贅沢な部屋にある露天風呂につかり、

旅の疲れを癒しました。




岩国 露天.jpg





今回の3日間は私にとっては人生の意味、

また新たな目標、そして、これから歩むべき道、

何を発信していくかなど、いろんなことを考えさせられた

3日間でもありました。





そしてこれまでも、常に初心忘れるべからずの

精神でやってきましたが、さらに初心にかえります。

ますます素の飾らぬワタナベ薫の人生を

謳歌していこうと決意いたしました。





地のパワーが入りまくっている温泉に浸かりながら、

体にそのエネルギーが染み込みました。

今日から、私にとっては新しい周期が始まります。

どんな風になるかは、天におまかせしていますので、

どうなってもうまくいくしか道がない、と思えるくらい

ワクワクしております。





本日は、一旦東京に戻り、打ち合わせがあり、

それが終わったら、家に帰ります。

もう、体がマイケルを求めていて、

マイケルを思い出しますと、胸キュン(死語?笑)しています。

では、また明日。







美人になる方法@ワタナベ薫 at 02:00 | コメント(0) | ワタナベの日記
2016年04月21日の美人になる方法
テーマ:ワタナベの日記

ワタナベ薫一人旅【京都・妙心寺 お礼参り】

京都 龍.jpg





建物の中は撮影は一切ダメです。

せっかくカメラを持って行ったのですが、

上記の画像は、パンフレットを携帯で撮りました。





一人旅・・・

なんの予定も一切立てていませんでした。

新幹線が好きなので、遠足気分です。

新幹線では、無料でお弁当が出ますし、

飲み物もアルコールも無料でおかわりも自由。

と言ってもここで、酔っ払ってはいけないので、

お酒は飲みません。





京都 お弁当.jpg






京都には午後1時半に着く予定でした。

京都で着物でも来て、写真を撮るとかいう写真館もあって、

気が向いたら行こうかな、とか、でも多分、

ヘタレの私のことだから、きっとホテルにチェックインしたら、

「もう、眠い〜。ダメ〜。もう寝る〜」とかなるだろうな、と

思っていました。





しかし、数日前に、クライアントやセミナー受講者さんたちが

行った龍神様ツアーに触発され、「これは私もぜひ!

行って来なければ。お礼を言いたい!」と思ったのでした。





しかし、「眠い〜、疲れたー」ってなって、

ホテルからでれなくなる可能性はかなり高し。

そうなることを身近な二人かもら予言され、

しかしそのうちの一人からは、

「絶対に絶対に行ったほうがいい!呼ばれているんだから」

なんて、言われちゃったもんだから、

ホテルにチェックインする前に、フロントに荷物だけ預けて

そのままタクシーに乗った!勝った!!

私は眠気と疲れに、勝利を収めたのです!!





で、冒頭の龍の天井画のあるところ、

京都の妙心寺に行ってまいりました。






京都 妙心寺.jpg





ド迫力でした。

龍の天井画の中では大きさが日本一だそうです。

どこから見ても、龍と目が合うのです。不思議。

そして、入り口から見たときは、下り龍に見えて、

奥の方から見ると、昇龍に見える。不思議。





歴史的なことは一切私はわかりません。

ツアーガイドがいろいろと説明していましたが、

聴覚情報、受け付けませんでした。いつものこと(笑)

目で見て感じて、そしてその龍のド迫力の波動を体で受け止めました。





京都 建築物.jpg





歴史の詳しいことはわからなくても、

なんだか心が洗われる気持ちになるので

やっぱり神社仏閣はいいですね。

守護様の中には、龍神様がいて、それが最近1体増えて、

2体も守ってくださっていると教えてもらいました。

だからお礼を言いたかったのと、基本私は、

お参りする時はお願い事は一切しません。





この度の熊本での地震、大難が小難になったと思います。

原発が稼働しているにもかかわらず、福島のように

ならなかったこと、感謝申し上げました。





京都.jpg






京都 ワタナベ.jpg





夜は、私がこの仕事についてから陰ながら

いろいろと支えてくれてきた、友との4年ぶり?の食事?

4年ぶりか・・・すごいな。





上の写真をFBにアップしましたら、

「髪伸びましたねー」って数人からコメントいただき、

本当伸びたな〜、って思いました。





京都 髪伸びた.jpg





美容師が考える、この先のワタナベのヘアスタイルの計画は、

あと三ヶ月くらい伸ばして、そのあと、前髪パッツンだそうです。

ちょっと怖いんですけど。汗





しかし、今回忘れ物三昧の旅です。

ハンカチティシュ、日焼け止め、サングラス、マスク、

朝歯を磨いてくるのも忘れて(笑)携帯用お粉、

下痢止め薬、香水、ネックレスとかも忘れたわいな。

ま、すべて買えば済むものばかりでしたが、

朝出発なのに、当日のパッキングはダメですね。





そんなこんなで1日目は無事終了いたしました。

本日は、どうなることやら・・・ですが、

無事になるしかないので、安心して行ってきます。

ではまた明日。





美人になる方法@ワタナベ薫 at 00:25 | コメント(1) | ワタナベの日記
2016年04月12日の美人になる方法
テーマ:ワタナベの日記

モモがいないはじめてのサクラサクラ・・・

桜・車の前で.jpg





「今日のお散歩」シリーズにしていた割には、

もしや、昨年の桜の時以来?1年ぶり?

しかも、昨年の記事も同じこと書いてた?(笑)

去年の「今日のお散歩」








桜・マイケル木の上.jpg
「モモちゃんがいニャい・・・」





今、7月出版の本の締め切りに追われまくりながらも、

毎年、ギリギリ、桜が散って終わってしまう時に、

写真だけでも撮りたい!との思いで、

今日は午後から近くの公園に行きました。





桜・ワタナベマイケルを撮る.jpg






さみーーーーのなんのって・・・

風は強いし、冷たいし、髪の毛ぐちゃぐちゃだし、

15分くらいしたら、ガグブル震えだして、

「あと1枚撮ったら帰ろ?帰ろ?ね?ね?帰ろ?」と懇願し、

「このヘタレがー!」と叱咤だけされて、

激励なしで、ブログにマイケルの可愛い桜との写真をアップしたい、

というその願いだけで、今日のお散歩、行ってまいりました(笑)





おかげ様で、こんニャにかわいい

きな粉餅が撮れました。




桜・ドアップ.jpg







このお散歩画像を楽しんでくださっていらっしゃる方は

結構多くてですね、日記の時は特に、いい写真を撮って

見てもらいたいという、自我欲求が高まる割には、

私は、本当にヘタレでして、「早く帰ろ?ね?ね?」

そんな会話をいつもしていたように思います。

そういえばこの時もそうだった。

世界の絶景 セドナ カセドラルロック






桜・ワタナベとマイケル木の前で.jpg






ヘタレ呼ばわりされながらも、こっちも負けておらず、

写真を撮る時は、「ボケカストーク」をかましながら、

「そうじゃなくて、こうでもなくて、あー!もー!

はよシャッター切らんかい!寒くて顔が引きつるわい!」

(昨日の記事のオードリーの「美しい言葉」は

 どこにいったのでしょう・・・遠い目 笑)

と、まあ、ギャーギャー抜かしながら、今日もマイケルの

可愛い写真がいっぱい撮れたのでした。ニコ





桜・マイケルと桜.jpg






しかしね、マイケルは、今日はいつもと違っていました。

もちろん、いつも最初はすぐにバックから出ようとは

しないのですが、モモがいた時は、その安心感で、

自分も様子を見た後に外に出て、モモと一緒に

リードをつけてお散歩するのですが、

今日はダメでした・・・





桜・ベンチで.jpg






はじめてのモモがいない散歩。

モモがいなくなって4ヶ月が経ち、

マイケルも一匹でいる自分に慣れてきたかとは

思うのですが、散歩の時は寂しそうに見えたのは、

私の思い過ごしかもしれませんが、それでも、

マイケル自身は、いつもとちがうことを

察知していたことでしょう。





桜・階段に座る.jpg






さてさて、ここはすごくロケーションが良くて、

「階段の前でポーズとるから、かっこ良く撮って」と

注文し、撮ろうと思った瞬間、マイケルが逃げました。






サクサクサクサクーーー!と(笑)

桜・マイケルサクサクサク.jpg






ま、逃げたと言っても、ただ歩いただけですが、

そのあとどこに行ったかというと、自分で

あっちに置いてあった(放り投げておいたとも言う)

バッグに入っていました(笑)

慣れない場所は嫌みたいです。





で、家について、ちょうどハーレーのサイドバッグが

届いたので、取り付けをしていたのですが、

その最中に、急にマイケルがバッグから出て、

ハーレーに飛び乗りました。

ハンドル握って欲しかったー。惜しい!






桜・ハーレーの上で.jpg






バイクにマイケルが飛び乗ってくれた瞬間、

「いい写真が撮れる!」と思ってシャッターを切ったのですが、

何せ、寒くて、震えてて、色の調整も光も絞りも

何も考えたくなくてこんな写真しか撮れませんで、

そのまま3枚ほど撮ったら、マイケルは、

「終わった?」みたいに、すぐにバイクから降りて

またバッグに一人で入りました。





何なんだかこのヌコ様は、

もしかして、僕の写真を撮るのが仕事ニャンでしょ?

みたいに知っているのかもしれません。

知ってて付き合ってくれてたりしてね。





緊張と寒さで疲れが出たのか、

家に帰ったら、速攻、爆睡でした。

変な格好で・・・(笑)





桜・ソファで.jpg






仙台、すごく風が強くて冷たくて寒い日でした。

帰った後に、リビングでヒーターつけた時、

ふと窓の外を見たら、雪がチラチラと舞っていました。

ほんの数分でしたが、今シーズン最後の雪かな・・・

としばし窓の外を眺めていました。

雪が大好きな私としては、今年はほとんど降らなかったので、

ほんの数分の楽しみごとでした。





最後に一つプレ予告。

日にちだけお伝えしておきますね。

ジュエリーデザイナー、シファ・テリーさんと当社で、

大阪の御堂筋で販売会をいたします。





桜・Terry and Kaoru.jpg





●5月20日21日22日(金・土・日)


一応、予約制なりまして、1時間で3名の

ご予約をいただくことにいたしました。

とにかく、テリさんの石はすごい厳選されていて、

とても美しい石が使われており、パワーストーンとして

御守り代わりにもなります。そして、そんじょそこらにない

ユニークなデザインのジュエリーで、ユニセックスなので、

ご夫婦で、恋人同士でもつけられるものやエレガントな作品も。

目玉商品もお願いしていくつかご用意いただきました。

(あのリングが5万円で!どれかはお楽しみで)

さらに、世界でたった一つのオーダーリングも可能。

ご興味のおありの方はカレンダーに書いててね。







美人になる方法@ワタナベ薫 at 00:37 | コメント(0) | ワタナベの日記
2016年04月03日の美人になる方法
テーマ:ワタナベの日記

ワタナベ薫・3月27〜4月2日までののFB日記



「今日は、一週間分のFB投稿だよ?

 記事、つまんニャいよ?」By マイコー






つまんない、ゆーな!

ムギュッ!!





FB 一週間むぎゅ.jpg





こんにちは。ワタナベ薫です。

最近、Twitterでつぶやくのが面白くて、

ちょっとだけFBから離れていました。

やっぱり一つのことしかできない単細胞。





一応ね、それぞれのSNSは目的別という感じでして、

使い分けております。例えば・・・





ブログは、情報配信、

Facebookは、日常での出来事や私のプライベート的なこと、

Twitterは、もっと個人的な心の声や、どーでもいいつぶやき、

FBにアップするほどではないマイケル画像や

マイケルのつぶやき、そしてInstagramは、

ポエマーワタナベが贈る、見ててちょっといいな、

と思える写真とメッセージ性がある言葉たち。





最近は、Twitterにも、コメントくださった方に

いいね!を押す機能ができたので、ちゃんと皆さんの

コメントを読んでいることをお伝えできて、

私としては、コミュニケーションが取れているようで、

FB同様、気に入っています。





ただ、最近はなかなか他の方のFB投稿を見るまでに至らずに、

自分の投稿だけアップして、皆さんがくださった

コメントを読んで、読んだよの印に「いいね」を

押すだけになっていますが、FB中毒だったので、

今がちょうどいいかもしれません。





SNSって、中毒性がありますよね。

私の場合は、SNSでの発信は、仕事でもありますので、

趣味を兼ねて投稿を楽しんでいますが、

昔は、他の方のを見るのもまた大好きで

暇さえあれば、読み漁っていましたが、

ここ最近は、ちょっと投稿以外は見るのを休んでいます。

見始めると、楽しくて執筆に集中できなくてね・・・





FB休みますと、結構時間ができまして、

こんなにたくさんの時間をFBにつかっていたのか、

というのもわかりました。何事もバランスですね。

しかし、相変わらず、皆さんのコメントを読むのは大好きです。





さて、今日はfacebookをやっていない方に、

一週間分のワタナベの日常がわかるFB投稿を

アップしようと思います。まとめてみました。





決して!

けっ・・・・・・・して!!!


ブログの記事アップを楽しようと思って

やっているのではありません。エヘヘ・・・


============


3月27日(日)

FB一週間 マイコーどアップ.jpg



今日は朝から、ジュエリーデザイナーの
シファ・テリーさんとハーレーでの写真撮影でした。
石田が撮ってるんですけど、
『そーじゃなくて、こーじゃなくて、
ギャーギャー、ボケカス』かましながら
(ちょっと大袈裟に書いてます 笑)楽しく撮影。

テリさんも私たちのボケカストークに大笑い。
あとで写真アップしますね。いい写真たくさん撮れました。
家に帰ってから掃除やら片付けやらして、やっと一息珈琲タイム。

マイケルの「どこに行ってきたの?」的な
超萌え顔、いただきましたー。
みなさん、いつもありがとうございます!
今日も一日中笑顔でね!(あいさつオジオバ風 笑)






3月28日(月)

FB一週間 テリさんと.jpg



「言葉はいらない

 それぞれの生き様が

 レンズを通して見えてくる」



今日はシファー テリさんと画像撮り。
プレ告知になりますが、5月の連休明けの金土日に大阪で、
当社とテリさん主催で展示会を開催する予定。
大阪講演会ではチラリとお伝え致しましたが。
まだ日付が決定していないのですが、
多分、13〜15日あたりかな
(20〜22日に決まりました。後ほど告知いたしますね)
テリさんの新作も見れますし、展示会ではテリさんにも会えますよ。

ジュエリースタイリストとして的確なアドバイスをくださいます。
詳細は確実に決まってからブログにて告知致しますね。お楽しみに。

ちょいワルな感じに写っていますが、
テリさんは私よりもずっと優しくていい人です。






3月29日(火)

FB一週間 ネイル.jpg



「ネイルははじめてのネイビーカラー

何にしても『はじめての…」と言うのは

ちょっとだけドキドキで冒険の気分」


山寺 由華ちゃんの出張ネイル。彼女にはネイルは、
震災の年からお世話になっているので
かれこれ5年くらいになります。

その間、独立もされ、ご自身でネイルをやっています。
こんなに長いと、私も全く気を使わず、
ネイル中はソファに完全に爆睡しています。
うまく彼女がやってくれています。

ペディキュアもなので、長い時間ではありますが、
その時間に本を読んだり睡眠とったり、いい時間を過ごしています。
サロンもありますが、仙台市内は出張もやるみたいですよ。

ほら、私ってば家から出たくない病なので、
ゆかちゃんのおかげで助かっています。
そして、初めてネイビーカラーのネイル。
パンクな感じになるかな?と思ったら、上品に仕上がりました。






4月2日(土)

FB一週間 カップ.jpg



さっきやっと家に帰ってきて、マイケルの2つのトイレそうじ、
バタバタして朝から溜めた洗い物も終わり、
今日の初めてのコーヒータイム。もう22時半になってしまう…


さて、このカップ、実はフラワーベースです(笑)
モモの四十九日に、モモへの白いお花と、
そして私を励ます赤いお花2つのフラワーアレンジが届きました。
2週間楽しませていただき、そして、なんか捨てられず、
自分用のカップに使ってみましたら、使いやすいのなんのって。
これでカフェオレとかミルクティー飲むと、
なんかおいしさ倍増なのです。今大切にしているカップです。

ビンボー臭いかな?(笑)



============

ということで、ここまでです。

今日は日曜日ですね。どのように過ごされますか?

