【オリジナル商品】
バイノーラル音源入りアファメーションCDセット
バイノーラル音源入りアファメーションCD「MindSwitch」

2015年度音声プログラムの製品CDの一般販売を開始しております
お金に好かれる人になるMoneyReprograming

ワタナベ薫の音声教材などの一覧はコチラ
ワタナベ薫の音声教材などの一覧




2015年12月21日の美人になる方法
テーマ:美人のメンタル

〜涙のススメ〜 年を取ると涙もろくなるのはなぜ?

shutterstock_77760613.jpg




先月、遠い地から仙台まで対面セッションにいらしたクライアント。

クライアントは、「母もワタナベさんのファンで、

セッション後握手したいと言っているのですが、いいですか?」

と言われたので、セッション終了後、お母さんにもお会いし、

握手いたしました。





お母さんの笑顔が素敵で、

ファンになったのはこちらのほうで、

母と娘を見ていると、本当に

ほのぼのした気持ちになりました。





マンションの下でお見送りさせて頂いたとき、

二人の姿が見えなくなるまで、

二人の並んで歩く背中を見守っていたのですが、

お母さんが振り返り頭を下げる、

娘が振り返り頭を下げる、そしてお母さん、そして娘・・・

と交互に二人が振り返り、私の姿が見えなくなるまで、

ずっと頭を下げながら歩いている二人の姿を見て、

なぜかわかりませんが、涙が頬をツツツーとつたいました。





また、本日は、

かの感動を提供する竹泉荘に泊まっているのですが、

夕食が終わると「夜食にどうぞ」といつものように、

焼きたてのパンをくださいます。

今日はなぜか、2箱もくださったのです。





「ん?」と思っていたら、ウェイターが

「こちらは、料理長から亡くなったモモちゃんにです」と一言。





もう・・・もう・・・もう・・・感動しすぎて、

「料理長!結婚してください!!」

・・・じゃなくってっ!!(笑)





モモが亡くなったことを知ってもらえている、

そして、モモと私を気遣ってもらえている、

もうそれだけで、力を抜くと危うく涙がこぼれそうになりました。

竹泉荘の以前の記事はこちら 感動を与えるお宿 





でね、よく思うのですが、

若いとき、やっぱりそんなに感動ってしませんでしたし、

泣きもしませんでした。とは言っても、

私は、どちらかというと感情移入しやすいタイプで、

かつ、共感性が高いタイプなので、他人よりは

感情が動くほうなのですが、それでも今のように、

そんなに泣かなかったな、と。





若い時は、ドラマを見て涙することがあっても、

「いやいやこれ、フィクションだから〜」と

現実に戻るようなことを思ったり、

誰かがドラマ見て泣いていると「それ泣くとこ?」

とか思ったり・・・





そして、コーチと言う職業をするようになってからは、

セッション中は、あまりクライアントに感情移入と共感をせず、

常にニュートラルな視点をもつようなトレーニングを

してきたものですから、例えば、相手が泣いていても、

一緒に泣く、というようなことはしません。





それでも、年を取ってからと言うもの、

ドラマや映画を見て、フィクションだと分かっていても、

涙ダーダー流して号泣しますし、セッション以外で

友人が悲しければ涙が流れるし、大切な人たちが

苦しんでいれば、悲しみも怒りも、本人よりも出てくるし、

本当に、なんだか年を取ってからは以前よりもずっと

涙もろく、感情的になっているな、と思うのです。





一体どうして、年を取ると涙もろくなるのかな?と

思ったことありませんか?こんな説があるそうです。

涙もろさの原因として考えられることとして、

老化現象の1つであり、大脳の前頭葉の機能低下が起きて、

感情抑制のコントロールができなくなるから、

涙もろくなる、という説があるそうです。





ぬゎにぃぃぃ〜?

老化現象だとーーー??!!






しかし、これは、どうでしょうね?

私が思うに、それはちょっと違うような気がします。

と言いますのは、どちらかと言うと、

若い時よりも、年を取ると感情の制御は

むしろできているような気がします。





特に怒りと言う強い感情であった場合、

コントロールが難しいと言われていますが、

年を取ると、この怒りは若い時よりも抑制されています。

ま、怒るエネルギーがなくなったのかもしれませんがね?(笑)





年を取ると涙もろくなる理由は、

やはり経験を重ねて、つらいことも苦しいことも

うれしいことも、たくさんの経験があるからこそ、

一瞬にして、その現象にリンクさせることができて

感情が動く故に涙が出るのだと思います。





例えば、オリンピックで何かの種目で優勝した人が

涙を流しているのを見た時に、その涙を見て泣くわけではありません。

その背後にある厳しい練習や、つらさ、努力、挫折など

一瞬にして自分の経験とリンクさせて、勝手に、

「大変な中、がんばって優勝したんだ」と

想像させて、自分の感情が動くわけです。

それで涙がでる。





若い頃は、そういう経験が少ないために、

想像力も乏しく、涙するまでならないわけですが、

年齢を重ねた分、経験も数多くあり、リンクさせる事象も多く、

そして、その分感性が磨かれているので、

涙もろくなっているのでしょうね。





美しい夕日を見ただけで涙したり、

青い青い空を見ただけで感動して涙がにじんだり、

マイケルの愛らしいふわふわしたお腹を触っているだけで、

感謝の気持ちに満たされて、幸せで涙が出たり・・・





年を取って、そんな風に、

涙もろくなった自分が、

今はとても好きです。






今、モモがいなくなって、

胸の痛みが少しずつなくなっていって、

モモがいなくなることに慣れるのがすごくいやで、

モモがいなくなることが普通になっていくのもいやで、

誰かが、モモのことを気にかけてくれることに

喜び通り越して涙が出そうになります。

寂しい涙ではなくて、うれし涙です。





私は、定期的に泣いています。

悲しくてではなくて、映画やドラマを見て、

感情移入して涙が流れる、涙出たついでに

自分の悲しかったことなどにリンクさせて思いっきり泣く。

これが本当にいいストレス解消です。





涙の効能は、本当にたくさんありまして、

特に、泣いたあとは、脳内モルヒネと言われている

エンドルフィンという物質が脳内に放出されまして、

強い鎮静作用があるために、泣いたあとのすっきり感は

本当にすごいです。すがすがしい気分になれます。





心の浄化作用(カタルシス効果)もあるので、

泣いたあとは癒され感がハンパない!

モモのことで、一緒に泣いてくれた人がいました。

その人が泣いている所を見て、私も共に泣くことができ、

本当にすごい癒された気持ちになりました。

涙の効能の参考文献 





涙もろいのは、いいことです。

老廃物も涙と一緒に出てしまいますのでね。





よく笑い

よく泣き

時に怒り

もりもり食べて

よく寝て

よく遊ぶ







大人の私たちも、子供と何ら変わらず、

無邪気に生きて行きたいものです。

私は、中年の域に達した年頃ではありますが、

忘れたくないのは、無邪気な少年の心。

その調子で、2016年も大暴れしますので

来年度もよろしくお願いいたします。

ではまた明日。


美人になる方法@ワタナベ薫 at 00:47 | コメント(0) | 美人のメンタル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]



【コメントをされる方へ】

明らにアクセス誘導と分かるような宣伝のコメントは、こちらの判断で削除させていただきますので、ご了承ください。また、ワタナベに御用のある業者の方は、コメント欄ではなく、トップのメニューバーの「ContactUs」よりお入りくださいますよう、お願い申し上げます。個人的に、このコメント欄はとても大事にしておりますので、どうぞご理解頂ければと思います。皆様のご協力に前もって感謝申し上げます。