【オリジナル商品】
バイノーラル音源入りアファメーションCDセット
バイノーラル音源入りアファメーションCD「MindSwitch」

2015年度音声プログラムの製品CDの一般販売を開始しております
お金に好かれる人になるMoneyReprograming

ワタナベ薫の音声教材などの一覧はコチラ
ワタナベ薫の音声教材などの一覧




2015年12月26日の美人になる方法
テーマ:美人の美意識

40代からの老化とか美容とか外見の衰えやら・・・

shutterstock_105978281.jpg





40代からの老化や美容や外見の衰えについては・・・





諦めてもダメ

否定してもダメ

固執してもダメ

だけど見ないふりしてもダメ

かといって、

見つめすぎてもダメ






これらのことに関しては、

40代以降は、なんとも微妙な位置づけでございます。

諦めたらジェットコースターのごとく、落ちる落ちる(笑)





諦めた瞬間、頬っぺも落ちる落ちる・・・

緊張感がなくなれば、垂れる垂れる、

色んな所が容赦なく垂れる。





老化や加齢って書くと、

テンション下がりそうになりますが、

上手に付き合って上手に受け入れて、

ちょっとだけ抵抗してみて、

でも、抵抗し過ぎると、逆効果。





抵抗し過ぎは、若さばかりを追求することになり、

現実に直面した時に、ガッカリ度が、これまたつらいから。

そして、若い子と比較して落ち込んだり、

対抗意識を燃やしたり・・・

対抗しても無駄。年は若返りませんから。

そして、外見はどうがんばっても40代と違って、

若い肌はピチピチピチピチピチピチ・・・(笑)





また、40代以降の若さの過度の追求は、

イタさだけが目立つようになるので要注意。

「自分は若い!」との思い込みは、陰ながら持ち、

でも、表では決してそんなこと言ってはダメ。





自分の美しさは、自分と恋人とうちわで

大いに自慢してもいいけど、外には、

もっともっと若くて美しい人など五万といるのだから、

身の程をわきまえるのもこれまた大事。

品はそういうところにも現れるので。





久しぶりに、加齢と美について書きましたが、

もっと詳しくは拙著「美人は習慣で作られる」からどうぞ。

ちょっぴり辛口なワタナベのライトエッセイです。





美人は「習慣」で作られる。 [ ワタナベ薫 ]

美人は「習慣」で作られる。 [ ワタナベ薫 ]
価格:1,404円(税込、送料込)








老化とちょっぴり抵抗しながら、それでいて

美しく年を重ねて行きたいと思っている今日この頃。

すべてを受け入れてしまうと、奈落の底に行きそうなので、

若さの元と言われている『好奇心』だけは持ち続け、

女性であることも思い出しつつ・・・ですね。





今日は激ネムで、ズルして記事短めでしたが、

何か拾える点ありましたでしょうか?

ではまた明日。




美人になる方法@ワタナベ薫 at 01:05 | コメント(2) | 美人の美意識
この記事へのコメント
こんにちは

美人は『習慣』で作られる。 発売と同時に購入させて頂きました。

ワタナベさん…どんな『習慣』されてるのだろうと ワクワクと読ませて頂きました…

チョット美容に気を使われている方は…ご存知であろう内容ばかり だったことに チョッとガッカリでした。

それ以上のことをされていると思っておりましたので…

まぁ〜私の勝手な思い込みですが…

でも、ホント 気を付けないと簡単に坂を転げ落ちてしまいます。

おっしゃる通り 執着しすぎてもいけませんが ある程度は気を付けないといけませんねっ!

上手に折り合いをつけながら 年を重ねて行きたいものです。


Posted by さっちぃさん at 2015年12月26日 16:17
ワタナベさん、こんばんは。
年齢は違えど、美しくあることっていうのはやっぱり課題になるのかなと思っています。
同じ年齢の方でも私は比べてしまうので。街中でもついつい女性を目が追ってしまいます(笑)
でも、執着はせぬよう、思考を切り替えて、自分が頑張ったら良いことに思いを巡らせるようにしてます。ワタナベさんの記事を思い浮かべて。
背筋をシャンと伸ばして、年を重ねていけると良いなぁと思っています。
Posted by さやさん at 2015年12月26日 20:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]



【コメントをされる方へ】

明らにアクセス誘導と分かるような宣伝のコメントは、こちらの判断で削除させていただきますので、ご了承ください。また、ワタナベに御用のある業者の方は、コメント欄ではなく、トップのメニューバーの「ContactUs」よりお入りくださいますよう、お願い申し上げます。個人的に、このコメント欄はとても大事にしておりますので、どうぞご理解頂ければと思います。皆様のご協力に前もって感謝申し上げます。