もう、桜が満開のところもありますね。

今年の桜は、例年よりも早いのかもしれませんね。

楽しい日曜日をお過ごしくださいませ。




美人になる方法@ワタナベ薫 at 00:53 | コメント(0) | ワタナベの日記
2016年02月12日の美人になる方法
テーマ:ワタナベの日記

大阪ミニミニ観光



大阪心斎橋.jpg





大阪着きました。

今日の記事はうざいくらい大坂満喫しているワタナベ画像ばっかです。

仙台から大阪ってたいていの場合、飛行機なのですが、

この度は、のんびり新幹線でした。

のんびり景色を見ながらの、お弁当食べながらの、

で、午後2時頃に大阪に着きました。





最初のミッションはホテルにて、

明日の販売するサインを書く、というものでした。





大阪サイン.jpg






数百冊をさらりと書き、そのあと、大阪の街に繰り出しました。

何度も来ているはずなのに、なぜかここは外国って感じ。

やっぱり、大阪らしいことせなあかん!って感じで

まずはたこ焼き食らう。


大阪たこ焼きとワタナベ.jpg






で、食いだおれタローと写真。

大阪タロー.jpg





大阪タロー1.jpg






でもって、ビリケンと写真。


大阪ビリケン.jpg






で、大阪らしいお土産売っているところで

いろいろ小物買いました。ちなみに、

「なんでやねん」Tシャツや「しばいたろか」箸は持ってます 笑



大阪Tシャツ.jpg






たこ焼き食べたのに、どうしてもタコせんが食べたくて、

探して探してやっと見つけたタコせん。

一つ200円だなんて、お店は大丈夫なの?と

来るたびに心配してしまうのです。



大阪たこ焼き.jpg





大阪たこせん.jpg






今日乗ったタクシーの運ちゃん、ええ人やったぁ〜。

ナビが付いてなくて、でも、なんとなくわかるから

ホテルまで行ったんだけど、道間違ったのです。

その時点で、メーター止めました。





今までいろんなタクシーに乗ってきましたが、

自分が迷ってもメータ止めた運ちゃんいませんでした。

さらに、会計の時に、「ちょっとだけ迷ったから」と言って、

値引きまでしてくれたのです。





降りてから、速攻天に向かって、運ちゃんの幸せを祈りました。

知っている人の幸せを祈るだけでなく、

知らない人の幸せを祈るとき、自己満かもしれませんが、

一瞬で心が穏やかになります。

運ちゃん、いいことあるといいな。




早速、大阪のお土産屋さんで買ったアイマスクをして、

夕飯食べる前に、ちょっとだけ仮眠。

やらせ画像ではなく、仮眠の割には、本気寝しております。



大阪仮眠.jpg






では、会場にいらっしゃるすべての方の幸せも祈ります。

そして、お会いできること楽しみにしております。

緊張しているなんて見えないかもしれませんが、

実は、足や手が小刻みに震えている様子が、

前列くらいの人にはバレているかもです。

ではでは!See you soon.





美人になる方法@ワタナベ薫 at 00:03 | コメント(4) | ワタナベの日記
2016年02月05日の美人になる方法
テーマ:ワタナベの日記

名古屋だがや

名古屋ひつまぶし.jpg
がっついています。ブログの画像用に・・・(笑)




名古屋と言ったら、ひつまぶし・・・

ひつまぶしと言ったら、名古屋・・・

ひまつぶしにひつまぶし・・・






名古屋の老舗、宮鍵で久しぶりにひつまぶしを食べてきました。

ここのひつまぶし、本当に美味しいです。

はじめて名古屋に来た時に、タクシーの運ちゃんに

教えてもらったオススメの場所です。宮鍵

それ以来、名古屋に来た際はこちらでひつまぶしを食べてます。





さてさて、名古屋にはいつも新幹線で行きますが、

3時間ちょいで名古屋に着くなんて、本当に近いです。

仙台から秋田に行くのと、あまり変わらないよね?

ってくらいです。もっともっとこれからは気軽に

名古屋に行こうと思った次第です。




名古屋出発.jpg
レンズの歪みで脚が長く写っているのでお気に入り画像(笑)本当は半分の長さ





さて、今日の仕事は、本日の講演会で書籍を販売してくださる、

星野書店さんにて、サイン本を書く、というミッションを

果たしに行きました。ちょうど1年前に、星野書店さんでは、

サイン会を開かせていただき、本当にお世話になっている書店さんです。

250冊でしたが、チョロいチョロい♬

なんってったて、再来週は、出版社に丸々四日間引きこもって、

過去最高の、4000冊サインを書くのですから・・・




名古屋サイン.jpg





本日販売されるサイン本は250冊、そして、

その他の本はサインはありませんが、

マイケル先生のポストカードが1枚おまけについてきます。

さらには、星野書店には、20冊くらいサイン本を

置いておりますので欲しい方はお立ち寄りくださいませ。

星野書店





夕方になり、仕事関係でもお世話になり、そして

当クライアントとしてもコーチングでも共にしている

よもぎ蒸しのプロフェッショナル、木村圭井子さんのところへ。




名古屋木村さんと.jpg





で、よもぎ蒸しを受けてきました。・・・と言っても、

私も、よもぎ蒸しの椅子を木村さんのところのを買ってあるので、

家でもよもぎ蒸しできるんですけどね、

やっぱり、彼女がその時の私の症状に合わせて

ブレンドしてくださったよもぎで蒸されたひ・・・・





ということで、いつもは、彼女は蒸す側ですが、

「一緒にやろーよー」なんて子供にみたいにお誘いして、

ガールズトークならぬ、中年女子トークで花が咲きました。

名古屋に住んでいらっしゃる方が、本当にうらやましいです。




名古屋よもぎ蒸し.jpg





プロの私の目から見ても、彼女のカウンセリング能力と、

癒しのパワーが半端なく、蒸されながらついつい

お悩み相談をしてしまいたくなる、母性あふれた存在なのです。

名古屋発!よもぎ蒸しで美人になろう!





ああ、いよいよ本日、講演です。

ホテルに戻ってからは、練習です。




名古屋練習1.jpg










名古屋練習2.jpg











・・・・・・

グゴォォォォーーーーー


15分後・・・てな感じです(笑)


名古屋練習3.jpg





本日ご出席される皆様、時間に余裕を持ってお越しくださいませ。

席がわからない人は、スタッフにお聞きになってください。

それでは、お会いできますこと、心より楽しみにしております。







美人になる方法@ワタナベ薫 at 00:00 | コメント(3) | ワタナベの日記
2016年01月28日の美人になる方法
テーマ:ワタナベの日記

モモの備忘録 哀悼の意を込めて(四十九日)

DSC09115.jpg
昨年の春、この桜がモモにとっての最後の桜になってしまった・・・






今日はモモが亡くなって四十九日の日です。

(日付けが変わったので昨日になりますね。

27日に書いていますので、そのまま今日、としますね)





仏教の教えでは、この日に天国行くと言われています。

四十九日の今朝方、モモが死んだ夢を見ました。

とうとうその日が来たというショックで、

夢の中で私は大声を出して、泣いていました。

周りに居た友人たちはそんな私をあれやこれやと慰めるのですが、

それでも私は子供のように夢の中で泣きじゃくっていました。





27日はモモの四十九日って、一度も忘れた事がなかったのに、

なんと!!今日が27日っていうことを忘れていた私。バカ!(笑)

まだ、25日くらいだと思っていたのです・・・

クライアントが、私とモモにお花を送ってくださって、

今日がその27日であることがわかったのです。

ほんと、バカ。





実は、モモが亡くなって大泣きした1時間後、

そのときの様子を書いていました。





書く事で、落ちついていたのと、

そのときの気持ちを忘れたくない、という意味で、

私はそのとき、泣きながらパソコンを打っていました。

今日は、モモの四十九日の追悼と言う意味で、

それをブログに載せたいと思いました。





ペットに興味のない方は、つまらない記事かもしれませんが、

人間に置換えてお読み戴けれたらと思います。

愛する人を亡くしたとき、自分はどうだろうか?

と言う視点ですね。



================

12月10日朝方3時6分

モモ、永眠(享年16歳)





先ほど、モモは逝きました。

行く時は、モモが逝きづらいかな、と思い、泣きませんでした。

さっき、モモの身体を熱いホットタオルで全身を拭いてあげて、

ドライヤーで乾かしてあげました。





モモは生きていたとき、ドライヤーが好きで、

私がドライヤーをかけていると、「私にもかけてかけて」と

寄ってきて、そして、かけてあげるとシッポを振りながら

温風が当たるのを楽しんでいたのを思い出し、

涙がモモの身体に何粒も落ちました。

声をあげて泣いたのは久しぶりでした。





実は、モモが逝く日が前もってわかっていました。

(安楽死とかではないですよ)

今となっては、これはあまりよいことではないと感じました。

だから、その日がくるのが恐怖で恐怖で、

そして、そのちょっと前に東京出張三日間があったので、

早く帰りたい、という気持ちと裏腹に、帰りたくない、

という思いもまた強くて、モモと離れている三日間は、

恐怖に苛まれ、16年もの長い間一緒にいたのに、

あと1日か2日でお別れかと思うと、怖くて、

1人ホテルの部屋で毎晩泣いていました。





今日がXデーであることが分かっていたので、

ベッドで眠ることもなく、服を着たまま、

リビングでモモと一緒に横たわりました。

モモの心臓に手をおいたまま、浅い眠りにつきました





私の願いは、モモを一人で逝かせないこと。

ただ、1つお伝えしたいことは、そのことを、

ペットたち全員が、飼い主に見送られることを

望んでいるわけではありません。





飼い主があまりにも泣き虫だったり、

ペットに執着していたりしますと、なかなかあちらの世界に

逝きづらいので、ペットなりに一番いい時を計画しているようです。

人間の逝き方もそうだと思います。





しかしモモは、私に見送ってもらう気、満々だそうで、

しかも、生きることへの執着があまりにも強くて、

「私がワタナベ薫を守ってやっているの。

私がいないと、この人、ホントダメなの」

くらいの上から目線の子でして、本当に死にたくなかったようです。





ですから、これまで数値的には、

致死レベルに何度も達しましたが、生還しましたし、

今回の状態では、随分と長く病院に毎日点滴にも行っていましたが、

生きているのが不思議なくらいでした。

食べなくなってから幾日経つのでしょう。

もう覚えていないくらい食べていません。





今日が危ない日だということは分かってはいても、

あまりにも鼓動が力強いので、もしかしたら奇跡が起きて、

また元気になるのでは?とさえチラリと思いました。

モモの心臓の上に軽く手をおいたまま、

リビングでウトウトと浅い眠りに着きました。





そのとき、夢を見ました。

明るい野原にモモがいました。

他にも動物が居たのですが、イノシシ?だか豚だかわからない

見た事もないような変な生き物と飛び跳ねながら遊んでいました。

その光景を見た私は、「ああ、なーんだ。モモちゃん、

元気になったんだ!よかったー」と思い、胸をなで下ろしたその瞬間に、

モモの吐く時の声がして、現実の世界に呼び戻されました。





慌てて目を覚まし、モモを抱っこして、

吐かせよとしたのですが、もう、グッタリしていて

吐く力もなく、そのまま頭はダラリと垂れました。

私は心臓に手をおきました。力強くなっていた鼓動が、

少しずつ弱く、間隔が遠くなって行き、

そのうち、鼓動が静かにとまりました。





幸い、モモが逝く瞬間は涙を流しませんでした。

それは決めていたのです。モモが逝きづらくなるので、

ここ数日間は「お疲れさま、いつでも逝っていいからね。

無理しないで。私は本当に大丈夫だから」と言い聞かせていました。





亡くなってから、ホットタオルで身体を全部拭いてあげて、

ドライヤーで乾かして、モモの毛は、若い時となんら変わらないくらい

フサフサで、とても16歳の老犬には見えません。

すごくツヤツヤです。





今、静かに私の脇で眠っています。





亡くなるまでの10日間くらいは、5分に一回、

モモが息をしているかどうかを確認していました。

そして、夜は、モモが寝返りを打つたびに、

小さな寝息がするたびに、吐く声がするたびに、

ベッドから飛び降りて、モモを確認していましたから、

ここ数日間はかなり寝不足でした。一時間に一回は起きて、

床ずれが起きないよう、交互に身体を返してあげていました。





夫には本当に感謝です。

私はセッションがあったり、打ち合わせがあったりと

色々あったので、病院はほとんど夫が行ってくれました。

全部で4、5時間かかるのです。それをずっとやってくれました。

だから、彼もまたやり遂げた感があることでしょう。





モモは私の所にきて絶対幸せでした。というか、

モモに私が選ばれて、彼女が私の元に来たとしか思えません。

彼女の意志で私が選ばれたような気がします。



============




ここまでがその時に書いたものです。

・・・・って、なぜか、中途半端で文章が終わってます。

書いて満足したんだろうか?(笑)

備忘録と言うか、そのとき、書かずにはいられなかったんですよね。

この文章は公開するつもりもありませんでした。

その文章を泣きながら打っているときに、

「モモちゃん、私は何やってんだろね?」と

泣き笑いをしていました。





今思えば、夢で見た明るい野原は、

天国に渡る前の虹の橋の手前にある野原だったのでしょう。

作者不明と言われている虹の橋、という物語。

ペットは亡くなった時に、虹の橋を渡るのではなく、

私たちが死ぬまで虹の橋の前で待っていて、

飼い主が来た時に、一緒に虹の橋を渡ると言う物語。





私には、待っててくれるペットがたくさんたくさんいます。

私は子供の頃から、犬と猫と共に成長してきました。

しかし、その中でもモモは私が飼った私だけの犬、

はじめて家の中で飼う小型犬でした。特別な存在でした。





マイケルにも時々話をしています。

私は、あなたの命尽きるまで一緒にいて、

あなたよりも先に決して死なないから。

そして、あなたが亡くなったあとは、また会おうね。

必ず会おうね。再び私の元に、猫の姿をしてきてもいいし、

それが無理なら、必ず天国で会って一緒にずっといようね。

・・・と、時々話します。





もう、とっくにモモは天国に行っているのがわかりますが、

今日は戻ってきたのもわかりました。空耳なんでしょうが、

洗面所に居た時に、リビングから、いつものモモの

クンクンというかよわい甘ったれた声が聞こえた気がしました。





亡くなってから、今日まで、モモの生ゴミクサい(笑)

口の匂いがしたり夜、廊下のほうからモモの「フガッ」

と言う声が聞こえたり、夫もお線香をあげていたときに

「フガッ」が聞こえたよう気がしたそうです。

あちらの世界を行ったり来たりなんでしょうね。





ペットを亡くされている皆さん、

最後まで一緒にいれて、よかったですよね。

そして、もしあなたの友人がペットを亡くして悲しんでいるとき、

「早く新しいのを飼ったらいいよ」とか

「天命全うだね!よかったね!(^^)」などの笑いマークの絵文字、

「次はペットショップじゃなくて、保健所でもらってね」とか

言わないであげてください。





というのは、亡くしたばかりのときは、

敏感になっているのと、次の犬なんて考えられないのだから。

関連記事 寄添う気持ち





ただただ悲しいだけなのです。

何かを言って励まそうともしなくて大丈夫。

「悲しいね・・・何を言ってあげたらいいか

ふさわしい言葉がみつからないよ・・・」でいいのです。

しかしながら、モモのとき、私は多くの人々から

こんなにモモが愛されていた事をコメントを通して知り、

どれだけ嬉しかったかは、皆さんにお伝えしていなかったのですが、

相当、モモが喜んでいたようです。ですから、私もコメントを1つ1つ

読ませて頂いたとき、本当に本当にうれしかったです。

改めて、あの時はありがとうございました。





そして、モモの死をきっかけに、個人で大型犬の

保護活動をしている方に出会いました。

団体ではなくて、個人でこうしたことを地道にやっていらっしゃる、

本当にすごいことです。ペット好きの方で金銭的、

または物資を援助してもいいよ、と言う方は

彼女のブログから入ってお問い合わせ下さいませ。

すべての犬の幸せを願って保護活動中





最後に、愛する人、愛するペットを亡くされた方、

一休さんのこんな言葉があります。





「今死んだ、何処へも行かん、ここにおる。

尋ねはするな、何も答えぬ」






死後、故人はどこか遠くに行ったような気になって、

残された者たちは、愛する人の肉体がなくなって

寂しい思いをするものの、どこにも行ってはいないんでしょうね。





思い出した時には、すぐにそばに居て、それでいて

「なんで私を置いて行ったのよーーー(涙)」と問うても、

何も答えはしてくれないけど、でもやっぱりそばに

居てくれているんでしょうね。





亡くなった者たちの方がもどかしい気持ちになっているかもです。

「ああー、もー、ここに居るのに、なんで気付かないんだよ!

