【オリジナル商品】
バイノーラル音源入りアファメーションCDセット
バイノーラル音源入りアファメーションCD「MindSwitch」

2015年度音声プログラムの製品CDの一般販売を開始しております
お金に好かれる人になるMoneyReprograming

ワタナベ薫の音声教材などの一覧はコチラ
ワタナベ薫の音声教材などの一覧




2016年06月06日の美人になる方法
テーマ:美人の人間関係

当たり前だけど、他人は自分の思い通りに動かないよ

shutterstock_109115501.jpg

「だってダラダラしたいんだもの」





私たちのイライラの原因の多くは、

他人が期待通りに動かない。

思ったとおりの言動をしてくれない。

そんなところにあります。





子供が部屋を片付けない

宿題をしない、明日の準備をしない

夫が家事を手伝ってくれない

夫が優しくしてくれない

愛情表現をしてくれない

同僚が仕事をサボっておしゃべりが多い

社長がいつも機嫌が悪くて怒ってっばかりいる

姑がしょっちゅう家に来てウザい





はたまた、政治が・・・

国が・・・

世界情勢が・・・





・・・などなど、

自分の思うようにいかないことが

世の中、何て多いことか!





というか、

そもそも他人は、コントロールできないもの。

というか・・・





自分でさえ思い通りに動かないのに、

ましてや他人があなたの思い通りに

動くわけがないのです。

それを認識していますと、

心おだやかなものです。






自分の常識と、固定観念を他人にも適用するので

そう動いてくれないからイライラするのです。





例えば、子供の宿題をあげて考えてみましょうか。

子供がいない人が子供のことを論じると不快に思う人がいますが、

ここは、子供でなくても一つの考えとして捉えてみてください。





例えば、宿題は家でしていくもの、という常識があったとします。

あなたは、それが当たり前だと思っていることでしょう。

なぜそう思いますか?社会のルール?

自分も子どもの頃そうしてきたから?

みんなもそうしているから?





・・・などなど自分の考えがあり、

子供にもそうすベきであると教えるかもしれません。

そして、子供がそれをしないと、母親であるあなたは超イライラします。

なんでこうも、自分と違うのか?

宿題しなかったら学校で怒られるでしょ?困るでしょ?

社会のルールが守れない人間になってしまうでしょ?

とイライラ超えて、毎度毎度怒りにまでなります。





しかし、宿題をしないで行って、困るのは子供です。

一度、困ってみればいいのです。嫌な思いをしたらやることでしょう。

先生に怒られても怒られても、やらない子供だったら、

逆に「なんか細かいことで動じない大物になりそう」

なんて私は思いますけどね。世の中の天才と呼ばれている人、

成功者もそういう資質があります。





母親がガミガミ何度怒っても改善なしなら、

その方法は効果なし、ということでしょう。

子供は宿題をしていくもの、という期待を捨ててみる。





子供に、学校の決まりごとを守る、ということを

教えることも教育の一環でしょうが、

「責任」というものを教えることも親の責任とも言えます。





やらなかったら、怒られる。

子供としての責任があるのだな、というのを

経験を通して学んでいくわけです。

ちなみに、私は親には一度も宿題をしなさい、

と言われたことがありません。そして、

中学生以降は宿題も、ほとんど家でやったことがありません。

困ったこともあれば、困らなかったこともあり。

嫌な思いもしたので、時々はやっていく、みたいな感じでした。





夏休みの宿題はいつも二学期が始まってからの持ち越し。

頭のいい子に見せてもらったりしていました。

でも、なんとか試験勉強はしましたけどね。

あまりにもバカだと、大人になってから困るかな〜?

とか思ったのでね。自己責任の範囲で動きました。





子供の例えが長くなってしまいましたが、

あくまでたとえですからね?宿題しなさい、って

いってはいけない、ということではありませんし、

子供が未成年のうちは、社会のルールを親が教えるのも

当然なのかもしれませんが、それでも子供も、

あなたの人格とは違う一人の人間である、ということ。





お子さんのみならず、どうしても、周りの人々が

自分と同じような価値観でいてほしい、

そうなってほしいけど、そうならない。

だから思うように、動いて欲しくて、自分の価値観を

押し付けたり、戦略練って相手をコントロールしようとすると、

(さげまん女のやること)本当に疲弊します。





他人のことでイライラして疲れているよりは、

他人は思う通りに動いてくれない

と思っていた方が、本当に楽ちんです。





夫に台所の洗い物を頼んであなたは出かけたとして、

夫は洗ってくれるか?くれないか?うーん、

半々の確率だな、と思ったら、頼みはしたけど

やっていないかもね、と期待しない。

でも帰ったら、やっててくれた。すごーーーい!

ありがと〜〜!嬉しいーーー!となります。





相手に対する強い期待は、執着になります。

執着は何にしても、叶いにくいのです。






私がここまで生きていて学んだことの重要な部分は、

期待しないと「すごい生きるのが楽ちん!」ということです。

私は、他人からいい意味での期待であっても、どちらかというと

重く感じたり、プレッシャーに感じることが多いです。

放置してもらっていた方が楽。





これは資質の違いもありますので、

期待が嬉しい、という人もいますが、

過度の期待は、相手を苦しくしますので、

何事に対してもあまり期待しない方がお互い楽です。




それも愛。

これも愛。

たぶん愛。

きっと愛。






どっかで聞いたことがあるね(笑)

他人をコントロールなどできないことを知ると、

楽に生きられるもの・・・と言いつつ、

私はマイケルにコントロールされっぱなし。

トイレ行きたいんだけど、我慢してしまうのでした(笑)





13394061_1134623566601687_6437608201763083463_n.jpg





ではまた明日ー。



美人になる方法@ワタナベ薫 at 00:00 | コメント(0) | 美人の人間関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]



【コメントをされる方へ】

明らにアクセス誘導と分かるような宣伝のコメントは、こちらの判断で削除させていただきますので、ご了承ください。また、ワタナベに御用のある業者の方は、コメント欄ではなく、トップのメニューバーの「ContactUs」よりお入りくださいますよう、お願い申し上げます。個人的に、このコメント欄はとても大事にしておりますので、どうぞご理解頂ければと思います。皆様のご協力に前もって感謝申し上げます。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。