【オリジナル商品】
バイノーラル音源入りアファメーションCDセット
バイノーラル音源入りアファメーションCD「MindSwitch」

2015年度音声プログラムの製品CDの一般販売を開始しております
お金に好かれる人になるMoneyReprograming

ワタナベ薫の音声教材などの一覧はコチラ
ワタナベ薫の音声教材などの一覧




2016年05月16日の美人になる方法
テーマ:美人のライフスタイル

何歳からでも花開く 

T テリさんプロフ.jpg
テリさんの作業風景





これからの、僕の作品は、

人生の最後の花になるだろうと思って、

命と魂をかけて作っています。

今を生きよう!

自分の人生に意味をつけよう!


シファ・テリ氏からの当ブログの読者さんたちへ





今日の記事は、テリさんの作品集を見ながら、

記事を読んでみてくださいね。

すべてテリさんのジュエリーの作品になります。





T とんがりリング.jpg
このデザインのリング、この度の目玉商品に入っています。





私が、テリーさんのジュエリーが好きな理由は、

作品一つ一つにストーリーがあることや

何よりもそのユニークなデザイン性に、

惚れ込んでしまったわけですが、

それに加え、その製作者である彼の生き方に

感銘を受けています。





T モノクロ女性.jpg
ブレスが作品





作り手の波動は、

作品に反映されるから。






そして、そのデザインはまるで自分の人生のテーマを

具現化したとしたら、こんな感じのジュエリーに

なりたい、というのが好きな理由の一つでもあります。





T スカルリング.jpg





私は、持ち物全般は、自分を具現化したとしたら?

というイメージで物を選んでいます。

車だったら、ファミリーカーというよりもスポーツカー、

バイクだとしたら、ドカティじゃなくてやっぱり

ハーレーのようでありたい、バッグだったらケリーのように

上品でありたい(こう見えてもグレースケリー好きです)。

そして、ジュエリーだったら、テリーさんが作る作品のように、

個性的でユニークなデザインでありたい、とか。





T GAGA.jpg





先日も、記事で書きましたが

彼がこのジュエリーを1から学び始めたのは、

50歳の時だったそうです。





T 仁王立.jpg





私もあと1年で50歳ですが、

その歳になってから、どこかスクールに行くわけでもなく、

独学だけで、ジュエリーの作り方を、

テリーさんは学んだのです。





T 黒ドレス.jpg






その前の職業では、一代で財を成す成功者でしたが、

お金では買えない素晴らしいものを世に残したい、

子供や孫たちに残したいと思い、この世界に入り、

そのセンスのいい作品は、あっという間に、

ハリウッドスターや、ハリウッド映画、あのGAGAの

撮影でも採用されたこともあるくらい。

そして、世界のトップモデルや、デザイナーも愛用している、

という世界のジュエリーになっていったのです。





T モノクロスレンダー全身.jpg






こうしたストーリーを聞くのは、本当に楽しいですね。

そして、我々アラフィフ時代にとっては勇気と希望になりますし、

彼自身、現在60歳でいらっしゃいますが、

これだけ有名なジュエリーになってもまだ、

日本で販売する分に関しては、自らの手で作っているのです

そして、作品に一切の妥協を許さない完全たる

職人気質なのです。





T 黒ファー.jpg





今は、実際にテリーさんが一つ一つ作られていますが、

今後は、どうなるかはわかりません。

きっと彼自身が作ったジュエリーはプレミアムが

つくと勝手に想像しています。




T タバコ.jpg





さて、あなたは現在おいくつですか?