この声が聞こえないんだもんなー。」・・・なんて

言っているかもしれませんね。





ということで、今日の記事はここまでです。

最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました。

ではではまた明日。




美人になる方法@ワタナベ薫 at 00:07 | コメント(11) | ワタナベの日記
2015年12月17日の美人になる方法
テーマ:ワタナベの日記

モモがいない

モモ@.jpg





〜初七日・モモへの哀悼の意を込めて〜





モモがいなくても

空は青いし



モモがいなくても

マイケルも私もご飯食べてるし



モモがいなくても

笑って仕事するし



モモがいなくても

お風呂に入るとオヤジのように

あぁ〜って声出してしまうし



モモがいなくても

普通に世界が廻ってる






でもモモがいないから

私の横がガラーンとしてるし



モモがいないから

どこか空虚感があり



モモがいないから

心から笑えないどころか

写真を見ると涙がこぼれ落ちる






それでも、少しずつ、少しずつ

一歩、一歩、前に進みながら

モモがいない生活に

慣れていくのでしょう





しかし

モモが今ここにいなくても

やっぱりモモがいた思い出は残っていて



モモが今ここにいなくても

モモが残してくれた愛もやっぱりあって



モモが物理的にはいなくても

心の中には、物理的にいた時よりも

もっともっともっと近くにいるような気がして



モモが今ここにいなくても

モモはやっぱり色濃く存在している





残された者の寂しさは当然あるけど

それでも、残された者は

前を見て生きていかねばならず

その生き方を、先に逝った者たちに

見てもらうことを意識して生きる






あちらの世界に戻った時に

「どおよ?モモがいなくて超寂しかったけど

それでも生きたよ!生き抜いたよ!」

との言葉を携えていけるよう

今日も普通の1日を

モモの存在を感じながら生きる





モモがいない・・・

でも、モモは生きてた時より

もっと近くにいる

腕に抱いた、いつものあの日のように・・・





モモA.jpg



==================


【追記】〜モモの挨拶回り〜

モモ永眠の記事の時に、ある読者様からコメントをいただきました。

6. 無題
約6年前からワタナベさんのブログを読ませて頂いてますが、
初めてのコメントです。
昨日、モモちゃんの訃報を知っだ途端、
涙が溢れてきて止まりませんでした。

すると突然モモちゃんが現れて
『悲しんで下さってありがとうございます。
これからもワタナベ薫をよろしく』
とだけ言って一瞬で消えて行きました。

とっても元気で美しいモモちゃんでした。
きっとたくさんの悲しんでいる読者さんの所へ回るのに
忙しいようなそんな感じがしました。
どうしてもこの事をお伝えしたくてコメントしました。



そして、そのあと、このコメントを読まれたチャネラーさんからも
次のようなコメントを頂きました。



19. わが家の愛犬が、
FBで、モモちゃんが目の前に現れた
読書さんへの薫さんのコメントを読みました。

実は、訃報の翌日にわが家のワンコに
「ワタナベ薫さんのモモちゃんが亡くなったの」って、
話しかけたら、ここにいるよって返事をするんです。

わが家のワンコも名前が同じなので、
自分のことを言ってるんだと思ってましたが、
FBの記事をみて、もしかしたら私の家にも
来てくださったのかもしれません。嬉しくなりました。
モモちゃんありがとうございます。

講演会楽しみにしています。
サイン会もしてくださるのですね。
今から楽しみにしてます。




他にも、お世話になっているある方のワンコたちが、
ある一点を見つめてクンクン言っていたので、
モモちゃんがきた!と思っていました、というメッセージも
いただきました。モモは挨拶回りで大忙しですね。


見えない世界のことではありますが、
そんなコメントをいただきますと、とても慰められます。
モモが元気にあちこち言っているんだな、と。


魂はエネルギーですので、肉体が亡くなっても、
そのエネルギーはまだ残っているものです。
だから、まだまだ私の家の中には、モモのエネルギーが
あちこち残っています。そのうち、それすら感じなくなるのが
とても寂しくは思いますが、今度は心の中で、
モモの思い出と共に生きて行くのでしょうね。


では、また明日。






美人になる方法@ワタナベ薫 at 00:39 | コメント(2) | ワタナベの日記
2015年12月12日の美人になる方法
テーマ:ワタナベの日記

ペットを飼う&ペットとの別れのトリセツ

モモ 抱っこ.jpg





「この瞬間が最後かもしれない」

そう思った瞬間、

何気ない会話、

向かい合った食事、

並んで歩く時間、

すべてが愛おしく、

ありがたく、

尊い時間に生まれ変わる。

この瞬間は、今しかない唯一無二の時間。

思いに集中して大切にしてみて。

(拙著 ダイヤモンド76ページ KADOKAWA )






昨日は、モモの火葬の日。

物質的な身体とのお別れでして、もうクリクリした目、

短くてかわいい足、美しくて柔らかな毛並みが

見れないと思うと、本当に寂しいものですね。





家に戻ってきたら、どっと疲れて(泣き疲れ)1時間ほど寝ました。

目が覚めたら、朝なのか昼なのか夜なのかまったく分からず、

『ん?今何時?今日は何日?』とか考えること、1、2秒・・・

いつもの癖で、起きてベッドの下のモモが息しているかどうか

確認しようとして起きたら、「あ、モモは死んだんだ・・・」

との現実に戻り、もうこの確認はいらないことに気付きました。

なんだかさみし〜の〜・・・





ここからまずお伝えしたいことがあります。

まずは、皆様への感謝です。

昨日はたくさんの追悼コメント、ありがとうございました。

500人以上の人々から、モモへの温かい言葉を頂きました。

長い間、当ブログと共に、モモを愛してくださったこと

改めまして、心より感謝申し上げます。





そして、過去に、2度3度、モモの命が危険にさらされたとき、

祈りと遠隔ヒーリングなどで、モモを救って頂きましたことも、

本当にありがとうございました。あのときは劇的な回復をしました。





ここから伝えたいことが幾つかあります。

延命や悲しみを乗りこえるため、次のペットを迎えること、

ペットを検討している方へのメッセージ、などなど・・・





今回、病院に毎日通って、あの小さな腕に、

何度も何度も何度も針をさして点滴で命を長引かせることは

人間のエゴではないだろうか?

自然に逝かせるのがいいのではないだろうか?

と、悩みましたが、モモは生きることに執着していたようです。

本当はもっともっと生きたかったように感じました。





延命は飼い主に任されていますが、しかし私が思うに、

それはほとんどの場合、ペットの意志はちゃんと飼い主に

伝わっていると思うのです。





延命をしなかった、という選択でも、

時間や金銭的なことで出来なかったとしても、

そして、私のように延命の選択をしたとしても・・・

どの選択を飼い主がしたとしても、

それはペットもそれを理解している、ということ。

死に目に会えなかった・・・と自分を責めたくなるのもわかりますが、

実は、ペットはそれを選んでいるようです。自分の逝き方を。

いずれにしても、結果がどうであれ、飼い主は

罪悪感を決して抱かないで欲しいと言うことです。





そして、ぜひ私が伝えたいと思うことの中に、

ペットロス症候群に関してです。

伝えたいことは・・・





悲しんでもいいですが、

悲しみに飲み込まれない


ということ。





飲み込まれる、というのはもう、

自分の意志や感情をコントロールできなくなるぐらい、

悲しみにすべてを奪われてしまうことです。





すべてというのは、生活も心も身体も、思う通りに動かない、

もう、世の中がモノクロにしか見えない、もう、何もしたくない、

という状態にならないようにする、ということ。

それをペットは望んでいないから。





そして、ペットを飼う時のことについて思うところがあります。

あなたは、ペットを飼う時に、

ペットが死ぬことを考えますか?


私は当然考えてから飼います。





ペットは長く生きたら、20年です。

20年間、何があっても、手放さない、世話を最後までする、

命に責任を持つ、という決意の元に飼って欲しいと思うのです。





例えば、ペットと一緒に過ごしている中で、

新しい彼氏が出来たけど、彼氏は犬が苦手。

犬を手放さなければ、結婚できない、別れる、

・・・と言われたら、当然、彼よりもペットをとる、

くらいの責任を持つ、ということ。





引っ越さなければならなくなった。

しかし、そこはペットが飼えない。

だからと言ってペット手放すということがないように、ということ。

飼えるところを死ぬ気で探しましょう。もしくは、

引っ越し諦めてください、くらい言いたいです。

仕事上だったら、その仕事、ペットのために諦めて

他の仕事探して欲しい、と言いたいです。





ペットを飼ったら、赤ちゃんが出来た。

もう、ペットはいらない。・・・なんてことがないように。

ペットはおもちゃじゃないので、赤ちゃんが出来る可能性があって、

ペットよりも赤ちゃんを取るくらいなら、

ペットは最初から、飼わない。

そのときの感情と衝動でペットを飼うのはやめよう、

というくらい責任を持って飼うのです。





今書いたことに当てはまることをした人々を

追いつめたいわけでも、罪悪感を抱かせたいわけでもありません。

もし、そういう状況になったことがあるなら、次に飼う時は、

命に責任を持つことを約束して飼って欲しいということ。

または、無理なら飼わない、という選択をして欲しい、ということ。





途中でペットを捨てたりしたら、

その人に、化けて出るよ?

・・・この私が(笑)





そして、いつか必ず別れがきます。

「別れなんて悲しいから考えない!」ではなくて、

いつか来るそのときのために、日々、その子との時間を

大切に過ごしましょう、ってこと。





時間と命は有限です。





そして、これは悲しみが少しずつ癒えてきたあとの話ですが、

ペットと別れたことの悲しみよりも

ペットよりも、自分が長生きしたことを喜びましょう





どういうことかというと、ペットとの別れが嫌だからといって、

自分がペットよりも最初に死んでいいでしょうか?

愛するペットがこの先、どうなるか分からぬまま、

自分が最初に死んでいいでしょうか?





そう考えたら、ペットがいなくなった悲しみは当然あるものの、

自分がペットを、最後まで看取れたことを喜ぶことができるのです

震災では、愛するペットを置いたまま、飼い主が天国に行き、

ペットたちは、未だに貰い手がいない子たちすらいます。

飼い主がいなくなり、寂しい、悲しい思いをして、

死んでいったペットもたくさんいる、ということ。





愛するペットが亡くなるのは、悲しいですが、

その現実を 日々考えてみる。そうしますと、

当たり前の日々が当たり前ではなくなり、

そして、亡くなったけど、自分が看取れてよかった・・・と

悲しみに飲み込まれなくてすむのです。





そして、そこから立ち直るには、やはりステップが必要です。

最初は、泣くだけ泣いて、思い出に浸り、悲しみを誰かと

共有して、たくさん涙を流すことです。





私の場合、死んだ直後号泣・・・しかし、そのあと

涙があまり出ませんでした。うーん・・・泣き足りない感・・・

モモの遺影の写真を探しながら、涙を流しましたが、まだ泣き足りない。

火葬の直前も号泣・・・しかし、それでも泣きたりない!

私は、まだまだ涙枯れるまで泣きますよ。





空虚な気持ちのまま、泣けない時期が長いと、

逆に立ち直るのに時間がかかることでしょう。





それで、大切なのが、儀式的なこと。

葬儀は、本当に亡くなったんだ・・・という気持ちになります。

日本では、初七日、月命日、四十九日法要・・・などなど、

儀式がたくさんあります。それには意味があります。

少しずつ、故人への気持ちをその儀式で整理していくのです。

ペットも同じです。





ですから、私はモモとのお別れの儀式は徹底的にしました。

お花も飾り、棺も買いましたし、骨壺に遺骨も納めました。

家にはこんな感じでモモのことを思いながら、

魂があちらの世界とこちらの世界を行ったり来たりすると言われている

四十九日の間はここに置いておくつもりです。





モモ 家に祭壇.jpg






そうやって、少しずつ少しずつ、

亡くなったという現実を受けれて行くのです。

そして、亡くなったペットの願いは、

飼い主がまた笑顔になること。





「もう、この子以外飼えません」と思うかもしれませんが、

一番心を癒してくれるのは、昔の思い出ではなくて、

新しいペットを飼うことなのです。

それを、先に逝ったペットは望んでいます。

次のペットのご縁を紡いでくれさえする、と私は信じています。





子犬、子猫だったら、その愛らしい姿にものすごく癒され、

そして、またその子たちの世話もするのです。

そうやって、少しずつ少しずつ悲しみから遠ざかり、

以前のペットを思い出すと、涙だったのが、いい思い出として

笑顔になっていくのです。





棺が炉の中に入れられた時、胸が痛かったですが、

泣きながら、待合室に行きました。入った途端、

そこで飼われているチワワたちの歓迎のキスを受けているうちに、

どんどん私の心は癒されていきました。





モモ チワ歓迎@.jpg





モモ チワ歓迎A.jpg






すごい落ち着きなかったのですが、

カメラ向けた途端、めっちゃカメラ目線(笑)

まだ9ヶ月の子。結局癒されているのです。





モモ チワ.jpg





もちろん、家に帰ってからまた泣きましたが、

ああ、こういうことなんだな、と思ったのです。

最初はペットロスにならないために、死んだらすぐに飼う!と

心に決めていたのですが、このたびは四十九日は日を開けたい、

という思いになっていたと思ったら、閃きました。





「モモがまた犬に生まれ変わって、

私の所に来ればいいんだ!」と。

そのあと、通りすがりの記事で、ある人が、

亡くなったペットの犬に、私の子供に生まれ変わって、

とお願いしたそうです。その印に、腕にアザをつけて生まれてきて、

と言ったそうで。見事、腕にアザがある子供が生まれたそうです。

ま、それは、ただの偶然で生まれ変わりじゃないかもしれませんが、

心が癒えれば真実じゃなくてもよいわけで。





何だかこれで心が軽くなった時に、

火葬場から四十九日の法要の案内書をいただきました。

そこには・・・





「仏教では一般的に、亡くなった日から四十九日の間は、

来よとあの世をさまよっている、と言われています。

この期間は、死から新しい生へと生まれ変わる準備をしているのです。

・・・七七、四十九日には、何かに生まれ変わると言われています。

四十九日の間、ご遺族の皆様の丁寧なる、ご供養のお努めのおかげで、

極楽浄土に送り届けらます」








なーんて文章を見た暁には、

「なーんだ、次来るワンコもモモかも!」とか思ったら、

気持ちが楽になったりしてね。もし、モモが来なかったしても、

モモに次の犬を導いてくれるようにお願いしたので、

そこは心配していないのです。





今頃、モモは若い身体に戻って、走り回っているだろうな、

という想像をしております。いつも楽しそうで、

いつもウザいくらい私の身体に密着していないと落ちつかなくて、

抱っこしていると、笑顔になって・・・




モモ 走る.jpg






モモ 笑顔.jpg





いつかまたモモに会えますように。

そして、見送った全ての飼い主とそのペットが

いつか必ず再会できますように・・・






そして、モモ、16年間、ありがとう。

ずっと支えてくれてありがとう。






モモ タンポポ.jpg









美人になる方法@ワタナベ薫 at 02:07 | コメント(4) | ワタナベの日記
2015年12月11日の美人になる方法
テーマ:ワタナベの日記

モモ 永眠いたしました

モモ 花見.jpg



12月10日朝方3時6分 

モモ、永眠いたしました。

享年16歳。





私は大丈夫です。どうかご心配なく。

悲しみに飲み込まれていません。

そして、これまでのモモとの歩みを忘れぬために、

別記事で、備忘録を書きたいのと、

ペットを飼っている皆様に伝えたいこと、

ペットロスのことや、色々とお伝えしたいことがあります。

・・・が今日はやめときます。





もう、1つの記事ではモモから学んだことは書ききれません。

すごいたくさん教えてもらいました。

「生」についてこんなに沢山のことを学んだのは初めてです。

しかも、動物の「生死」というのは、本当に模範的でした。

少しずつお伝えして行きます。





本日は、モモを火葬して物理的な身体はなくなりますが、

これからはもっともっと近くなることでしょう。





昨日は、過去のFBのモモに関する投稿を見ていました。

モモの思い出にどっぷり浸り、遺影に使う写真を探していると、

たくさんの思い出に浸り、懐かしい思い出がよみがえりました。





私は、2、3日は悲しみますが、あとは通常通り生活します。

では、また明日、少し長い記事になるかもしれませんが、

おつきあいいただけましたら幸いです。





モモを愛してくださった皆様、

これまで本当にありがとうございました。

心より感謝申し上げます。

ここ半年のモモについてのFBの投稿だけ載せておきます。


===========================

モモ 線路で.jpg

【11月6日】

病院から戻り、ちょっとだけ散歩。
今日の仙台外も温かく、モモの毛がサラサラ揺れて気持ち良さそう。
犬の感覚と言うのはやっぱりすごいものでして、
目が殆ど見えないのに、どこにいるか分かっている。

体が苦しくても、痛くても、目がみえなくても、
ただただそこに「在る」だけの動物たちの姿って、
本当に学びが多くて教えてもらってばかりです。

人生において、マイケルは私の師匠であり、
モモは大切な友のような立場。ペットも人間と同じで、
ご縁なんだな、とつくづく思います。









モモ 実家玄関で.jpg

【11月13日】

家に全員が着いて一安心。実はモモは出発前の数日間、
また内臓数値が致死レベルに達していて、
いつ息を引き取るかわからない状態でした。
もう覚悟していて、私がハワイに行ってる間、
息を引き取るかもしれない、ということで、
母にも了承をとっての旅行でした。

