【オリジナル商品】
バイノーラル音源入りアファメーションCDセット
バイノーラル音源入りアファメーションCD「MindSwitch」

2015年度音声プログラムの製品CDの一般販売を開始しております
お金に好かれる人になるMoneyReprograming

ワタナベ薫の音声教材などの一覧はコチラ
ワタナベ薫の音声教材などの一覧




2016年02月07日の美人になる方法
テーマ:美人のメンタル

弱った自分の心にかけてあげるコトバ

shutterstock_321398660.jpg




そんなことも、あるある





きっと他人が落ち込んでいる時には、

その言葉をかけてあげることでしょう。

自分にもその言葉をかけてあげて欲しい。





人は往々にして、他人がつらい目に遭っているとき、

とても優しく接してあげることができます。





しかし、自分がつらい時は、我が身を省みず、

自分を責めたり、向上心ゆえなのかもしれませんが、

「本当にダメな自分だ・・・」とか、

「周りの人たちはすごいのにな・・・」とか

いらぬ1人反省や、自分攻撃をする人たちもいます。





自分は割とネガティブ思考だな、と思う人は特に!

一人反省会はいらないから。自分に自信のある人、

そして、その反省が次なるステージアップ、活力に変えて、

前に進む人はしてもいいですけど。






自分が弱いとき、まずは自分を一番慰め、

自分に一番優しくしてあげることが最優先。

私は本当に自分に優しいです。厳しくしません。

もちろん、過信は禁物だし、自信過剰にもならぬよう、

足もとは見守ってはいますが、それでも、他の誰よりも

我が身を大切にしていると思います。





自分に厳しい人はやっぱり他人にも厳しいのでね。

自分が自分に厳しかった時に、他人にも相当厳しかったから。





自分の弱さがわかっているので、他人がよろけそうになっても、

世間一般で言う「間違い」とか「道を外した」とか言う時でも、

ジャッジしたいと思わないし、それが当人の学びであることは、

自分の経験からもよくわかるし。





だから、自分が弱いとき、

自分の強さを知ることができる、

ということ。





自分が強いと思っていたのに、

自分の弱さをまざまざと見せられたりもします。

だから、まずは、自分の弱さも強さも認めつつも、

自分には一番、優しく、自分を顧みみて、自分を喜ばせ、

失敗しても、怒りが爆発しても、悲しくて立てなくなっても、





「そんなことも、あるある!」と

自分を励まし、大切にするのです。





人間ってそんなに強いの?

そして、人間ってそんなに弱い?






強さは弱さであり、

弱さは強さであったりするのです。






だから、どんな自分も受け入れながらも、

まず、自分を優しく扱いたいものですね。




================

さて、名古屋ではたくさんの方からお手紙や、

お土産、プレゼント本当にたくさん頂戴いたしました。

お花のアレンジメントなどの楽屋に届きました。

本当にありがとうございます。





あまりの数に、おひとりおひとりさまにお返事が出来ない状態です。

本当にごめんなさい。1人では手足が足りない状態です。

しかし、その愛をタップリ受け取りましたので、

これからもブログ記事を通して還元していきたいと思っています。

本当にありがとうございました。感謝申し上げます。

では、また明日!


美人になる方法@ワタナベ薫 at 00:57 | コメント(2) | 美人のメンタル
この記事へのコメント
落ち込んでる友達にアメブロのこの記事のURL送りました!何も知らないとうまくいかないとき自分を責めがちですよね・・・ワタナベさんのブログを読むようになって、どんなときも自分を否定しないようになりました(^^)ピンチでも無理に追い込むより、それでも大丈夫って思う方が気持ちも楽で結果も良くなりますよね🎵今回の試験それで乗り越えられたと思います!ありがとうございます✨
Posted by えみさん at 2016年02月08日 02:14
ワタナベさん、おはようございます。

とても心が癒されます。自分で自分を縛っていることに気づけず、でもワタナベさんの言葉でまたそれに気づけました。
ありがとうございます。
Posted by さやさん at 2016年02月08日 06:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]



【コメントをされる方へ】

明らにアクセス誘導と分かるような宣伝のコメントは、こちらの判断で削除させていただきますので、ご了承ください。また、ワタナベに御用のある業者の方は、コメント欄ではなく、トップのメニューバーの「ContactUs」よりお入りくださいますよう、お願い申し上げます。個人的に、このコメント欄はとても大事にしておりますので、どうぞご理解頂ければと思います。皆様のご協力に前もって感謝申し上げます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。