テリーさんは50歳から独学で始められましたが、

もっともっと年齢がいってから、60歳、70歳、

そして80歳過ぎてからも新たなことにチャレンジして、

成功された方は世の中にはたくさんいます。





T ジルコンブレス.jpg






昔は、自分の持っている得意なことや

作品を広める手段がなかったですが、

今は、ネットがあります。そしてご年配になってからも、

ネットを学び、そこで自身で発信する場所、

表現の場所があるのです。





T 水着.jpg






まずは、好きなことを極めてみることですね。

商売にしよう、などど考えず、まずは、

好きなことを極めてみる、好きなことを継続してみる、

そこから何かが生まれるかもしれません。

そして、そのやっている様子を他の人に見てもらう。

それを見た人が励みとして自分も何か始めたり、

そして、そのやっていることが商売に繋がる

可能性もあるので。





T 女二人.jpg






実は、私の関わっている人々は

職人気質な人が多いのです。

妥協がない。インスタントじゃない。

極めている。知識がある。その分野においての

超オタクである、とうこと。

私はそんな人々に憧れています。





さて、テリさんの作品は、自分を底上げしてくれる

背中を押してくれるような、そんな存在です。

自分の自信のないところを、パワーストーンと、

その作品全体が自分を強くしてくれているのです。





T ワタナベフォト.jpg






私も節目の50歳から、

何か新しいことをしたくなってきました。

10年それを続けたら、60歳で花開く・・・

何だか若い人たちにとって、希望となり、

いつからでも行動できて、そして、成果を出せるんだ、

ということの励みになるかもしれませんね。





今月末に49歳になり、40代最後の一年を過ごしますが、

その1年間で、何をしたいか?何か新しい趣味を

見つけてみるのもいいかな、と今日の記事を書いてて

思いました。10年後私は59歳。

みなさんは何歳でしょうか?





10年後、こうしてまたこのブログをはじめとする、

SNS上でその時も交友があり、

あの時のブログ(この記事ね)がきっかけて始めたことが、

今は思いもよらない形で花開きました〜〜!」

・・・なんて読者の皆さんからコメンントいただけたら

嬉しいですね。これからは、高齢になればなるほど、

それでも何かができました、というのが注目されます。




若くて綺麗は当たり前。

60代でも若々しかったら、

それだけでビジネスにもなります。

若くて体力があるのも当たり前。

しかし、60代、70代でも、30代のようにしなやかに

運動ができていたら、多くの人々の希望となります。




あなたは何をしますか?

今でもあなたという花は開花していると思いますが、

さらに、10年後、20年後、何で花咲かせていますか?

何のプロフェッショナルになりたいですか?

楽しく人生を歩むためにそうした趣味があって、

それがビジネスになるとより一層楽しいかもしれませんね。





=====================


ちょっとだけ最後に告知させてください。

20、21、22日の大阪の販売展示会ですが、

まだ余裕がございます。先日のテリさんのブログ記事

この度は、私も展示場に行くことにいたしました。

ただ・・・三日間すべての日、そしてすべての時間、

私は会場にいるわけではないので、もしお会いできましたら、

それまた「運」ということで。

詳細はこちらから





今回は、展示販売会は、購入を検討してくださるお方のみの

ご予約を頂いておりましたが、いつか、買わなくても、

見ていただけるようなそんな展示会も開催できるよう、

頑張りますね。何かと経費などもかかりますゆえ、

この度は、ご了承下さいませ。





しかしながら、もちろん、無理なセールスは一切ございません。

お気に召すものがございましたら、

お声がけくださいませ。またテリさん直々、

あなたにあったものをご提案もできます。





最後に、私の読者様が、

息子への20歳のプレゼントということで、

世界にたったひとつのジュエリーをオーダーされたそうで、

昨夜、手元に届いた、とメッセージがありました。






T あさこさん.jpg





下は、1967年のパラサイト隕石をあしらったメンズのネックレス。

ヘマタイトのチェーンとシルバーチェーン、2wayにできるように

デザインされています。宇宙パワーが入っていますね。





そして、その上が、ラリマーのネックレス。

これは、母親ご自身の、20歳まで育て上げました、

の、子育て終了を記念してのご褒美ジュエリーだそうです。

なんとも美しいラリマーです。

家のサイドボードの中に飾っておきたいくらいですね。





本日、ホテルからの更新でした。

約束していた打ち合わせがなくなって、

何もせずにゆっくり過ごせたホテルステイ。

本日二つの打ち合わせをして仙台に帰ります。

マイコーが待っているー。ではまた明日。






美人になる方法@ワタナベ薫 at 00:10 | コメント(0) | 美人のライフスタイル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]



【コメントをされる方へ】

明らにアクセス誘導と分かるような宣伝のコメントは、こちらの判断で削除させていただきますので、ご了承ください。また、ワタナベに御用のある業者の方は、コメント欄ではなく、トップのメニューバーの「ContactUs」よりお入りくださいますよう、お願い申し上げます。個人的に、このコメント欄はとても大事にしておりますので、どうぞご理解頂ければと思います。皆様のご協力に前もって感謝申し上げます。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。