亡くなったあとの火葬のことや、骨をどうするとか…
などの話もしていたのでした。母には申し訳なくて、
「嫌な役回りを引き受けさせてしまってごめん」
と泣きながら謝りましたが、
詫びても詫びても謝りきれない気持ちでいっぱいでした。

しかし、出発当日病院帰り、なんか生きるような気がする!
の希望が湧いてきて(毎日の点滴で回復してきた)、
とにかく食べさせてくれ!とモモの好きなものを伝えて、
後ろ髪引かれる思いで出発。でも今日、無事、元気にしていました。
というか、実家が好きなんでしょうね。超元気になってました。

一方、マイケルは超不機嫌でしたけどね 笑
母から「モモにあげていたエサ、冷凍してあるから、
持って帰ってくれ。うちではそんな肉は食べないから」
といって渡された肉は、黒毛和牛。
152gで881円か…うちでもこんな肉食べないな…笑

モモがこれ以外の肉を食べなくなったらどうしよ…と
ちょっぴり不安ながらも、元気になるなら、
毎日あげてもいいな、と思える日でした。何はともあれ安心しました。









モモ 何を考える.jpg

【10月16日】

朝起きると1番最初にすることは、
モモが息をしているかどうか確認すること。
モモが心臓病を患ってからは、急にバタッと倒れることがあり、
それを見て私のほうが心拍数がむちゃくちゃ上がり倒れそうになります。

ワンコも16歳にもなりますと、いつも【死】は頭の片隅にありまして、
いつ別れがきてもおかしくなくて、ならばせめて私がいるときに、
と願うのですが、モモの計画はどんなのかは私にはわかりません。

存在だけでありがたい。
ウンコもおしっこもあちこちにしてくれちゃって、
踏んづけるわ、おしっこに滑ってスッ転ぶわ、なんだけど、
それでも生きててくれてありがとうと思える日々も、毎日減っていく。

人間も同じですね。1日終われば、1日の命がなくなったということ。
だからこそ大切に生きていきたいな、とモモを見るといつも思います。
三次元の世界では目が見えなくなったけど、
モモはいつも何かを見てるような感じもします。
モモの視線の先には何が写ってるかな…と想像してしまいます。









モモ ご飯食べる.jpg

【9月27日】

心臓のドキドキが止まらない…
実はモモは今年になってから心臓発作があるみたいで、時々倒れます。
今も、「ドタっ!」と聞こえたから行ってみたら倒れてました。

急いで抱き上げ、抱っこしてたら、落ち着いて普通に戻るのですが、
そんなモモを見ると私も心臓発作起きそうです。
何事もなかったかのように、
カラになった自分のご飯のお皿をペロペロ舐めています。
不安は不安を呼ぶので回復のイメージ持ちます。
私の心臓のドキドキがまだ止まらない…あ、まだ皿舐めてる…笑










モモ うねうね.jpg

【8月14日】 

モモ、うねうね中。
ご機嫌の証拠。モモの顔が笑っているように見える









モモ マイケルと.jpg

【7月30日】

モモの誕生日。豪華な食事を食べるよりも
ブランド物に囲まれることよりも
コルベットやハーレーよりも
世で言う成功やよりも……

こういうことが日常にあることが幸せなんだとつくづく思う
モモ16歳、マイケル7歳。ずっとは続かないからこそ
大切にしたい一コマです









モモ ワタナベだっこする.jpg

【6月24日】

対面セッション終わってから、一人でここでくつろいでいると、
開けろ開けろとドアをカリカリ。 目が見えなくても、
居場所がわかるなんてすごいよね。

真っ白になった目を見ると、
胸がチクチクするけど、本人(本犬 笑 )問題なし!
人間も動物みたいにニュートラルに生きれたら楽だよね。








モモ 何を見てる.jpg

【6月13日】 

目がみえないけど、
心の目で見ている世界は、どんな風に写っているかな・・









モモ 二匹でまるく.jpg

【6月8日】

なんか、幸せな図…
同じ向きで、同じく丸まって寝ている2匹。
いつの間にか、マイケルはモモの2倍の大きさ、
2倍の体重になっちゃいましたが、
態度のデカさも、やっぱり2倍 笑

こんな2匹をいつまでも見ていたいけど、
来月モモは16歳。命は誰しもが有限。
最後の時まで一緒にいたいとしみじみ思う今日この頃。








美人になる方法@ワタナベ薫 at 00:19 | コメント(16) | ワタナベの日記
2015年12月06日の美人になる方法
テーマ:ワタナベの日記

かっこいい女になりたかった

ハーレー iPad待ち受け.jpg





自己満写真から失礼いたしやーす。

今日は、ちょっと息抜き記事です。

私は、子供の頃からかっこいい女に憧れていました。

子供の頃のかっこいい女って「強い」

ってイメージがあったのです。





それは、たぶん家庭環境が関係しているのですが、

父親が暴力を母に振るうことがあり、

子供の頃から、父に殴られる母をかばって

父に立ち向かっていた、という背景が理由でしょう。





そういう環境で育つ子供たちは、暴力を振るう父が怖くて、

母が殴られるのを、影で震えながら隠れて見ている、

なんてこともあるようでしたが、私は子供の頃から

なぜか捨て身でして(今でもそうなので結構そうなので危険)

そういう父には、子供の頃から闘いに挑んできました。





だから、非常に強くなりたかったのです。

今からでもボクシングとか護身術を学ぶことなどが

やりたいことリストの中に書いてみましたけどね。

そのうち格闘技家としてデビュー・・・

なんてことは、絶対にあり得ませんが、

習うことはあるかもしれません。






ハーレー グローブ.jpg






女性は、優しくて、柔らかくて、美しくて、愛らしい、

というのがいいですよね。なのに、

なぜか私が惹かれるのはかっこよさ・・・

男性もかっこいいのがいいですね。

男性のかっこいいというのは、容姿的なことではなくて、

生き方がかっこいい人が好きです。





生き方がかっこいいとは、

誠実、まっすぐ、ウソをつかない、自分を信じている

軸がある、義理と人情、内外共に強いこと。

日本で、喧嘩するチャンスなんてないのは当然ですが、

できれば、そういう意味での強さなんてあると超かっこいいです。





「かっこいい女」という定義もまた、

人それぞれ違うと思いますが、

私の言うかっこいいの中には・・・





男前な性格(ここも主観によって違うでしょうが)

強靭な精神力(多少頑固なぐらいがいい)

それでいて、生き方が柔軟

文字通りの喧嘩などの強さ(発揮するとこないけど)

力持ち(笑)でもしなやか

スタイルとセンスの良さ

そして、内側に潜むかわいさ

そして、女性性、エロス、セクシャリティもある





映画の役を演じている時の、

アンジェリーナ・ジョリーみたいな感じ。

格闘技家のようなムキムキよりも、

やはり、スタイルの良さに憧れます。

アンジーが、実際に強いかどうかは別にして、

しかし、40歳にしてあの引き締ったボディラインは、

きっと、筋力があるので、力はあるかな、と思います。





ハーレー ダウン.jpg






私が、ハーレーの免許を取ろうと思った一番最初の動機は、

18年前にLAに旅行した時に、ハイウェイを走る

ハーレーに乗ったワイルドな男性を見た時に、

「うぉーーーー!超かっけえええええええええー!」

という衝撃がきっかけでした。





それから、いつ頃だったか忘れましたが、

女優の松雪泰子さんが、ハーレーに乗っている雑誌を

見かけたことがありました。それが第二のズッキューン。

なんせ、あの細さで、革のつなぎを着て、どでかいハーレーに

股がってるその姿は、私の目には、セクシー以外の何者にも見えませんでした。

その頃から、いつか乗れたらいいな〜、という思いがどこかにあったのです。





今年の4月頃かな?ハーレーのイベントがあるから、ということで、

最初から「買わないよ!」と決めてから行ったにも関わらず、

バイクの大型免許どころか中免すら持っていないのに、

その場でバイクの契約してきてしまいました。

(型から入るパターンの究極バージョン 笑)

そして、そのまま教習所に契約しに行ったのでした。





156センチしか身長のない私にとって、

大型バイクの免許を取るのは心も身体も折れる感覚に

何度もなりながらの免許取得となりました。

女48歳 バイクの中型免許&大型免許物語 ★





そんなこんなで、私のライフステージには、

バイクという子供の頃から憧れていた、

人生の喜びとなる一部が、48歳にしてやっと加わったのです。





エレガント、女性らしさ、それらも忘れずに、

それでも「大暴れの人生!」というスローガンにふさわしく、

一番自分らしくいられるのが、かっこいい車やバイクに

乗っているときなんだな、と思うのです。





他の人からは白い目で見られそうなことであっても、

自己満!と呼ばれるようなことが、

40過ぎても、50過ぎても、60過ぎてもある、

というのは人生の幸せ率は高いことでしょう。





ハーレー FBヘッダ.jpg
こちらの画像は、先日FBのヘッダにしました





まだまだ大暴れのチャレンジの人生作りをしていきたいものです。

体力がなくて、とか、忙しくて、とか、気力がない、とか

そんな言い訳を言うくらいなら、体力つけて、時間の作り術を学び、

小さな「好き」をはじめることで、気力は高まります。





エネルギーはためることで高まって行くのではなくて、

使えば使うほど強力になって行くもの。

使わなければ、使わないほど、

エネルギーはなくなっていくのです。





2016年もあと残り4週間もありません。

1月から急に動き出すのはちょっと大変かもしれないので、

この12月で、ウォーミングUPするかのように、

動いて行きたいですね。





私は、「かっこいい女」を目指しますが、

あなたはどんな女を目指しますか?

「めざせ!・・・・・・な女」を決めますと、

そういう動きをするようになります。





私はもう1つ、2016年は「勤勉な女」というのも目指したいです。

引きこもり度は、過去最高になるのは間違いないのですが、

それでも家で、勤勉でありたいのです。

怠惰な女も好きなのですが、来年は動く!動く!動く!





先日、これらの画像をちょっとだけFBにUPしましたら、

カレンダー志望者がとても多かったので、ダウンロード形式で

カレンダーを作ろうかと思案中。ただの写真だとおもしろくないので、

元気が出るキャッチーな言葉も考えています。





さて、本日から、3日間の東京出張。

取材やら打ち合わせやら、会合やら盛りだくさん。

サクサク動いていきます。ではまた明日。




画像/1枚目以外はフォトグラファー木村千枝氏の作品です





美人になる方法@ワタナベ薫 at 00:11 | コメント(1) | ワタナベの日記
2015年11月21日の美人になる方法
テーマ:ワタナベの日記

俺の愛車たち 〜「これが好き!」を増やしていこう〜

俺の愛車たち・・・

・・・って、誰が俺だって?笑






なんか今日の記事は、そういいたくなる画像です。

今日は、いつもお世話になっているフォトグラファーによる、

愛車のハーレーの撮影にこの寒い中、港に行ってきました。

・・・と言っても、今日の画像は、素人写真です。

プロの画像は、別の機会にまた・・・






ハーレー 横顔.jpg






ハワイの澄んだコバルトブルーの海と、うって変わって、

日本の濁った深緑の海は、また見え方も違い、深い深い

心の奥底にまで降りて、何かを見つけてきたくなりそうな、

そんな変な気持ち、不思議な感覚とでも言いましょうか。





しかし、海は私にとっては、

「終わり」であり「はじまり」でもある、

説明しがたいのですが、なぜかそんな場所なのです。





みなさんも、そういう場所ってあると思うのです。

何も、巷で騒がれるパワースポットと言う場所に行かずとも、

自分が元気になれる場所が・・・





その場所が何となくすき、

そこに行くと元気が出る。

そこに身を置くと、安らぐの

・・・なんて場所は、すべて

あなたにとってのパワースポットなのです。






その心地よさは、土地からの周波数と自らの周波数が

共鳴しているということ。巷のパワースポットは

実は、合う合わないってあるんですよね。

すべての人がパワーを貰える場所ではないのでね。





自分にとってのパワースポットには定期的に行くといいですね。

そして、お気に入りの写真を撮っておけば、

あとで見た時に、パワーを取り戻せたり、

自分がパワーをもらい、素の自分が写っている顔を見て、

改めてやる気をもらったりできるから。





そんな場所で撮った写真は、

素の自分がカメラのレンズを通して写し出される。

もっと初心に戻り、

もっと子供に戻り、

もっと素直に生きてみる。


私は、自分の写し出された画像をみてそんな気がしました。





昨日は、港に愛車2台連れて行きました。

欲しくて買ったこの2台は、駐車したあとでも、

振り返ってその身を確認したくなるほど好き。

そして、ウットリしながら、ついつい愛(め)でる気持ちで

触りたくなるのです。





物質にも意志がある・・・そんな気がしてなりません。

心が通じ合う、愛車たちとは、あやしいくらい

おしゃべりができるほどです。





「私はこれが好き!」

と言えるものがある幸せ。

生活、人生の中であなたの「好き」が

増えていきますように。






珈琲がすき

犬と猫がすき

家がすき

寝るのがすき

ゲームがすき

おにぎりがすき

そして

バイクがすき

車がすき





俺の愛車たち・・・

彼らに囲まれていると、

ついつい笑顔になってしまうのでした。

あなたを笑顔にしてくれるものは何でしょうか?

では、素敵な週末を!!



ハーレー 笑う.jpg








美人になる方法@ワタナベ薫 at 01:01 | コメント(1) | ワタナベの日記
2015年11月19日の美人になる方法
テーマ:ワタナベの日記

優雅で上質な時間を演出 エルメス・シュヴァルドリアン

今日は息抜き記事で。

ハワイでは、色んなものを捨てる決意をして、

心が満たされ、物欲まったくなし!と書きましたが、

海外に行った際は、記念に何か自分ご褒美のために買ってくる、

というのを毎回続けているのですが、今回は、何も欲しくなくて、

ま、買わなくてもいいや、・・・なんて思っていましたが、

搭乗する日、最後にエルメスに何気なく入ってみました。





漆器類を見ていましたら、よく日本でも置いてある

数々のカップ&ソーサーがありました・・・が、

1つだけ、日本では見たことがあまりないような、

目が釘付けになるような作品(もう、商品と言うより作品)が

ありました。





エルメスの創業は馬具工房だったそうで、

それにふさわしい、馬の絵と、オリエンタルっぽい

金彩模様が何とも言えない高級感と親しみやすさの

コラボレーション・・・ってな感じで、

説明がうまくいかないのですが、

簡単に言えば、超私好みって、ことで。





値段聞いて、一瞬、元の場所に戻しましたが(笑)

