【オリジナル商品】
バイノーラル音源入りアファメーションCDセット
バイノーラル音源入りアファメーションCD「MindSwitch」

2015年度音声プログラムの製品CDの一般販売を開始しております
お金に好かれる人になるMoneyReprograming

ワタナベ薫の音声教材などの一覧はコチラ
ワタナベ薫の音声教材などの一覧




2016年08月01日の美人になる方法
テーマ:美人の美意識

何が人を美しく感じさせるのか?

DSC01897.jpg




「背が小さいのに、そんな無理して

ハイール履いてみっともない。自然体が一番なのに」



「髪染めるなんて体に悪いし、年取ったら

白髪だってシワだってでるんだから、

自然体が一番美しんですよ!」



「年をとれば、垂れるし、

ブヨブヨになるかもしれないけど

それが自然の摂理なんだから、

その方が自然の美しさです」





美の敵・・・

自然体という罠(笑)






中には、美に関しては自然体が一番、とおっしゃる方も、

当ブログを読んでいらっしゃるかもしれませんね。

老化に関しても、自然に任せた美しさがある、と。





ここは、もう美に関する価値観の違いでして、

ストイックに努力して手にしている

美しさが好きだという人もいれば、

シワだらけで、すべてが白髪であっても

それが美しいと思う人もいると思います。





私個人が思うところよれば、

努力の賜物で引き締まった体をしている女性も、

白髪、シミ、シワだらけでも、その人の

生き方が外見に表れて本質が見える時、

非常に美しいと感じることもあります。

つまり、どちらにも美しさを感じます。





しかし私自身は、できれば、

死ぬまでデニムもハイヒールも

履きたいと思っていますし、多分、

すべてが白髪になるまでは、染め続けることでしょう。

(全部白髪になったら全部白髪にしようと思う)

例え多少体に悪くとも、鏡で見て、うわわ・・・

何かいや・・・と、精神衛生上良くないよりは

気分が上がった方が病気になりにくいしで。





しかし、自然体のままの人をも、

本当に美しく感じることもあります。

例えば、「みさおとふくまる」のみさおおばあちゃん。

なんだか彼女の写真集を見て、涙が出そうなくらい、

美しさを感じました。




91qlERrCyAL.jpg
みさおとふくまる





しかし逆に、外見をどんなに美しく着飾っても、

なぜか美しく見えない人もいますし、

なぜ、みさおおばあちゃんのような

シワしみだらけであっても美しく感じることも多々あります。





それが、内面が外見に反映されてる

ということなのです。







内側から滲み出るもの、それはバランスのとれた、

謙虚さと自信の表れだったり、

その自信は、例え自らの姿形が、別にモデル体型でなくても、

自分を認めている気持ち、そして、私心のない笑顔だったり・・・

そういうものが、外見美にとらわれない

美しさを表現しているのかもしれませんね。





かといって、

あきらめた時に起きる罠もあるのです。

ある女性が言っていました。

ある一定のラインを超えると、

美に関して諦めてしまう、と。





そこから、自然体の方に身を任せてしまい、

しかし、自分の欲望と自然に任せていたら、

太りすぎて、老年になってから、膝の痛みに

苦しんでいる、とも聞いたこともあります。





どこかで自分基準を持って、

健康体をキープする、ということは、

神様からお借りしているこの身体への敬意でもあると

私は思っています。ですから、大切に。





食べるものも、ある程度の運動や、

体を酷使し続けないことや、メンタルに負荷をかけすぎない、

ゆる〜くではありますが、体という器に関して、

完全に諦めることは私はそれを許したくないと思っています。





そして、どうやっても、

歳をとればとるほど、

心が顔に表れるのです。






それは40を過ぎたあたりから

如実に表面化してきます。私の個人的な経験では、

30代はお若いから、さほど顔に現れないのですが、

40過ぎると、結局心の癖が顔に刻み込まれてきます。





だからこそ、美しいものを美しい、と思える、

心の美しさは大切なわけです。


結局全て目の前にあるものは、自分の心の中を

表してくれるものだから、わかりやすいです。





美しい花を見ても、美しさを感じない人がいます。

美しい夕焼けを見ても何とも思わない人もいます。

美しいものを美しいと思える感受性は

若いうちから備わっている場合もありますが、

大抵は、年を重ねて、なぜかそうしたものが

心に染み入るようになってきます。





それも経験値によるものなのでしょうが、

美しいものを美しいと感動できるその心は、

心の美しさを養うのに必要だと私は思います。





それは、あたかも、容姿が整った、

外見美をキープしている人だけを

美しいと感じるわけでもなく、

自然体のシワだらけの女性が美しく感じるのと同様、

バラや芍薬、カサブランカのような立派な大輪だけが

美しいのでもなく、道端に生えている雑草や、

山に生えているアザミのような花たちからも

美しさを拾えるアンテナがあるといいのかな、と思います。





外見は衰えていくのに、なぜか年を重ねれば重ねるほど、

輝いている女性、愛情に満ち溢れた人になれたら、

それは外見がどんなであったとしても、

美しい女性に見えるのでしょうね。





女性と美しさって、切っても切れない関係です。

諦めそうになる、美。忘れそうになる美。

そして、通り過ぎてしまいそうになる、

自分の存在する世界にある「美しいものたち」。

アンテナを張っていきたいと思うのでした。





さて、今日は7月最後の日。

2017年からマイケル手帳を使おうかな、と

思われている皆様。慣れるために使っておくことおすすめです。





2016年はあと5ヶ月もあります。

書き出しワークが付いていますので、

ダイヤリーとして使わなくても、自分の内側と向き合う

ワークブックとしてご活用くださいませ。

全部で39個の質問、そして他には4つのワークが付いています。

来年はパワーアップしますので、どうぞ、使ってみてくださいね。

ではまた明日。



E6898BE5B8B3E38080E8A1A8E7B499.jpg
書くだけで行動力が身につく! 思い通りの人生になる未来手帳







美人になる方法@ワタナベ薫 at 23:12 | コメント(1) | 美人の美意識
この記事へのコメント
こんばんは。
40代後半の女性です。
ありがたい事に、昔から、そして今でも、会う方から綺麗だと言っていただけます。
最近まで、外見が自分の一番の長所だとなかなか認められなかったのですが、今はありがたい事だと受け止めるとともに、これからも内面とともに磨き続けようと思います。
少しずつ、永く^^
ブログアップ楽しみにしてます。
Posted by さん at 2016年09月01日 19:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]



【コメントをされる方へ】

明らにアクセス誘導と分かるような宣伝のコメントは、こちらの判断で削除させていただきますので、ご了承ください。また、ワタナベに御用のある業者の方は、コメント欄ではなく、トップのメニューバーの「ContactUs」よりお入りくださいますよう、お願い申し上げます。個人的に、このコメント欄はとても大事にしておりますので、どうぞご理解頂ければと思います。皆様のご協力に前もって感謝申し上げます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。