【オリジナル商品】
バイノーラル音源入りアファメーションCDセット
バイノーラル音源入りアファメーションCD「MindSwitch」

2015年度音声プログラムの製品CDの一般販売を開始しております
お金に好かれる人になるMoneyReprograming

ワタナベ薫の音声教材などの一覧はコチラ
ワタナベ薫の音声教材などの一覧




2016年07月25日の美人になる方法
テーマ:美人のマネー術

主婦のヘソクリ事情

shutterstock_74746480.jpg





今日はちょっと面白いサイトを見つけたので、

そんなネタを・・・ズバリ主婦のヘソクリ。





全国平均の金額はいくらだと思いますか?

調査結果、というのが色々とありまして、

平均400万円、というサイトもあり、

平均170万円、というサイトもあり、

平均110万円、というサイトもあり、

どこを参考にしていいかわかりません。

しかしながら調査結果では、

主婦の4割以上がヘソクリをしているそうです。

マイナビニュース参考





私、LALAの補正下着のビジネスをはじめた時に、

一つ驚いたことがありました。

多くの人々が、私経由で補正下着を買いました。

ご存知の通り、補正下着は、一般で売られているものよりも高く、

(それでもLALAは安い方で上下10万くらい)

そんな中でも、主婦の皆さんが、洗濯分も合わせて、

2セット3セットを買われるのです。つまり、

20万〜50万円くらい補正下着にお金をかけるわけです。

(お直ししながら長い間着れるので、他店と違ってお得ではあります)





その時に、私の固定観念は崩れて、

いい意味で、お金に対する見方が変わった瞬間でもありました。

一般の主婦ってお金を持っているんだ・・・

結構、ヘソクリをしているんだ・・・と。

びっくりしたわけです。





もちろん、これを読んで、家計に余裕がなくて、

ヘソクリなんてできない、とがっかりされる人もいると思いますが、

気にする必要はありません。家計がカツカツの時期もあるのですが、

乗り越えることを望めば、豊かになれる可能性はあります。

ぜひ、お金の勉強をしてください。





で、話を戻しますが、

多くの主婦はヘソクリを貯めています。

今思えば、うちの母も父にはわからないヘソクリを

コツコツ貯めていました。

理由は「何があるかわからないから」





そんな、ネガティブな理由で貯めていまして、

結局、何かあって(思いもよらないハプニング系ね)、

自分の喜びのために使うことなど一切なく、そのヘソクリは、

事故起こしたとかリフォームが必要になったとか、

お風呂が壊れた、とかそんなことに使うことになっていましたが。





一般の調査結果による、ヘソクリをしている理由には、

子供のため、家族のレジャーのため、交際費、

生活費の補填、などが挙げられていましたが、

ここに、自分の喜び、自分ご褒美のため、

というのがないんだな・・・と思いました。






ま、子供も家族のため、も、自分の喜びでもありますもんね。

そういう意味では、いいヘソクリの使い方だとも思います。





ちょこちょこ貯めて、自分だけのご褒美、

というのもあってもいいのかな、と私は個人的に思います。

自分へのご褒美は、脳の報酬系が満たされるので、

行動力がアップします。





これが終わったら、ご褒美がある!との思いは、

行動が軽くなり、何かを自分のために買った時の喜びは、

脳内では興奮物質が出て、そして再び

次なる行動につながるのですから。





私個人は、ヘソクリはなし。

全部私のものだから わははは!

俺のものは俺のもの。

お前のものも俺のもの。

女ジャイアン!(笑)







でも、昔はしていましたよ。コツコツと。

100万円とかはたまりませんでしたが、

数万円たまったり、十数万たまったり・・・

でも、たくさん溜まることはなかったかな。





皆さんはヘソクリしていますか?その理由は?

そして、もし自分のためにヘソクリをして

何かを成し遂げた時に、ご褒美をあげるとしたら、

何を買ってあげたいですか?





うちの母のような

「なんかあった時の」ヘソクリではなくて、

楽しいヘソクリができたらいいですね。

ではまた明日。




美人になる方法@ワタナベ薫 at 00:00 | コメント(0) | 美人のマネー術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]



【コメントをされる方へ】

明らにアクセス誘導と分かるような宣伝のコメントは、こちらの判断で削除させていただきますので、ご了承ください。また、ワタナベに御用のある業者の方は、コメント欄ではなく、トップのメニューバーの「ContactUs」よりお入りくださいますよう、お願い申し上げます。個人的に、このコメント欄はとても大事にしておりますので、どうぞご理解頂ければと思います。皆様のご協力に前もって感謝申し上げます。