店内一周して戻ってきた場所は、やっぱりこれ。

結局連れて帰りました。円安ドル高も手伝って、

お高い物になっていましたが、おうちで、

高級ラウンジでも出してはくれないような

カップ&ソーサーで優雅に贅沢なティータイムを過ごします。





エルメス 箱オープン.jpg






シュヴァルドリアン・・・

意味は「東洋の馬」というそのまんまなのですが、

馬具工房にふさわしい上品なお馬さんの絵柄ですね。





この商品、海外のエルメスでは結構置いているかと思うのですが、

日本では、いや仙台のエルメスでは置いているのを

見たことがないです。ネットでも調べましたが、

どこも売っていませんでした。レアなのかもしれません。

ただ、エルメス公式サイトでは販売していました。





エルメス 皿&リボン.jpg





仙台に来た時に入るといいよ、とクライアントに

お勧めするホシヤマ珈琲という喫茶店があります。

一杯1100円〜と、仙台にしては高級な珈琲店なのですが、

その人のイメージの珈琲カップで出してくれる、

というサービスがあり、自分がどう見えているのかが

知ることが出来るので、私もちょくちょく入ります。





店内に入った瞬間から、珈琲を淹れる人は

その人を観察して決めるみたいです。

なぜか、ガサツな私でも、二回続けて

エルメスの珈琲カップが出てきたことがありました。

エルメス店では一度も見たことがない絵柄のです。






エルメス 皿左から.jpg





それを思い出し、

「自分のイメージがエルメスなんて、超かっこええー!」

とか思いましてね。私にとってはエルメスのスカーフよりも

茶器は利用頻度も利用価値も高いのでね。





昨年、エルメスとゆかりのあるお方とお知り合いになりました。

その方のエルメスのバッグは、何十年も前なのに、

ピカピカです。メンテナンスもかかさずやっていて、

本当に丁寧に人に接するようにバッグを扱っていらっしゃいます。





いい物を長く大切に遣う・・・

高くても、常に波動の高いいい物を持つと、いつのまにか、

持ち手も共鳴して、そうした本物の波動を発することができると

私は思うのです。





エルメス 皿正面.jpg






ブランドだからいい、というわけでもなく、

高ければいい、というわけでもなく、

歴史的な背景や、職人技などに魅せられる

ブランドの良さ、というのがあるのでしょうね。





そのお世話になっている方から、

エルメスの超レアなものを頂戴したのですが、

目の保養にお魅せしますね。非売品だと思います。

ペン立てとメモ帳スタンドです。





エルメス メモ帳入れ.jpg






エルメス ペン立てと.jpg






素材は、メモ帳スタンドがマフォガニー、

ペン立てが・・・えーっと・・・忘れた 笑

何にしろ、見ているだけで、心が躍る作品でした。

うちのテーブルもマフォガニーなので、しっくりきています。





今、食器類などを整理しています。

本当に好きなものを数少なく持つことと、

大切に遣えば何十年も使えるような、

そんな物たちを少しずつ増やしています。





「普段使いこそ、気分の上がる物で!」

と言うコンセプトなのですが、これは、

自分を大切にする1つの手段でもあると思います。





自分の心を喜ばせる

これは自尊心を培うことにも繋がります。





昨日ははじめてこのカップで珈琲を頂きましたが、

本当に美味しかった・・・





エルメス 珈琲.jpg





カップで味が変わることあります。

物質は波動を発しているで、水分に影響を与えます。

マイケルも水は、なぜか、普通のガラスのコップよりも、

バカラのグラスから飲みたがります。本当に不思議です。

たぶん、おいしいのでしょうね。






いつか、自分の喫茶店をオープンしたら、

エルメスのカップ&ソーサーでお出しできるように、

イメージしながら、仕事がんばります。

お忙しい日々かもしれませんが、日々の自分をもてなすこと忘れずに、

おいしい珈琲、または紅茶をいれてくださいね。

ではまた明日。






美人になる方法@ワタナベ薫 at 01:02 | コメント(6) | ワタナベの日記
2015年11月15日の美人になる方法
テーマ:ワタナベの日記

今だから言える、ハワイ前の色んなこと

モモ マイケルと.jpg





ハワイ旅行中はモモとマイケルは実家に預けていました。

モモは実家に行くとご機嫌になります。

マイケルは、超超超不機嫌になります。

家に帰ってもしばらくすねていたりします。





今日はつらつらと、ハワイ前にあった出来事を。

FBには書いたのですが、実はモモはハワイ出発前の数日間、

またもや内臓の数値が致死レベルに達していて、

いつ息を引き取るかわからない状態だったのでした。





もう、息が細くなって、立ち上がれない、立っても倒れる、

ご飯も数日食べていない・・・どんどんやせ細る姿を見て、

そして、死臭のような匂いもしていて、いよいよかと、

出発前は、覚悟していた数日間だったのです。





ハワイ出発前に息を引き取るのか?

それとも、私がハワイに行ってる間、そうなるのか・・・

私は、こんなモモを残してハワイに行かなければなりませんでした。

できれば、私の腕の中で逝かせてあげたい、と思っていたので、

心を強くして、死を覚悟して、モモに「お疲れ様、ありがとう」

の言葉を幾度となくかけていました。飼い主があまりにも悲しんで

泣いていると、虹の橋を渡れない、って聞いたことがあったので、

それだけはないようにと思っていたのです。





それでも、モモを見ていると、

16年間の私たちのことを走馬灯のように思い出しては

ポロポロと涙がでてしまうのでした。

モモは子供の頃から、私が泣いていると、

自分も、ヒュンヒュン泣いて、焦りながら私にすり寄り、

まるで「泣かないで、泣かないで」と言っているかのように、

慌てながら、私の涙をなめていました。





目もうつろ、もうろうとしているモモを見つめては、

涙が落ちると、モモは私の涙の匂いを敏感に察知して、

うつろだった目が、カッ!と開き、身体が動かないのに、

動こうとするのでした。モモの前では涙も流してはいけない、

と思った瞬間でした。





旅行の時は、モモもマイケルも実家の母に世話をお願いしています。

今回は、お願いするのも心が痛みました。

もしかしたら、母を、モモの死に立ち会わせてしまうかもしれない、

という母への申し訳ない気持ちがあり、

お願いするのがとても心苦しかったです。





なにせ、母も16年半という間モモをかわいがっていました。

お互い老齢になり、自分の思うように動けない身体と、

モモの老いを重ねて見るのか、お互い年を取れば取るほど、

母はモモを、とても優しく扱ってくれました。

だから、余計に今回はお願いするのに、心が痛みました。





母には事情を話し、もしかしたら、

モモが私たちの旅行中、亡くなるかもしれない旨を伝えて、

「嫌な役回りを引き受けさせてしまってごめん」

と泣きながら謝りましたが、詫びても詫びても

母には申し訳ない持ちでいっぱいでした。





母は私たちが旅行でモモとマイケルを頼む時は

いつもなら「またかい?・・・ったく」と

冗談で嫌みのひとつも言うのですが、今回は

「わかった」と言い、亡くなったあとの火葬のことや、

骨をどうするとか…などの話もしました。






出発までの数日間、毎日病院に通い、

点滴を打ってもらっていました。しかし、

あんな短い小さな腕に、何度も何度も針を刺して、

命を長らえさせるのは人間のエゴではなかろうか?

とも悩みましたが、しかし、何も手を施さないことの

つらさの方が勝り、やるだけやってみよう、

という気持ちで何日も点滴に通いました。





モモが病院に行っている間は、

マイケルはまるでモモのクッションを守るかのように、

自分が寝ています・・・と言っても、

身体半分はみ出ていますが・・・笑






モモ マイケルリラックマ.jpg






点滴の甲斐あって、出発当日病院帰り、

なんか生きるような気がする!の希望が湧いてきて

(毎日の点滴で回復してきた)、とにかく食べさせてくれ!

と、母にはモモの好きなものを伝えて、後ろ髪引かれる思いで出発。

下の画像からも、何となく精気がよみがえってきたような

そんな力強さが感じ取れました。





モモ 出発前日.jpg






あとは、思いを切り替えて、モモの命を心配することはやめました。

それこそ、私は「なるようになる。いや、モモの計画通りになる」

信じていました。モモは、逝く時は、自分なりの逝き方を決めている、

と思っていたから。





で、ハワイから戻り、実家に迎えに行きましたら、超元気にしていました。

というか、モモは実家が好きなんでしょうね。

どんだけ好きかは、こちらをお読み下さいませ。

モモを海外旅行の時に実家に預けた際のモモの態度が笑えます。

モモと私のヒストリー





さて、迎えに行った時に、 母から

「モモにあげていたエサ、冷凍してあるから、持って帰ってくれ。

うちではそんな肉は食べないから」といって渡された肉は黒毛和牛。





モモ 黒毛和牛.jpg






うっ・・・黒毛和牛か・・・

モモの好きなものは、「牛肉」とは言ったけど、

まさか、黒毛和牛を食べさせているとは。

152gで881円・・・うちでもこんな肉食べない。

モモはこんなのを毎日食べていたのか・・・

これ以外の肉を食べなくなったらどうしよ。

とちょっぴり不安ながらも、しかしそれで元気になるなら、

毎日あげてもいいな、と思えたのでした。

ま、何はともあれ、安心いたしました。





病院からは、点滴は3日に一回でいいよ、と言われ、

回復を認められましたが、まだ予断なりません。

まだ数値が赤い部分(高い所)が、4カ所もあるので、

慎重に様子を見ていかなければなりません。





一方、マイケルは超不機嫌でしたけどね。笑

もう、顔が「あんだよー!」みたいな目つきになっていました。







ワタナベ「マイケルゥ?怒っているの?」

マイケル「怒ってニャいよ」


モモ マイケル耳平.jpg







ワタナベ「ねーねー、怒っているの?」

マイケル「怒ってニャいって。

ボクに、はニャしかけニャいで(怒)」


モモ マイケルの片目チラ見.jpg







ワタナベ「え?怒ってるよね?顔が!!」

マイケル「ボクを置いて旅行ニャンて

行くんじゃニャい!!(怒)」



モモ マイケルのケッ!.jpg







・・・って感じでしょうね。

マイケルは初めて実家に預けた時には、身体を壊しました。

今は諦めてくれるようになりましたが、

それでも不機嫌になります。





実家に行くとね、マイケルは寝られないみたいです。

野良猫が結構沢山居まして、マイケルが居る部屋に

ちょっかいを出しにきて、マイケルは夜な夜な

戦闘モードになっていて、見張りをしているのです。

なので、実家から帰ってからの3日間はずっと寝ています。





何はともあれ、モモが無事でよかったです。

FBではたくさんの皆様の優しい言葉に触れて、

改めて、投稿と言うのは、一方的ではなくて、

リアルなコミュニケーションの場なのだ、と思った次第でした。

いつも本当にありがたく感じております。

ここに書き込んでくださるコメントも然りでございます。





心配事は心配しても同じ結果。

心配しなくても同じ結果。






ならば、我が心の平安が保てるほうでいけばいいのだと、

改めて思った次第でした。

独り言のような記事にお付き合いいただきました。

では、また明日の訪問もお待ちしております。







美人になる方法@ワタナベ薫 at 00:02 | コメント(4) | ワタナベの日記
2015年11月08日の美人になる方法
テーマ:ワタナベの日記

癒されながらの撮影 IN ハワイ

ハワイ海と子供.jpg





ハワイは、魂を場所に委ねる場所なんでしょうね。

何を撮っても絵になるし、心はどんどん洗われるし・・・





・・・と言いましても、今日は仕事モードです。

今回のセミナーに、いつもお世話になっている

フォトグラファー木村千枝さんもご参加いただくということで、

せっかくですので、ハワイの地でプロのカメラマンに

撮っていただくことになりました。

しかも、出版社から、その画像を使わせて欲しい、

という声もかかり、彼女も私も仕事モード・・・





・・・の割には、かなり楽しみながらの撮影となりました。

撮られている時に、思わず笑ってしまいます。

なぜなら彼女があまりにも、M字開脚だから 笑





ハワイキムラM字開脚.jpg





あ、ちなみに今日のブログ画像は

千枝さんの写真ではありませんからね

彼女のスキルはこの程度ではありませんので、

誤解なきよう一応お伝えしておきます。





あ、も一つついでに、セミナー翌日の9日の午前のみ、

ハワイでの撮影をやってくれるみたいです。数名入れるそうで。

5カット2パターンで、いつもの3分の1のお値段らしいです。

ハワイの記念にプロに撮ってもらいたい方は、

千枝さんに直接きいてくださいね。





昨日は、ビーチで新婚夫婦を撮る女性カメラマンを見ました。

髪を一つにひっつめて、頭にはターバン、そして、

被写体に声をかけながら、自分はどんどん砂に寝っ転がったり、

砂まみれになりながら写真を撮るそのプロの姿に、

私は感銘を受けていました。





「いいな〜、情熱かけている感が」





ハワイ自転車とワタナベ.jpg





そして今日、千枝さんが私を撮る姿が、

どんどん、人として無理な体勢になっていくのを見て、

プロ意識、プロ根性、砂まみれなんて関係ない!

体を通して、カメラと写真に対する意気込みが感じられました。





スマフォでも撮っていましたが、もう、笑いました。

何がって、スマフォのレンズを覗いて撮ろうとしていました。

無理だから・・・覗くレンズないし・・・笑





さて、私も彼女からカメラレッスンを受けていますが、

ほんの数回のレッスンで、かなり構図とか色々と学べます。

F値がどうだの、絞りがどうだのISOがどうだのと

全くわからないのですが、感覚だけでやっています。





ハワイワタナベカメラ.jpg






しかし、かなり楽しいです。

FBにアップする画像を撮るのも楽しくなりました。

そこに文字を載せると、画像がもっともっと生きてくる、

そんな楽しさを味わっております。





ハワイ自撮り.jpg





今日はだいぶハワイ在住の鳥たちと

コミニュケーション取れた感満載でした。

餌をもらえると思っているのか、チッチッチッ・・・

ってやると、逃げれる余地を残しながらも

近づいてくれました。





ハトとワタナベ.jpg





そして、私が鳥の中でも大大大大大好きな

カモたちを存分に見ることができ大満足。

なぜ私はカモがこんなに好きなんでしょう・・・

本当に本当にカモが大好きで、マンションで

内緒で飼えないだろうか?と本気で考えたほどです。

ダメかな・・・マンション規約読んでみよっと。





ハワイカモみつめるワタナベ.jpg





クエッ
ハワイカモクエっ.jpg





今日は撮影で1日仕事モードでしたが、

ハワイだと仕事している感がないですね。

・・・と言っても、セミナーのことを思い出すと

顔がいっきに緊張してしまうようです。

その緊張感さえも、ハワイという場所は吸い取ってくれる、

そんな感じがいたしました。





ハワイ木村氏とワタナベ.jpg





昨日のブログでは、最後に私からハートを

受け取っていただき、ありがとうございました。

今日はみなさんに「ニコ」の笑顔をお送りいたします。

笑みが溢れる1日となりますように。





二コーーー!!
ハワイニコちゃん砂.jpg








美人になる方法@ワタナベ薫 at 16:23 | コメント(0) | ワタナベの日記
2015年11月07日の美人になる方法
テーマ:ワタナベの日記

ハワイで心のお洗濯 〜よりシンプルに生きる〜

ハワイ 波打ち際.jpg





ひとそれぞれ心が洗われる瞬間というものが

あると思うのですが、それは例えば、

誰かの何気ない言葉がズッキュンきて、

それが心に残って自分を顧みる瞬間だったり、





はたまた、とんでもないような

美しい自然を目にした時だったり、または、

温泉に入って、文字通りの体の垢を洗い落とした時だったり、

外的要因、内的要因、様々なことがきっかけで、

心が洗われたと感じることがあるでしょう。





ハワイ 夕日.jpg





よく言われることとして、水があるところだと

『閃きが起きる』とのことです。

お風呂だったり、海だったり川だったりね。





私も例にもれず、お風呂、温泉、海に来ると

ビジネスアイディアが閃いたり、

人生の岐路に立っているような時ですと、

行くべき道が明確になったりします。

人間は60〜70%が水でできているので

共鳴しているのでしょうね。





ハワイに来ると、何かを得る、というよりも、

私の場合は、何かを落としてくる、または、

ゆるく穏やかに流れる時間の中に身をおきますと、

もっと単純に、もっと思考も生活もシンプルに・・・





そう、やっぱり心が洗濯される感覚になるのです。

それは、何かパワーがある土地だからなのか?

カメハメハ大王のおかげなのか?笑

それとも、静かに波打つ温かな波のおかげなのかは

よくわからないのですが、初心に戻り、

無垢な自分に戻れる場所なのです。





ハワイ 足砂.jpg





何をするわけでもなく、穏やかに流れる時間に、

そのまま身を任せるにはどうしたらいいのか、

若い時はわかりませんでした。





観光に来たら、どこかに行かなきゃ、何かをしなきゃ、

そんな思いですが、40も過ぎると、いや、50も目の前になると、

むしろ何もしたくない、動きたくない、別にホテルの中に

ずっと引きこもっていてもいい・・・




ほんのすこしだけアラモアナショッピングモールの

ハイブランドのお店に入りましたが、何も欲しくない。

2000円のプチプラバッグを持って、堂々とシャネルに入り 笑

何かいいものがあったら買うつもりで入りましたが、

なんだろね・・・今は何も欲しくない。

もちろん、物欲に火がつくことがありますが、

ハワイに来ると、それがなくなるのが不思議です。





ハワイ 海を見つめる.jpg





ま、それなりにアクティブにも動きますが、

ハワイに来ると、むしろ何もしたくなくなる・・・

それがもしかして、土地のエネルギーと

同調していて、共鳴している証拠かも。





ここは何かをする場所というよりも、

人の原点、始まり、素に戻る場所なのでしょう。

と言っても、相変わらず、写真は撮りますし、

自撮りもします。自撮りはアップ目的ではなくて、

うまく自撮りをする方法を研究、かつ、

それを苦手なクライアントに教えるのに役立つのでね。




ハワイ ワタナベ写真.jpg




ハワイ 地鶏.jpg





ホテルでちょっと寝てしまって、

「ぎゃー!夕日沈まないでーー!!」ってことで、

ワイキキまで車をぶっ飛ばし、なんとか日の入りに間に合う。

おかげで、綺麗な写真が撮れました。

そして、ほんのちょっとしかそこにいないのに、

あっという間に夜です。美しいワイキキビーチの

写真を収め、満足してホテルに戻りました。





ハワイ 夜景.jpg





さて、ブログ記事はしばらく

ハワイ日記のようなことが続くかもしれませんが、

一緒に旅行気分を味わってくださいませ。しかし、

そんな中でも、何か必要なメッセージを

拾っていただければ幸いです。

みなさんへ私からのハートも送ります。




ハワイ ハート.jpg




ほんではまた明日。





美人になる方法@ワタナベ薫 at 17:59 | コメント(1) | ワタナベの日記
2015年10月06日の美人になる方法
テーマ:ワタナベの日記

恒例の栗拾い『クリとリスの物語』笑


ええ、残念ながらリスには会えませんでしたけどね。笑

こんにちは。ワタナベ薫です。

朝3時に起きて、3時半を家を出る。睡眠時間2時間半。

前日に出る準備をして、顔も洗わず、化粧もせず、

そのまま秋田に行きました。当然、寝起きですから

髪もそのまま。無造作ヘアってところでしょうか?

