【オリジナル商品】
バイノーラル音源入りアファメーションCDセット
バイノーラル音源入りアファメーションCD「MindSwitch」

2015年度音声プログラムの製品CDの一般販売を開始しております
お金に好かれる人になるMoneyReprograming

ワタナベ薫の音声教材などの一覧はコチラ
ワタナベ薫の音声教材などの一覧




2016年06月08日の美人になる方法
テーマ:美人の美意識

美人オーラと威圧オーラの違い

shutterstock_128877811.jpg





大それたブログタイトル「美人になる方法」の当ブログも、

なんだかんだで今年の秋で10周年。早えーのー。





お読みになってみてお分かりの通り、

当ブログは、造形的な意味での美人になる方法など、

ほとんど書いたことなどなく、

メンタリティが造形的なことにも影響を与える、

ということで、メンタルヘルス、そして

夢を持つことで女性としての美しさを作ることを目的とした

記事を書き続けてきました。





と言っても、ワタクシこう見えても

「美人」ということについて、

かなり研究もしていた時期もありました。

もう興味がなくなったのでやめましたが。





実際に、きつい話ではありますが、

外見的な美人の方が金銭的に多く収入があるとかのデータや、

美人の方が信用されやすいとか、赤ちゃんでさえも

外見で判断している、などの実験や、研究データも

たくさんあったり、そして、世の中の「美人」

と言われている人たちは、整形学的な意味での

美人の黄金比に該当しない人々も美人に見える、

という嬉しいことをおっしゃる

美容整形の先生もいらっしゃいました。





私が思う美人に関しても、後者であり、

造形的な美人ではなくても、美人に見せることはできる

そして、メンタリティが外見的にもかなりの

影響を及ぼすことは間違いない、と思っております。





さて、本物の美人は、

自分のことを美人であると認識しているかどうか?

実はこの認識度合いが美人オーラであるか?

威圧オーラであるか?に、違いを与えると言えます。





美人の人は自分が美人であると認識しているか?





これについては千差万別です。

まず、他の人から、「美人ですね」って言われることがあることで

「え?私って美人なの?」と気付かされる人がいますが、

それを受け取れない人は、結局自分が美人であることを

認識していない、ということになります

中には謙遜して言っている人もいますが、

本当にそう思っていない人々もいます。





自尊心が欠如している人にいくら

「あなた、美人ですよねー」と言われても、

それを素直に受け取れないので、自分が美人であると

認識していないものです。





私の周りにいる美人さんたちは、

造形的にも絶対に美人ですが、それをあまり強く認識していません

少しは認識しているとは思いますが。強くはしていない。





美人に関しては、彼女たちの美人の基準は、

芸能人であったり、モデルであったりするものですから、

一般的に「美人ですね」という褒め言葉をあまり受け入れない、

信じない、そう思わない、という傾向があり、

もっともっと美しくなるために努力しています。






美しさにゴールはないので、

過度に自分が美人であるとは認めないのです。

だから、痩せているのに痩せなきゃ、とか

シワなんて目立たないのに、このシワなんとかしなきゃ、

とか、美に関しては、認めたいことでまだまだ上を目指し、

日々努力している美人さんもまた多いものです。





だから、なんか彼女たちはサバサバしていて、

「私美人でしょ?」のオーラを発していないので、

余計に近づきやすい美人オーラを発しています。

美人がモテる秘訣もそうですね。

モテない美人というのもいまして、それは自分が美人であると

強く認識し過ぎていて、威圧オーラを発している場合です。





威圧オーラを持っている人とは?

これは、美人でも美人じゃない人でも、

そのオーラを発している人がいます。どういうことか?





