【オリジナル商品】
バイノーラル音源入りアファメーションCDセット
バイノーラル音源入りアファメーションCD「MindSwitch」

2015年度音声プログラムの製品CDの一般販売を開始しております
お金に好かれる人になるMoneyReprograming

ワタナベ薫の音声教材などの一覧はコチラ
ワタナベ薫の音声教材などの一覧




2016年04月04日の美人になる方法
テーマ:美人のメンタル

がんばり過ぎてる女性たちへ

shutterstock_372309667.jpg





がんばり過ぎている人は、

「過ぎている」ということに気づかないものです。

これが普通なんだ、とでも思っているのでしょう。





がんばることが、喜びと快楽であるならいいですが、

もし、疲れが長い間取れない、もう、休みたい・・・

そんな気持ちが長く続いている人であれば、

がんばり「過ぎている」人です。





私も長い間、がんばり過ぎている人の一人だったので、

「このままの状態でずっと生きているんだろうか?」

と思ったら息苦しくて、もう、明日がこなくてもいいや、

と思いながら生きていたこともありました。





もしかして、皆さんもその中のお一人かもしれません。

もちろん、人生、ものすごーーーーーく

頑張らなきゃならない時期もあるものです。

「人生ここが頑張り時!」という方は、

そのまま頑張りましょうね!そういう時もありますもの!





しかし今、苦しんでいる人、頑張っている人、

不安にさいなまれている人、もう疲れた人、

はたまたもう、昔の私のように、明日がこなくてもいい、

と思う人ももしかしたらいらっしゃるかもしれません。





もう、身も心もボロボロ・・・と月並みの言葉が

ピッタリ当てはまってしまうほど、

疲れきってしまったかのように感じながらも、

それでも明日もまた仕事に自分の身を

引っ張っていかなければならない状況の人。





それでも、私たちは、死ぬまで

生きていかなきゃならないんですよね。





しかし、その苦しい状況がずーっと続くのでなければ

何とか、生きていくことができるのではないでしょうか?

もし、そのつらさや苦しさが、もし、あとちょっとで終わるとしたら、

楽勝ですよね。今まで頑張ってきたんですもの。





マラソン選手は42.195キロメートルという長い距離を走ります。

最初の10キロ20キロは気持ちよく走れます。

自分のペースでリズムもしっかりしており、呼吸も乱れません。





しかしだんだん苦しくなってくるのです。

もう、口から心臓が飛び出るか?と思うくらい、

もしかして死んでしまうか?と思うくらい苦しい人もいます。





特に35キロ地点、残り7キロくらいになると、

辛さが何十倍にもなるようです。

そのときは、もうゴールは見えません。

気を抜くと、体全体の力が抜けて転んでしまいそうです。

最初はゴールを意識して走っていますが、

その辺りになると、もういつ止まってしまうか・・・

と言う状況です。





そんなときに、「あの電信柱まで走ったらやめよう」と

目標を立てます。その電信柱まで走れました。

「次は、あの電信柱まで走ったらやめよう・・・」

次も、また次も・・・

そうやってゴールまでたどり着くランナーもいます。





しかしね、マラソンってね、途中で歩いてもいいのです。

途中で歩いたって、そのまま歩いてゴールまで行っても、

完走は完走なのです。






途中で、食べ物を食べたり、水分補給をしたり、

周りの景色を眺めならが、空を仰ぎながら

ゆっくり歩いても、ちょっとくらい、休んでも

全然OKなんですよね。フルマラソンって。





よく人生をマラソンに例えることがありますが、

きっと、辛いくて苦しい思いしてきたり、

頑張り通してきた人も、ずーーーーっと

走り続ける必要はないんですよね。

歩いてもいいわけです。





そして、あの電信柱まで走ったらやめよう・・・

と同じように、あと一日がんばったら、

少し休もう、と考えてもいいのです。

そして、人生走り続けることもなくて、

ゆっくり歩いてもいいし、休んでもいいのです。





現実的に休めるならば、是非そうしていただきたいのですが、

メンタル的に疲れが高じて、生きるのもしんどいときは、

「今日一日の区切りで生きよ」

(D・カーネギー)の言葉にあるように、

その日だけを考えて先のことは

全く考えないほうが得策だったりします。





その言葉は、息苦しく生きていた私を救う言葉でした。

今日1日くらいなら生きれるか、今日1日だけ生きよう、

なんて考えながら生活していた時に、

モモと出会い、そして笑顔が増えていきました。

いつの間にか、生きるのが楽しくなってきた。

そんな感じでした。





ま、高々50年弱やそこら生きてきただけの私が

誰に何をアドバイスできる立場にはありませんが、

多くの人々がこのたったの一行に励まされて

苦しさを乗り越えてこられたのは間違いないです。





そして、是非、可能ならば、がんばることを

ちょっとやめて、ご自身をいたわるための時間を設け、

自分が一番喜ぶことをしてみましょうよ。

それは生きる活力になるからです。





さて、自分が一番喜ぶ方法、ご存知ですか?

家族とのんびり過ごすことですか?

それとも、一人で映画を見たり、エステに行ったり、

もしかして、洋服を買うことでしょうか?





もう、寝て寝て寝て、寝まくることでしょうか?

(↑私はこれが一番効きました)

そのためには、それをするためには、ちょっとした

調整や周りの協力も必要かもしれませんね。





仕事をされている方は、休みを貰う必要もありますし、

ほんの数日間、家事から一切解放されるためにも、

家族の協力が必要かもしれません。





周りに迷惑を掛けてまで休んでいいのだろうか・・・

なんて思わなくていいのです。

だって、このままもし頑張り続けて

病気にでもなってしまったら、その方が迷惑です。

それよりも、つらさや疲れのマックスに到達する前に、

がんばることをやめて、どうかご自身をゆるめてあげてください。





是非、ご自分が一番喜ぶことが何なのか?

それを明確にしてみてください。

今日は4月4日、幸せの「シ」が二つですね。

楽しい1日になりますように。


美人になる方法@ワタナベ薫 at 01:49 | コメント(0) | 美人のメンタル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]



【コメントをされる方へ】

明らにアクセス誘導と分かるような宣伝のコメントは、こちらの判断で削除させていただきますので、ご了承ください。また、ワタナベに御用のある業者の方は、コメント欄ではなく、トップのメニューバーの「ContactUs」よりお入りくださいますよう、お願い申し上げます。個人的に、このコメント欄はとても大事にしておりますので、どうぞご理解頂ければと思います。皆様のご協力に前もって感謝申し上げます。