顔も相当眠そうなのがブラウザを通してお茶の間の皆様に

伝わっていることでしょう。この髪型、真似してもいいよ。笑






栗 無造作ヘア.jpg






昨年の栗拾いは惨敗でしたが、今年は、まずまずでした。

今年もモモだけ連れてきました。

栗拾いの最中は車でお留守番。つまらなそうなモモです。

ん?何やらどこからか視線を感じている模様。





じぃ〜
栗 猫の亡霊.jpg






猫の亡霊?・・・汗

気のせい・・・気のせい・・・

でも・・・やっぱり視線を感じる






じぃ〜
栗 モモ視線を感じる.jpg






・・・って、気のせいではなく、ちょっと事情があって、

子猫も同行。取りあえず、名前はミーちゃん。

往復6時間以上の同行、たくさんの癒しを頂戴しました。





栗 ミーフロントガラスに.jpg
ミーちゃんは、好奇心旺盛のメスの三毛猫。





捨て猫なので、外とかまったく大丈夫でして、

リードでお利口にお散歩も出来ます。





栗 モモ&ミー散歩.jpg





何だか、マイケルがちっちゃい時を思い出します。

よくこうやって子猫のマイケルを連れて公園を散歩しました。

散歩が目的できたのではありません。

クリとリスを見に来たのでもありません。

栗を拾いにきたのです!!こういうの、得意ではありませんが、

デッカな栗を拾うと、ほんのちょっとだけ、ワクッ!とします。





栗 デカ栗とワタナベ.jpg





栗 いが栗.jpg






昨年は、シーズンが割と早めに終わっちゃって、

まったく取れず悔しい思いをしましたが、

今年はまーまーでした。ワタナベの採ったどーーーー!的な図。





栗 ワタナベの収穫.jpg






さて、車に戻り、再びモモとミーちゃんの散歩。

ミーちゃんはまるで、モモから何かを習うかのように、

モモについて行って同じことをします。

このたびは、真似して草を食べていました。






栗 モモとミー草食う.jpg






ミーちゃんの興味の対象はモモ。

私にはまったく興味をもってくれませんでした。チッ!

視線の先にはいつもモモ。





じぃ〜
栗 ミーの後ろすがら.jpg





じぃ〜
栗 ミーモモを見つめる.jpg






子猫っていいね・・・

でも、どうか捨てないで。お願いだから。

この子も捨てられていましたし、マイケルも捨て猫です。

どうか、責任を持って欲しいです。もし、飼えなかったら、

飼うことが出来る人を一生懸命捜してください。





もし、捨てたら因果応報、それなりのツケが廻ってきます。

誰かが拾ってくれるだろう、という安易な考えもやめて。

子猫の場合は、カラスとかにやられちゃったり、

餓死したり、寒さで凍え死ぬこともありますから。





母はミーちゃんをなでなでしながら、

「誰が捨てたんだ?何で命捨てるんだ?

お前は命運があっていがったな(よかったなの意味ね)」





栗 ミーと空.jpg






毎年恒例の栗拾いも終わりました。

これが終わると、今年もそろそろ終わりだな・・・

という気になります。これ、何年続いているのだろう?





栗 ミーと栗.jpg






母はもう来月で77歳。おお!ダブルセブンだわね。

ブログでも毎年栗拾いについて書いてきましたが、

もう、何年になるのでしょう?6年?7年?





そして、これから母とは何回栗拾いに一緒に来れるのだろう?と

考えた時に、これは永遠に続くわけでもなく、

しかも、何十回続くのでもなく、10回もあるかどうかは

定かではないわけです。





今年は事情があって、温泉には行けなかったのですが、

それでも、母はたくさん採った栗を見て、ワクワクしていました。

近所の誰々さんにあげるとか、明日髪を切りに行くから

理容店の人にもあげるとか、そんな小さな喜びを感じている様子。





痛みがあるリウマチの手で栗の皮をむくのは大変でしょうに・・・

それでも、楽しいんだそうです。

行く前は早起き嫌だの、疲れるだの、と思うのですが、

行った後の母の喜ぶ顔見ると、疲れもいっきにぶっ飛びます。





親と離れている皆さん、あと親に何回会えますか?

親と何回食事できますか?親にありがとうと言う機会は

何回ありますか?もしくは、言ったことすらない人もいますか?

今ある命は親ががんばってくれたからの結果。





生まれたくて生まれたんじゃない、と

グレた若者のようなことを言う大人も居ますが、

そんな人は、生まれたかった、という記憶を忘れているだけ。

どんなに生きるのがつらくても、どんなに涙してしんどい人生でも、

それでも生まれた人はすべて、生まれたくて生まれて、今、

地球に存在しています。で、それは命紡いでくれた親のお陰。

その感謝を何かで示していきたいものです。





栗 栗.jpg





ということで、写真満載の記事となりました。

さて、2016年のマイケルとのコラボ手帳のおまけ付き予約が

10月9日付けのブログで告知いたします。

おまけ付きは書店さんへの予約のみとなっており、

数が限られていますので、カレンダーに○っとしててくださいね。

ではまた明日。




美人になる方法@ワタナベ薫 at 02:11 | コメント(5) | ワタナベの日記
2015年09月03日の美人になる方法
テーマ:ワタナベの日記

竹泉荘 感動をくれるお宿


第7回目のマネー・リプログラミング届いていますか?

申し訳ないのですが、どうしても届かない人がいらっしゃいます。

お問い合わせ欄からお問い合わせ下さいね。





さて、今回のプログラムの中でも扱いましたが、

『売り上げを上げる』という点について扱いました。

それをやれば、集客しないで集客できるようになります。

今回の記事はご商売をされていらっしゃる方にも参考になるかもです。





私は以前は、ホテルというものは、

サービスを提供してくれるところだと思っていました。

以前、リッツ・カールトンのレジェンダリ−サービスという

リッツ・カールトン・リーダーシップセンター副社長の

ダイアナ・オレックによる研修を受けた事がありました。

その時に、ホテルマンの真のマインドたるものを学んだような気がします。





お客様に必要なことを聞く前に、

必要なものを提供するなど。






それが、まさに宮城蔵王で、体現している宿があったとは…

という感じです。本物のホスピタリティ、

感動を提供してくれる宮城蔵王にある竹泉荘

さすが!としか言いようがありません。





竹泉荘 お部屋.jpg
私が泊まった部屋です






竹泉荘 温泉.jpg
外の温泉。別の露天風呂もあります






回し者でもなんでもないのですが、宮城の活性化を担えるなら!

他県からいらっしゃる方も、近隣の方にも、

心からお勧めできる温泉宿です。

お客様にサービスを提供するのは当たり前で、

こちらは「感動」を提供してくださいました。





竹泉荘 洗面所.jpg
洗面所。奥はヒノキ風呂です





気になるお値段は?というところでしょうが、高くないです。

東京のちょいといい素泊まりホテル並みで、

豪華な朝食と夕食付き。素泊まりなんて、1万円台ですから。

早割ですと、2万円台で、朝夕付きで超ゴージャス。

お値段の詳細はこちら。ちなみに私は、一番下のプラン、

プレミアム・コレクションというエステとシャンパーニュ付にしました。

客室、宿泊プラン





竹泉荘.jpg






ホスピタリティ、お部屋、お料理、200点満点です。

夜食に焼きたてのパンまでいただきました。

冷蔵庫に入っているお酒は普通ホテルでは有料でしょう?

ここは無料。山の中ですから近くにお店がから、

とのお客様を気遣ってのことなのです。すごいよね?

かゆくなる前に、かゆいところに手が届く、と言う感じ。





そして、マッサージのレベルの高いですし、

インテリアは、デザイナーさんが入っていて、

本当にセンスがいいのです。どれもため息もの。





以前、Facebookでも書いたのですが、チェックアウトしたときに、

フロントの男性と少しお話しさせて頂きました。

こちらのホテルマンの意識を垣間みた気がいたしました。





その方は、仙台の某ホテルに、定年まで勤めていて

ホテルの仕事からは、離れていたそうです。そんな矢先、

こちらの竹泉荘に泊まりにきて、こちらのホテルのホスピタリティ、

お料理やインテリアのこだわりなど、ありとあらゆる点に感動して、

「またホテルで働きたい!」との熱意がわきあがったそうです。

そして、どんないきさつかはわかりませんが、

こちらの竹泉荘で働くことができたそうです。

こちらで働けることに誇りを持っていらっしゃいました。





夜にバーにいらっしゃったバーテンダーさんも

そのフロントの男性と同じホテルに定年までいらっしゃって、

その後、こちらにきたそうです。想いは同じようでした。

カードマジック目の前でみせていただき、

一人でカウンターで騒いでいたのは私です。笑





竹泉荘 カード.jpg






そして、支配人がお部屋にご挨拶に参られ、

お宿の支配人とマッサージの女性、そしてKさん、

3人からバラをいただきました。





竹泉荘 バラ.jpg






今回、二日間ともマッサージが入ったコースを選んだのですが、

施術者は私の読者さんでもあり、彼女が黄色いバラを

選んでくださったと支配人からお聞きしました。

すぐピン!ときました。なぜ黄色か…

彼女は私が執筆をここでするとわかっていたので、

集中力にいい色、黄色を選んでくれたのです。

「執筆が進みますように…」との想いをこめて。

本当のホスピタリティを体験させていただいております。





毎回感動をいただくって、すごいお宿。

彼女のお心遣い、とてもうれしかった…

でも、ごめんなさい!ここ、心地良すぎて、原稿に手が伸びない!(´Д` )

川の流れる音、セミの声、木々が揺れ、葉たちの歌声…

網戸にへばりついてる虫でさえ、愛しく感じるこの環境。





竹泉荘 窓.jpg






あゝ、ずっといたい…






最後の夜は、私が一人での宿泊、ということで

一人の女性を気遣ってか、料理長独り占めです。

彼は、この日は私のためだけにお料理を作ってくださいました。

楽しいトーク炸裂で、女一人旅も相当盛り上がりました。






竹泉荘 料理長.jpg







サービスの提供ではなく、

「感動」の提供とはこういうことなんでしょうね。

私たちカスタマーはどちらかというと、こういう場合、

クリティカルな目線で見てしまいます

つまり、至らなかった部分が目に入る、というやつですね。





しかし、それが、まったくなかった。

前回宿泊した時に、「ここで籠って執筆したい」と思って

このたび2日間宿泊しましたが、もう、まったりしすぎて、

あまり書けませんでした。笑

ま、頭で色々と構想は練れたのでよしとせねば、というところです。





感動を提供すると、どうなると思いますか?

また人はそこにきます。リピーターになるのです。

もし、あなたが何かサービスを提供し商品を売っている人であるなら、

お金儲けよりも先に、感動を提供することを考え実行したら、

リピーターになり、お客がお客をまた連れてきてくれます。





こちらの竹泉荘さんも、ほとんどがリピーターになるそうです。

私も、リピーターですし、この感動を味わうために、

また仕事を一生懸命して、また絶対来よう!という気持ちになります。

ここで身体を癒し、英気と鋭気を養い、また仕事に励みます。

そして、また帰ってきます。ここに。





仙台駅からは送迎もあるようなので、車がない方でも行けますね。

青森の大人の修学旅行のみなさん、今度はこちらいかがですか?

早割あるみたいですよ?笑





前回Facebookでこちらを紹介いたしましたら、

短時間で2000以上のいいね!に加えて、シェアが60件以上。

その甲斐があってか、当読者さん繋がりで、あちこちから

遠くは海外から来て泊まられた方もいらっしゃるようで。




さて、最後に一人っきりでも浮かれポンチなワタシ。





竹泉荘 浮かれポンチ1.jpg










竹泉荘 浮かれポンチ2.jpg









竹泉荘 浮かれポンチ3.jpg






もう、ええて・・・笑

48歳中年女・・・今日も元気です。

ではまた明日。






美人になる方法@ワタナベ薫 at 00:24 | コメント(4) | ワタナベの日記
2015年07月30日の美人になる方法
テーマ:ワタナベの日記

愛を、喜びを、支えを、笑いを、いつもありがとう


モモ パー.jpg





朝目覚めると、私が最初にする事は、

ベッドの下に居る、モモが息をしているかどうかを

確認する事が習慣になってしまいました。

そのあと、モモの身体を撫でながら、

黄色い声を出して「かわいい〜、かわいい〜」と

何度も朝は言います。モモの大好きな言葉です。





本日7月30日 モモ 満16歳になりました。

モモを初めて迎えたのは、人生ドン底のとき。

あのつらい時期、私は、後ろ向きで愚痴ばかり言っていて、

生きるのがしんどかったとき、モモのおかげで、

どんどん好転していき、元気を取り戻した転換点でした。





そのときの私は、離婚したばかりで、お金もなく、仕事で忙しい時期。

彼氏と別れて、寂しくて泣き出しそうな夜も、

友達が亡くなった悲しくて怖かったひとりの夜も、

変質者にのぞかれて、怒りたったあの日の夜も、

モモはそばにいて、私を癒してくれました。





モモ 散歩.jpg






バーベキューにいく時も、友達の家に泊まりに行く時も、

どこにでもモモを連れて行きました。そしてモモは

私が台所に行けば台所、トイレに行けばトイレ、

お風呂に入れば、お風呂の戸口の前で、

寝室に行けば寝室に、リビングのソファーでくつろいでいれば

ソファにのぼって、片時も私から離れませんでした。





身体をずっと私に密着させているのです。

本人は、私を支えてくれているつもりだそうです。

いつからだったか、その役目はマイケルに変わりました。

まるでモモとマイケルで話合いをしたかのように、

家の中ではずっとマイケルが私についてきます。





モモを家に迎えたとき、ミニチュアダックスフンドの

寿命を調べました。約、14、5歳と出ていました。

当時32歳だったので、「46歳くらいまでは一緒に居られるんだ」

と単純に思いましたが、実際のところ、

そのときは46歳の自分を想像することも出来ませんでしたし、

まさかあれからもう16年も過ぎて、48歳の自分と16歳のモモが

目の前にいることにビックリしています。光陰矢の如しとはこのことです。





モモ 一緒に外を見る.jpg





モモは、今は病気も何種類も抱え、病院通いは続いています。

昨年の今頃、本当に死にそうになったのですが、

皆様の祈りの力のおかげで、生還いたしました。

しかし、昨年以来、ボケも進み、どんどん人間の世話が

必要になってきています。





モモを見ていますと、

年を取るってこういうことか・・・と現実的に考えます。

おしっこもウンコもよくシートからズレています。

家の中でモモのウンコを踏むこともありますし、

おしっこがよく廊下にそのまましてあることもあり、

廊下を走っていて、おしっこを踏んで、

思いっきり転ぶと言う事もよくあります。

食事も食べ終わったあとを見ますと、汚過ぎてビックリします。笑





しかし、目の見えない、そして老犬を怒ったり、

ため息をついたりすることほど、

かわいそうなことはありません。

私たちも年を取るのですから。





モモ 寝る.jpg





いつまで一緒に居られるかはまったく分かりませんが、

常に覚悟をしているとともに、1日1日を大切に

過ごして行きたいと思うのでした。






モモ フォトブック.jpg




そして、半年前に、モモとの思い出ということで

フォトグラファー木村千枝氏にフォトブックを作ってもらいました。

こういう思い出の本があると、一生の宝物ですね。





これからも、ワタナベとゆかいな仲間たちで、

「美人になる方法」を盛り上げて参りますので、

皆様の訪問、お待ち申し上げております。

ではまた明日。





モモ モモ&マイケル&ワタナベ.jpg




美人になる方法@ワタナベ薫 at 01:42 | コメント(10) | ワタナベの日記
2015年05月28日の美人になる方法
テーマ:ワタナベの日記

女48歳 バイクの中型免許&大型免許物語

バイク うちのハーレー.jpg
うちのハーレー子ちゃん





とうとう大型バイクの卒検が終りました。

ワタクシの運動神経の良さと、ライディング能力と、

そして、類稀なセンスの良さで……(ボコボコボコ!笑)

おかげさまで1発合格いたしました。





足が短い、力がない、頭が悪い(関係ないの?)の三重苦で

よくここまで頑張りました。時間オーバーもまったくしていないので、

お金の無駄もございませんでした。・・・





って実は、初めてバイクに乗ったのは、小学6年生のとき。

友達のおじいちゃんのカブを借りて山道で乗って遊んでいました。

中学の時は、高校の先輩のスクーター借りて乗ってたりと笑 

高校三年間は、スクーターで通っていました。

田舎なものでして、バイク必須。





バランス感覚だけは、どの先生にもお褒めのお言葉を

頂戴いたしましたが、たぶん、それは家でバランスボールを

椅子代わりにしてるからでしょう。

手を離してもしばらくの間、正座もしていられます。

…って、誰でもできるのかな?