それは、相当自分が美人であると強く思い込んでいる。

これは外見的に本当に美人であっても、

外見的に全くもってそうじゃなくても、そうなる人がいます。





ちょっと間違えば、自己愛パーソナルティ障がいに近いか、

それに類するケースがあります。

極端なうぬぼれと、自己に対する誇大性と

特別扱いされたい、他者からの賛美されたい欲求が

表面化してしまっているケースに見られます。

自己愛パーソナリティ障害についてはこちら




これが威圧オーラになってしまう可能性があるのです。

せっかく本当の美人ならば、とてももったいない話なのです。

だって、美人であると、そんなに自分が思い込まなくても

他人から見て美人だ、と思われるわけなので、

自分が美人であると吹聴しなくてもいいので。





自分では、自分が美人であると認めるくらいにしておいて、

あとは他人様に褒められて「ありがとうございます」と

言っていた方がいいわけです。





つまり、外見にしても能力にしても、

謙虚さがある程度現れていないと、

威圧オーラになってしまうので、注意が必要です。





お金にしても上には上がいますし、

美に関しても上には上がいるわけですし、

そもそもそれらは個性ということもありますから、

外見的な美は上も下もなく、他者と比べるものではないのです。





威圧オーラは別名、

勘違いオーラでもあります。






自信を持つことはとても大切なのことですが、

しかし、自信を持ちすぎて、自分って他人と違う世界の人、

・・・などのような選民意識を持ってしまいますと、

この勘違いオーラは、どんどん発揮していきます。





勘違いオーラは、自分では見えないので厄介です。

そして、勘違いオーラを発しても、残念なことに

他人様は、「勘違いオーラ出ているよ?」とは

教えてくれないのです。





これだけは自分でなんとかしなければならないのですが、

それは、等身大の自分を見ることと、

謙虚さが必要になります。





そのような資質こそが、日本人女性の

本当の恭しい美しさを発揮し、透明感のある、

多くの人々に好まれる美しさを発揮するのです。





バランスのとれた自信と、それでいて、

美しさにもまだまだ伸びしろあるね、

と思って、美を諦めず、かといって、

美に執着もせず、美しくありたいものですね。

ではまた明日。


美人になる方法@ワタナベ薫 at 00:00 | コメント(2) | 美人の美意識
この記事へのコメント
ご自分の事をおっしゃっておられるのですか?
Posted by 宮下静子さん at 2016年06月08日 05:51
ワタナベさん

ワタナベさんが前より有名になってきて
最近思うこと…

ワタナベさんの文章を自分とは違う解釈をする方達も多いのだなぁ〜と。

それはワタナベさんに対してだけではなく
身近なことや、すべての人間関係であてはまりますよね!
話す言葉が自分の本意通りに伝わらなかったり、
自分も相手の本意通りに受け取らなかったり‥
ワタナベさん流に言えば、人は受け取りたいように解釈していると言う部分もありますが、
誤解というケースも多々ありますよね。
それで親しかった人とこじれてしまったり。
こじれたものに執着して、どうにかしようと悪戦苦闘した日々がありました。
どうにもなりませんで、執着を手放すよう試みています。
自然に手放せた時、ワタナベさんがおっしゃっていた相手の幸せを祈ることさえできる自分になれるのかなぁと思います。

私も顔は美人ではありませんので雰囲気美人を目指して研究を重ねた時期がありました、
ワタナベさんと全く同じ年代なので最近は外見には限界を感じ(笑)小奇麗にしていようとは思いますが、年を重ねるほどに心の在り方が顔に現れるのでやはりそれが大きいな〜とひしひし感じてます。
シワが増えて、たるみも…
でも心美人に過ごしたいです。
長々と失礼しました。
Posted by もーちゃんさん at 2016年06月08日 16:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]



【コメントをされる方へ】

明らにアクセス誘導と分かるような宣伝のコメントは、こちらの判断で削除させていただきますので、ご了承ください。また、ワタナベに御用のある業者の方は、コメント欄ではなく、トップのメニューバーの「ContactUs」よりお入りくださいますよう、お願い申し上げます。個人的に、このコメント欄はとても大事にしておりますので、どうぞご理解頂ければと思います。皆様のご協力に前もって感謝申し上げます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。