本日の記事は、自分のこれまでのがんばりを完了させるためにも

バイク日記を書きたいと思いました。

こんな記事でも何か拾って頂けたら、と思います。

興味がない方も多いかも、というか、完全に今日は自己満ブログです。





今から16年前に、LA旅行に行った時に、

ワイルド過ぎるおっさんが、ハーレーに乗ってハイウェイを

ババババババババ・・・・と発しているのを目にしてから

ハーレーってかっちょええー!ずっとと思っていました。





そのあとは、いつか乗れたらいいな〜、とか思っていました。

満月のお願いや、コーチングのゴールリストにも

バイクの免許を取る、とか、ハーレーに乗る、

だなんて夢を書いていたのを思い出します。

しかし、引っ越した場所は街の中の超便利な場所で、

すべてが徒歩で済むような場所だったので、

バイクの免許を取るのをやめました。





たぶん、バイクを買っても、ただの置物、

持つだけでお金を食べてしまう、娯楽になってしまうな、

と判断したからです。





ところが、ある日、

ハーレーのイベントがあり、誘われてそこに行ったが最後。

免許も持っていないくせに、ハーレーを買ってしまったのです。

というか、それを見た瞬間に「やっぱり大型免許取る!」

って決めたのですが。







衝動買いではなくて、自分の中で確信があるのですが、

これは直感買いだと思ったのです。

自分の中で何かが変わるような気がしました。





そのあと、テレビの取材のオファがありまして、

その中でやはりバイクの絵面で取ってもらえることになったり、

また、アメ車のマニアックな車の雑誌社の車の取材が入っているのですが、

一応アメリカの影響でアメ車を選んだけど、ハーレーもある、

と言ったら、それも載せてもらえることになりました。

どちらも大型バイクの免許を取ってバイクを買ったいい記念です。





話を戻しますが、自動車学校に行った時に、

果たして、最初から大型にチャレンジすることなど

できるだろうか?という不安がありました。

なにせ、こんなミニマムな身体で、かつバイクが重くて、

起こせなかったら乗れないでしょ?

という気持ちがあったから。




バイク 引き回し.jpg
バイクとワタナベの大きさ、比べてみてください。





校長は、「まずは、大型バイク引き回してみたら?」

と言ってくださり、入校する前に特別体験をさせてくれました。

引き回しのとき、もう、重くて重くて、倒れそうでしたが、

何とか8の字で引き回すことができました。

そのあと、引き起こしをさせてもらうことになり、

倒れたバイクの起こし方のコツを校長が言ってくれて、

その通りにしましたら、大型バイクを起こすことができました。





と言っても、その大型バイクは、250キロそこそこだと思います。

買ったバイクの重量は350キロ以上・・・コツさえ掴めば大丈夫、

と言っても、なにせこのミニマムなサイズの身体と力だって、

そんなにないでしょう。力いらない、と言っても、

やっぱり引き起こしはどんなにコツを掴んでも重いよ?と思いました。





中免からチャレンジすることにし、

翌日から10代のピッチピチな学生たち中に入って、

教習に通ったのです。正直、最初は本当につらかった・・・





バイク スタート.jpg
男性に交じって、スタート地点です。奥から二番目がワタクシ。






転んだり立ちゴケするたびに、本当に力も尽きる感じでもあり、

心が何度も折れるかのようでした。それはまるで

白バイの女性隊員がバイクでこけながらも、練習を重ねる

ドキュメンタリーをご覧になったことがある方も多いと思いますが、

そんな気持ちでした。今でもYouTubeで女性白バイ隊員が

転ぶ姿を見ると、自分に重ねてしまい涙が出ます。





バイク 波状路1.jpg





最初にバイクを8の字に引き回しするのですが、

それをやっただけで、息が切れているのです。

体力がない。そして、腕力もない。

私は小さい身体ですが、力だけは若い時からすごくあったのですが、

今回バイクを引き回し、自分の力のなさと老化という現実に

真っ向から直面した気分でした。さらにコツが掴めていないので、

悔しい想いをしながらの教習でした。






最初のうちは、引き回しでさえ、バランスを崩しては

バイクを倒す、私も倒れる、また教習所内の車が

マジ徒歩の早さ?ってくらい遅くて、低速走行しているうちに

バランスを崩して転ぶ。2回転ぶと、引き起こすのに

力を使い果たしてしまい、3回目は起こせませんで、

ブロークンマイハートでした。






バイクを起こせなければ、乗れないじゃん?という

自分なりのルールがあったので、起こせないことが

何度かあり、それまた唇をかむような悔しさがありました。





それでも、時間オーバーすることなく、ストレートで

中免は見極めまで行きまして、試験も一発で合格できました。

なんか、これくらは自慢の種にしていいのではないだろうか?と

自分で自分を褒めたいくらいでした。そして、間を置かずに

続けて大型バイクの免許取得に通うことにしました。





大型になってからは、驚いたことは、

大型の教習車のほうが、非常に乗りやすかったのです。

走りもスムース、車体もちょっと軽くさえ感じました。





初日は、カーブでスピードを出して思いっきり転びました。

これが本当によかった。バイクの怖さをしりました。

それ以来、転ぶことなく、最後の教習まできました。

見極めでは、先生からはバランス感覚がいいことや

センスがあるとまでお褒めいただき、有頂天になっていたところ、

最後の最後にバランスを崩して立ちゴケ。笑

さて、一人で起こせるか?起こす時は必ず叫びながらやります。




うりゃーーーっ!!と。






バイク 引き起こし1.jpg








バイク 引き起こし2.jpg







バイク 引き起こし3.jpg





誰にも助けを求めることなく、大型バイクの引き起こしました。

それはまるで私にとって最後の見極めにふさわしく

バイクを一人で引き起こす、という試験をされている

ような感覚になりながら、起こすことができました。

軽く感動・・・





そして、最後の教習から翌々日、卒検。

無事受かりました。中免、大型どれも時間オーバーも

卒検もすべてストレートで受かることが出来ました。





バイク 一本はし.jpg






落ち着きがない、というのは、高校生の時に車の教習に

通っていた時から教官に言われていた言葉。

30年経っても、その辺は変わっておらず、

「落ち着け!!」と何度も言われながらの教習。

最高に落ち着いて、かわいい教習車ともお別れでした。





バイク 波状路2.jpg




つらかったけど、楽しかった・・・

バイクの教習のお陰で力とメンタルの強さがかなり付きました。

そして、自分らしいな〜、と一番思えた趣味のような気がしました。

バイクに車、そしてカメラとボイトレ・・・人生を謳歌している

48歳中年の女性の背中を、世間様に見てもらうことで、

多くの人々にとって、行動を起こす、という面で

ほんの少しの励みを得て頂けたら、とも思っておりました。

あ、でもそれは1ミリくらいですがね。







何よりも自分がやりたい、と思ったことを

可能な限り、命ある限り、お金が使えるならば、

後悔なきよう、手を出してみる。

飽きたらやめるけど、飽きるまでやってみる。





バイク クランク.jpg





今回バイクで本当にたくさんのことを学びました。

家から出たくない、引きこもりの私を、セッションデー以外の日は

家から出ることが習慣化なりました。





重い荷物を持つのもいやじゃなくなりました。

スーパーでは、どんなに重い物でもカートを遣うことなく

筋トレ兼ねてカゴを持ちます。昔は重かったのに、

今はそれすら感じなくなりました。






そして、フットワークが軽くなりました。

嫌なことが起きると、スルー力は以前からありましたが、

さらにスルー力発揮。ムダな所にエネルギーを使わない術を

バイク教習に通うことによって学びました。

・・・というよりも、忙しくて、変なことに巻き込まれたくない、

というほうが近いですが。






中型普通免許と大型免許を取るのに費やした時間、

1ヶ月間プラス3週間。終ってみたらあっという間。





この前もちょっと書きましたが、

すごくすごく仲が良くなった人、というのは、

お互いがその場を離れても、また連絡し合って会うことがあるでしょう。

しかし、さほどそうでもないのに、お世話になった人、

話していた楽しかった人、程度では、約束し合って

あうことなどはないと思います。





自動車学校などの場合は、たくさんの生徒が入り、

そして、卒業していくわけですから。

こういう別れは、私は涙が本当に出るくらい寂しく思うのです。

だって、そこに行かなければもう、二度と

会うことがないかもしれない人たちだから。





かといって、私も会いに行かないのも知っています。

それほど強い思い入れもないから。だからこそ、

非常に寂しく思うのです。もう、死ぬまで会えない人に入るから。





仙台100万人とし。その一人と万が一の確率でも会わない。

100万分の1の確率で会うことは、ほとんどないのです。

一期一会を本当に噛みしめております。





長い日記にお付き合いいただきまして、

ありがとうございました。何歳になっても、夢を諦めることなく、

自分のエネルギー値があがるものは、どうにかしてチャレンジ

してみてください。たった一つのチャレンジが生き方全体を

変えることだってあります。





11224541_926589120738467_5966204943509665217_n.jpg





あと2日で48歳。アラフィフ女、どこまでやれるか、

まだまだ何かにチャレンジして、泥臭く、男並みに

ガツガツやって行きたいと思います。

この記事を書くことで、やっとバイクの教習すべてが

終ったような気持ちになりました。





そして、仙台駅から一番近い自動車学校がキャッチな

花壇自動車学校様。本当に本当にお世話になりました。

先生方がおもしろかったので、笑いの絶えない教習でした。

心より感謝申し上げます。自動車学校行くなら花壇に決まり!笑





長々とした日記にお付き合い下さいまして、

ありがとうございました。ほんではまた明日。






美人になる方法@ワタナベ薫 at 01:44 | コメント(4) | ワタナベの日記
2015年05月23日の美人になる方法
テーマ:ワタナベの日記

私の大大大大大失敗!!

IMG_8288.jpg





FBにも書きました通り、昨日は私、マイケルに関して

大大大大大大大大大大失敗をいたしました。





Blogをアップした深夜2時頃、もう泥のように疲れて眠くて、

ヨロヨロしながらベッドに倒れこみました。

そのまま意識がスゥ〜っと抜けそうになったその瞬間、

急にガバっ!と起きました。





ん?マイケルがいない?





・・・となぜかそのとき思ったのです。

別にいつも一緒に寝るわけじゃないし、

そんなの気づくわけないのですが、

なぜかそのとき立ち上がりマイケルを部屋中、

声限りに叫んで探しました。





モモちゃんにも「マイケルがいない!探して!」と言ったら、

私のいつもの声と違う慌てぶりに、ただごとではない、

と思ったのかヨロヨロと起きあがり、

目が見えないのに廊下や部屋をうろうろしながら探してくれました。





本当に家の中にいなかったのです。どこにも…





ん?まさか外?と思ってドアを開けたら、

マイケルは目の前の外のドアの前に

うずくまっていました。





なんで外?!私開けたっけ?




…夜、11時頃、ちょっと空気を入れ替えたくて

ドアを開けたはいいが、やっぱ、やーめた、と

ほんの一瞬のことでした。そのときでたんでしょうね…

あんなに行動がノロノロしているマイケルが、ヒュッとでるなんて…





結局、深夜マンションの高層階の外で

3時間もマイケルは居たのです。想像するだけでも恐ろしい。

マイケルも驚いたと思います。出た途端、ドアが閉まって・・・





焦ったマイケルの顔が思い浮かびます。

そのときのマイケルの顔を想像すると、ちょっと笑えるけど。

それにしても、すごいな、と思ったのは、

あんなに眠くて、ベッド倒れ込んだのに、何かに突き動かされるように、

急に、「ん?マイケル?」と思ったと言うのがすご過ぎです。





マイケルそふぁ.jpg





テレパシーだったのでしょうね。

ほら、マイケルは念じるだけで叶ってしまう、

超ウルトラスーパーハイレベルトップオブザワールド級

パイパーパフォーマースペシャルアメイジング

ファンタスティック猫だから。

願っただけでかニャってしまうマイケルの話はこちらから




しかし、想像するともっと恐ろしいことは、

ベッドに入った瞬間、あのまま朝まで寝ちゃってたら、

どんなことになっていたのだろう・・・と。

しかも次の日は、「目覚ましかけないで寝たいだけ寝るだ〜♪るん♪」

とか言っていたのである。そして現に昼近い11時に起きてしまっていたし・・・





マイケルの、願えばかニャう、は本当で

きっと、「このドア、開け!開け!開くさ!大丈夫、大丈夫」と

言い聞かせていたのだろうと思うと、胸が締め付けられます。





マイケルを見つけたとき私は、

何度もマイケルの名前を呼びながら、強く強くムギューしました。

マイケルは、あまりに強いそのムギューを嫌がることもなく、

すぐに喉をいつもよりも大きくならし、

ゴーロゴロゴーロゴロしていました。

寂しかったのでしょうね・・・

思い出すだけでも心が痛みます。





マイケルたて.jpg




マイケル、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、

ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、

ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、

ごめんなさい、 ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、

ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、

ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、

ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、

ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、

ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、





(´༎ຶД༎ຶ`)

(´༎ຶД༎ຶ`)

(´༎ຶД༎ຶ`)

(´༎ຶД༎ຶ`)

(´༎ຶД༎ຶ`)

(´༎ຶД༎ຶ`)





マイケル「気にしニャーい、気にしニャーい」と

言っているだろうと想像されます。

だって、マイケルは、超ウルトラスーパーハイレベル

トップオブザワールド・・・きゅ?級?・・・ま、いいや。





いや〜、ホント、何もなくてよかったです。

もし、マイケルに何かあったら、

全国100万人のマイケルファンに(そんなにいねーよ)

袋叩きにされるところでした。汗





どうぞ、皆様もお気をつけ下さいませ。

行動が鈍い猫でも、時々そんなことがあるんですね。

しっかし、私も、足下見ていないなんて、あほんだらです。

以後気をつけます。では素敵な週末を!!







美人になる方法@ワタナベ薫 at 00:15 | コメント(5) | ワタナベの日記
2015年05月21日の美人になる方法
テーマ:ワタナベの日記

『小さな丁寧』がある日常

shutterstock_133711634.jpg






忙しければ忙しいほど、やろうと思っていることが一つあります。

それは、”小さな丁寧”を意識した生活をすること。




元来ガサツな私にとって、「丁寧って何よ?」ってレベルなのですが、

そんな私も、脳内パニックになるくらい忙しいと感じることがあります。

物理的に忙しいのではありません。気持ちが焦っているんですけどね。





こんなときこそ、五感を働かせて落ち着くようにしてみます。

いくら忙しくたって、1日10分くらいはそういう時間持てるし。

その10分はもしかしたら、呼吸法を試したり、瞑想したり、

もしくは、本気でおいしい珈琲を五感全部使って味わってみたり、

さらには、10分間だけお気に入りの詩を読んでみたり、

空を眺めてみたり、森羅万象すべてに感謝の気持ちを高めてみたり・・・




気持ちがいっぱいいっぱいになっていると、

生きていても死んだかのような生活になってしまいます。

それこそ、ご飯だって味がしないし、いい匂いだってしない。

頬を毎日やわらかくなででくれる風の心地よさだって感じない。

太陽の光線のまぶしい光でセロトニン物質が脳内で作られているというのに、

その光さえも見ているようで見ていない。





忙しさや悩みがあると、どうしてもそういう風になってしまいがち。

そんなときこそ、何か一つ丁寧にやってみることをお勧めします。





心落ち着くヒーリングミュージックやクラッシックを聞いたり、

珈琲のお豆を手動で引いて、香りを楽しみながらドリップして

好きなカップ&ソーサーでゆっくり味わってみたり。





さらには、好きなアロマを焚いて、ゆっくり呼吸法を楽しむ、

瞑想したり、将来のイメージングを楽しんでみませんか?





あわててシャワーを浴びるのではなく、

アロマキャンドルでも焚きながら好きな香りに満たされて、

ボディマッサージをしながらバスタイムを楽しんでみませんか?

お風呂上りに全身念入りにコロコロ・・・かなりむくみがとれます。





または、水をゆっくり口内で温めながら、

ゆっくりじっくりと味わってみる。

この際だから、バカラのグラスを普段使いにでもして。





1日10分を毎日丁寧を楽しんでいる人の3年後と、

毎日アクセク忙しくあわただしく過ごす3年後って

何か違いはあると思いますか?





ちなみに私には大有りでした。

15、6年前までは、一ヶ月の間、丸一日の休みが取れるのが、

一日か二日しかないほど働いていましたが、

全く生きた心地がしませんでしたし、

すっごい顔も体も不細工全開でしたから。太るし、

痩せるためのエクサをする余力も1ミリも残っていませんでした。





日常の丁寧さと言うのはきっと、内外の美しさに

大きな違いが表れてくることでしょう。今日の記事は、

相当自分に言い聞かせてる感アリアリな記事でした。





さてあなたは日常の中でどんなことについて、丁寧にしてみたいですか?

その丁寧さの習慣化が、大きなあなたの本質の土台になったりするのです。

では、また明日〜。







美人になる方法@ワタナベ薫 at 01:32 | コメント(2) | ワタナベの日記
2015年05月10日の美人になる方法
テーマ:ワタナベの日記

ハーレーダビットソンイベント日記





中免の卒検が合格したので、翌日の8日免許証書き換えに行き、

その足で、できたてホカホカの免許証をもって自動車学校に行き、

大型自動二輪の教習の手続をしてまいりました。





ハーレー ワタナベ.jpg






そして、型から入る私は大型取る前に、

ハーレーのツーリングタイプを購入していたので、

昨日仙台市宮城野区にある夢メッセで開催している

ハーレーダビットソン展示会に行き、

バイクの納車をしてきました。ハーレーダビットソンイベント 

本日、10日もやっております。





ハーレー会場.jpg





ハーレー会場には、いろんなタイプのハーレーが

ございましたので、いろいろとまたがらせていただきました。





勢いで買っちまったタイプは、ハーレーの中でも

一番デカいタイプのツーリングという種類。

無謀なほどデカいことに気付き(今頃・・・笑)

体にあったハーレーを検討すべく、リサーチもかねて

ほとんどのタイプのハーレーにまたがらせてもらいました。






ハーレー ローライダー.jpg
ローライダー






私の不安は足が届くかどうか、ということ。

ハーレーは非常に重いのですが、走る分には、

いくら重くてもまったく問題無しなのですが、

女性で怖いのは、「立ちゴケ」と言われているもの。





立ちゴケとは、バイクにまたがった状態で、バランスを崩して

そのまま倒れてしまうこと。公道の路面は平らと限らず、

わだちで足がつかなくてよろけて、重みに耐えられず

そのまま倒れてしまったり、後ろを確認してたり、

または強風に煽られたりして、倒れるなどの事。

コケてもいいのですが、場合によっちゃあ、

引き起こせない、ということが怖いわけです。





私の場合、教習中の転倒はほとんど立ちゴケでした。

5.6回転びました、というよりバランス崩して転倒。

手首をひねったり、足をひねったり、心が折れそうになりました。

ですから、両足が付かない、という恐怖感がどこかにあり、

もし、一人で乗っている時に、コケたらのぉ〜しよぉ〜、

とちょっぴり大型免許取得に弱気になっていました。





ハーレー ソフテイル またがってみる.jpg






しかし、女性ライダーの場合、お尻をずらして

片足だけで付いて乗っている方も多いらしく、

バランス感覚がわかり慣れればそれでもいけるそうです。






ハーレーには大きさの段階もあって、最初は小さいのから行こうかな、

と先日バイク屋に行った時に思ったのですが、

やはり、小さいタイプは、「燃えない」「萌えない」。

「モチベーションが上がらない」の、ないないない。





型から入る女ワタナベが、モチベがあがらないバイクに

乗り続ける事ができるかどうか、ということを吟味した時に、

やっぱり、部活並みに血と汗をにじませながら

練習に練習を重ねて、目から萌え萌えビームが出るくらいの

好きなバイクに乗る事を昨日決意いたしました。





で、萌えたバイクはこちら。

ハーレーダビットソン ソフテイル。





ハーレー ソフテイル.jpg






結局、ハーレーの中でもデカいタイプのようです。

でも、これを見た時に、腸がねじれる感覚になりましてね、

私が物を選ぶ時のバロメーターが、腸がねじれる感覚。

今乗っているFDも未だに、駐車場に止まってる彼をみますと、

かっこよ過ぎて腸がねじれ、惚れ直すのです 笑

それってすごいな〜、と思うのです。





ハーレー ソフテイル リアから.jpg






私は車も好きですが、

このハーレーのメタリックな感じが、

私のハートを燃え上がらせるのです。





ハーレー ソフテイルサイドから.jpg






いつかこのソフテイルのオーナーになりたいワタナベなのでした。

近いうちに迎え入れられたらいいな〜、と、

妄想に妄想を重ねた日。





ハーレー ソフテイルとワタナベ.jpg






カメラも持参していたので、たくさんハーレーの

写真を撮ってきました。これをみて気分をあげて行きたいと思います。

下の画像は、ちょっとトランスファーにレトロチックに加工。





ハーレー 撮影.jpg






で、我が家に迎えたハーレーはこちらです。

まずは、大型の免許取得して、これが乗れるようになれば、

もう、どの車種も乗れるので、免許取得したら

車が通らない山にでも行って、立ちゴケ予防、

引き回し、引き起こし、そして乗り方の練習したいと思います。





ハーレー 我が家のハーレー.jpg






お世話になりましたのは、早坂サイクル泉店 本橋さんです。

ショップにもハーレーたくさんありました。

適切なアドバイスが本当に参考になりました。





バイクは正直言うと、車よりも危険です。

先日も、バイクの事故で俳優さんが亡くなりました。

実は、10代の頃、好きだった人がバイクで命を落としました。

ショックでショックで、夜な夜な泣いていました。

そのあと、バイクで憧れていた二人の先輩も二ケツしていて

二人とも10代の若さで天国に行きました。





そういう意味では、バイクは私にとっては好きでもあり、

嫌いでもある存在なのですが、結局、

好きな人を奪ったバイクではありますが、

好きな人が好きだったバイクを、私も好きなのです。





この年して、まさか自分がバイクにまたがるとは

思いもしませんでしたが、彼らがバイクに魅了され、

好きなバイクで天国に連れて行かれたわけですが、

その好きな世界をやっぱりのぞいてみたくもなったのです。





趣味の場にお付き合いいただき、ありがとうございました。

影響を受けて、教習所に通い出した方もいるとのコメント、

うれしく拝見いたしました。ほんのちょっとでも

経済効果になればこれまたうれしい限りです。

ではまた明日〜。






美人になる方法@ワタナベ薫 at 00:00 | コメント(3) | ワタナベの日記
2015年04月13日の美人になる方法
テーマ:ワタナベの日記

桜・サクラ・さくら モモ&マイケルお散歩日記

桜 マイケルと桜.jpg





今日のお散歩って実はシリーズ化していたのですが、

最後にやったのいつだったっけ?と探してみたら、

驚いた・・・一年前のサクラの季節・・・汗

一年前は一目千本桜 





久しぶりのお散歩のせいか、なかなか

マイケルはバッグから出てくれませんでした 汗

この顔が何とも言えず、かわええ〜。萌え〜。





桜 マイケルバッグの中から.jpg





昨年からのこの一年、人生が変わるような大きな変化が

私自身色々とございまして、散歩しているどころではなかったのです。

しかし、昨年末からカメラを習いはじめまして、

今年は自分でも桜を撮ろう!とかゆるかやに思っている間に、

あっちゅー間に仙台桜満開の季節が来て、モタモタしているうちに、

なんと、明日から天気が崩れて曇りや雨の予報・・・

つまり、昨日しか桜を撮るチャンスがなかったので、

丸一日のんびり寝て過ごす、という予定を返上し

今日のお散歩日記が実現しました。





桜 マイケルモモ 背後ワタナベ.jpg





愛車のFDに乗るのもあとわずか、ということで

できるだけ私の彼のようなFDとたくさん写真を撮りました。

・・・と言っても手放す訳ではないのですが、

最近、クラッチやシフトが固くて、やはり新車が来たら

そっちを多く乗ってしまう自分も知っているので、

ちょっと寂しい気持ちで散り気味の桜の寂しさと

FDとの別れの寂しさに浸りながらの撮影。





桜 ワタナベとFD@.jpg





ここは小さな小さな公園です。

桜が非常に低いので写真も撮りやすくてよかったです。

マイケルを持って行ったら、近所のおじさんおばさんが

「あんらぁ〜、猫?触っていい?」とか

「写真とってFacebookに載せていい?」とか

マイケルとモモの撮影会でした。マイケルはビグビグ。




桜 マイケルズーム.jpg






桜 モモとワタナベ口開け.jpg







モモは、今日は初めて来る公園でしたが、

目がみえないのに、ずんずん歩いていました。

もしかして、少しは見えるのかな・・・。

まったく見えないわけではないよね。何だか

私までうれしくて心が弾んでいました。





桜 モモと散歩.jpg






マイケルは、子供たちの「キャー!」だの「ヒィー!」だの

「ワーー!」だのの声に、いちいち反応 笑 

たぶん、相当疲れたと思います。





桜 マイケル&ワタナベ.jpg






それでも外の空気を吸えてよかったんじゃないかな。

こうして、二匹が外で一緒に写真を撮る機会、

一回一回がとても大切。永遠に続くものではないので・・・

そんな二匹に祝福の気持ちを込めて、桜の花冠。





桜 モモマイケル頭桜.jpg






そう思ったら、このFDと過ごすことも

永遠ではないので、一瞬一瞬がすごく大切なもの。

本当は、記事全体をFDだらけの同じような写真で

埋め尽くしたいくらいです。ウザいと思うので、

今日は二枚でやめとこうと思います。





不思議なことに、このFD、ご年配のおじいちゃん、

おばあちゃんにもお褒めの言葉をよく頂戴するのです。

若い子は話しかけてはくれませんから、ご年配者が多いです。

おじいちゃんに声を掛けられたことも多いのですが、

先日は、おばあちゃんです。私には80歳くらいに見えました。

「素敵な車だごどぉ〜」(仙台弁)と。





桜 ワタナベとFDA.jpg





美しいものは誰が見ても美しいんだな、と思いました。

子供もよく見てくれます。子供からご年配の方までが、

「かっこいい」と分かってくれる車、うれしい限りです。





先日は、このエアロをデザインされた方が、たまたま私のFDの投稿を見て、

きれいに乗っていてうれしい、とコメントが入りました。

その前は、マツダの社員さんから、この車に対して

大切に乗ってくれてありがとうと、感謝のメッセージを頂戴しました。

FDが褒められると、不思議なもので、私の自慢の彼を

褒められているかのような、そんな気持ちになるのです。

15年経っても美しい・・・素敵なこと。

このFDをデザインした方は天才です!





さて、2015年、桜の季節ももう終ります。

今年は、夕方のお花見となりましたが、

穏やかな気持ちで過ごせました。




桜 桜夕日色.jpg





色々あった一年でしたが、自分の方向性や決意、決断、

そして新たな自分に向けてこれから、違う人生になると思います。

どんな決定をして、どんな結果になっても、私の辞書には

「後悔」と言う文字がありません。





例え、どんなにつらくても、どんなに苦しくてもです。

そして、苦しみも、どんどん過去になっていった時に、

すべて、私にとってはどれも貴重な体験であり、

その体験があってからこその「今」だと思えるので、

この先何があっても怖くも不安も恐れもありません。

そんなドッシリした気持ちとメンタリティを持てていること

本当にうれしく思います。小暴れは時々ありますが 笑





桜 ベンチで三人.jpg






これからも、誰のためではない自分の人生を

遠慮なく、大暴れしながら生きて行きますので、

これからも、ワタナベとゆかいな仲間たちをよろしくね。





ちなみに新刊に付く付録はマイケル先生のポストカードです。

マイケル先生のメッセージ入りです。16日付けに新刊の

詳細をUPいたしますね。それまで待ってくださいね。

ではではまた明日!





美人になる方法@ワタナベ薫 at 00:31 | コメント(6) | ワタナベの日記
2015年03月24日の美人になる方法
テーマ:ワタナベの日記

ワタナベ薫の温泉日記 つらつら想ふこと

seesaaのメンテナンス入っていて昨夜アップできず、

朝にアップしようっと!とか思っていたら、

すっかり忘れていました 汗

で、今慌てて更新です。この後またすぐアップしますね。





さて、サロンオーナーさんへの拙著プレゼント、

3月31日までと言っておきながら、一日経たずして

100冊をゆうに越えてしまいまして、閉め切らせて頂きます。

2回目だからまさかこんなに来るとは、予想外でした。

(30冊くらいしか家にないので、本屋さんで買ってきますので

少しお時間頂くようになります。申しわけございません)

間に合わなかった皆様、ごめんなさい。

また、FBなどをやっていらっしゃる方で、

サロンに拙著を置いた様子などをアップする時に、

ワタナベ薫のタグ付けOKです。タグ付けしますと、

私のFB友達やフォロワーにその投稿が読まれることになります。






今日は、何でもない日記です。

一気にスクロールして数秒で終ってしまう・・・笑

一緒に温泉にでも言った気分になって頂ければこれ幸い。






昨日は、ちょっと秋保まで行ってきました。

秋保とは温泉地です。他県からいらっしゃる方、

仙台駅から30分ほどで行けますので、送迎バスなどもありますから

行ってみてください。ホテル佐勘





温泉・FD.jpg






私の愛する愛車とも、あと1ヶ月ちょっとでたぶん

乗る機会がなくなると思います。と言っても手放すわけではないですが、

私専用の新しい車が来ると、やはり乗りやすさに流れてしまうので、

FDからは遠のいてしまう可能性ありで、ちょっと寂しく思っています。





温泉・ドライブ中.jpg






さて、温泉には何しに行ったかと言うと、

もちろん温泉に入りに行ったのですが、

昼食前の空腹時、ということでカラスの行水状態で

目的のお料理を食べに行った、というわけです。

美肌コースとか言っていました。






温泉・いただきます!.jpg






温泉が上がりで、髪が乱れまくっているところがいいですね。笑

普段、家の食事が、粗食も粗食の老人食バリバリなので、

時々いただく美食は、本当に美味しく感じます。





温泉・料理.jpg






まるで、写真は、女性の一人旅をおすすめする

地方の観光パンフレットのような感じになっていますが、

以下の画像は、気分は観光案内イメージで・・・ 笑

回し者ではありませんが、被災地に来て頂けると

それだけで貢献になりますのでね。





温泉・上を見上げる.jpg






時々、こうして、自分を癒す行為が、贅沢などではなく、

自分を愛でるため、自分を大切にすることであることが

よくわかります。脳には、報酬システムというのがあります。





温泉・日本庭園の前で.jpg






何かのご褒美があると、またがんばれる、というやつですね。

私の場合、がんばろうとか、モチベーションが上がるのは、

温泉よりも買い物をした後なんですが、さあ、また働くよー、

みたいな気分になります。そのために持って訳ではないですが、

買い物は私にとっては、仕事のためにもなるので、すごく大事。






温泉・いろり.jpg






あ、上のいろりの画像ですが、本当に炭火が焚いてありました。

家に、いろりが欲しいと、ほんの一瞬だけ思いました。

もちろん、欲しくはありません。はい。







で、どーでもいい話にまた戻しますがね、

自分の中で、何をした時にモチベーションが上がるかを

ちょっとデータを取ってみるといいですよ。





廊下.jpg





それは、モチベーションあげたいな、と思った時にすぐにでも

使える、有効な方法となります。私の場合、買い物は散在とか

無駄遣いの類いではなくて、皆様にいろんな情報を提供する

背中を押してくれる、すごい大切なツールになっているのです。






温泉やマッサージなどは、モチベーションとは違う、

がんばりすぎた心をゆるめるツールになっています。

「張る」と「ゆるめる」このバランスですね。






温泉・花.jpg






がんばらなくてもいい、・・・だけど、

歯を食いしばってがんばらなきゃならない時も

人にはあるかもしれません。ないならないに越したことがないですが。

私は、ここ2年くらい、色々色々色々・・・とありました。

まあ、幸せそうに見えるかもしれませんが、

そうではない部分ももちろん、あるわけです。

だって、人間だもの・・・笑





折り合い付けながらも、こうして楽しんで生きています。

人生山あり谷あり、坂あり石ころ道あり、つるっつるのアイスバンもあり、

すべって顔から転んで、鼻血で顔中が血だらけになったかのようなこともあり。

山から転がり落ちるかのように、体をあちこち岩にぶつけながらも、

「このままどこまで落ちるかな?」と力を抜いた途端、

途中の切り株に引っかかって、なんとか止まった。

でも、その止まった場所には、ダイヤモンドの原石が落ちてて、

超ラッキーー!みたいな感じです。あ、意味分かります? 笑 





そう、イタい目にあって、転がり落ちても、

力を抜いて、なるようになれ、って思うと、案外もっといいことを

手にしている物なのです。で、そんなこんなであっても、私は幸せなのです。





ということで、今日はここまでです。

では、皆様にとって本日も素晴らしい1日となりますように。





写真 / フォトグラファー・木村千枝






美人になる方法@ワタナベ薫 at 22:13 | コメント(2) | ワタナベの日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。