【オリジナル商品】
バイノーラル音源入りアファメーションCDセット
バイノーラル音源入りアファメーションCD「MindSwitch」

2015年度音声プログラムの製品CDの一般販売を開始しております
お金に好かれる人になるMoneyReprograming

ワタナベ薫の音声教材などの一覧はコチラ
ワタナベ薫の音声教材などの一覧




2015年11月19日の美人になる方法
テーマ:ワタナベの日記

優雅で上質な時間を演出 エルメス・シュヴァルドリアン

今日は息抜き記事で。

ハワイでは、色んなものを捨てる決意をして、

心が満たされ、物欲まったくなし!と書きましたが、

海外に行った際は、記念に何か自分ご褒美のために買ってくる、

というのを毎回続けているのですが、今回は、何も欲しくなくて、

ま、買わなくてもいいや、・・・なんて思っていましたが、

搭乗する日、最後にエルメスに何気なく入ってみました。





漆器類を見ていましたら、よく日本でも置いてある

数々のカップ&ソーサーがありました・・・が、

1つだけ、日本では見たことがあまりないような、

目が釘付けになるような作品(もう、商品と言うより作品)が

ありました。





エルメスの創業は馬具工房だったそうで、

それにふさわしい、馬の絵と、オリエンタルっぽい

金彩模様が何とも言えない高級感と親しみやすさの

コラボレーション・・・ってな感じで、

説明がうまくいかないのですが、

簡単に言えば、超私好みって、ことで。





値段聞いて、一瞬、元の場所に戻しましたが(笑)

店内一周して戻ってきた場所は、やっぱりこれ。

結局連れて帰りました。円安ドル高も手伝って、

お高い物になっていましたが、おうちで、

高級ラウンジでも出してはくれないような

カップ&ソーサーで優雅に贅沢なティータイムを過ごします。





エルメス 箱オープン.jpg






シュヴァルドリアン・・・

意味は「東洋の馬」というそのまんまなのですが、

馬具工房にふさわしい上品なお馬さんの絵柄ですね。





この商品、海外のエルメスでは結構置いているかと思うのですが、

日本では、いや仙台のエルメスでは置いているのを

見たことがないです。ネットでも調べましたが、

どこも売っていませんでした。レアなのかもしれません。

ただ、エルメス公式サイトでは販売していました。





エルメス 皿&リボン.jpg





仙台に来た時に入るといいよ、とクライアントに

お勧めするホシヤマ珈琲という喫茶店があります。

一杯1100円〜と、仙台にしては高級な珈琲店なのですが、

その人のイメージの珈琲カップで出してくれる、

というサービスがあり、自分がどう見えているのかが

知ることが出来るので、私もちょくちょく入ります。





店内に入った瞬間から、珈琲を淹れる人は

その人を観察して決めるみたいです。

なぜか、ガサツな私でも、二回続けて

エルメスの珈琲カップが出てきたことがありました。

エルメス店では一度も見たことがない絵柄のです。






エルメス 皿左から.jpg





それを思い出し、

「自分のイメージがエルメスなんて、超かっこええー!」

とか思いましてね。私にとってはエルメスのスカーフよりも

茶器は利用頻度も利用価値も高いのでね。





昨年、エルメスとゆかりのあるお方とお知り合いになりました。

その方のエルメスのバッグは、何十年も前なのに、

ピカピカです。メンテナンスもかかさずやっていて、

本当に丁寧に人に接するようにバッグを扱っていらっしゃいます。





いい物を長く大切に遣う・・・

高くても、常に波動の高いいい物を持つと、いつのまにか、

持ち手も共鳴して、そうした本物の波動を発することができると

私は思うのです。





エルメス 皿正面.jpg






ブランドだからいい、というわけでもなく、

高ければいい、というわけでもなく、

歴史的な背景や、職人技などに魅せられる

ブランドの良さ、というのがあるのでしょうね。





そのお世話になっている方から、

エルメスの超レアなものを頂戴したのですが、

目の保養にお魅せしますね。非売品だと思います。

ペン立てとメモ帳スタンドです。





エルメス メモ帳入れ.jpg






エルメス ペン立てと.jpg






素材は、メモ帳スタンドがマフォガニー、

ペン立てが・・・えーっと・・・忘れた 笑

何にしろ、見ているだけで、心が躍る作品でした。

うちのテーブルもマフォガニーなので、しっくりきています。





今、食器類などを整理しています。

本当に好きなものを数少なく持つことと、

大切に遣えば何十年も使えるような、

そんな物たちを少しずつ増やしています。





「普段使いこそ、気分の上がる物で!」

と言うコンセプトなのですが、これは、

自分を大切にする1つの手段でもあると思います。





自分の心を喜ばせる

これは自尊心を培うことにも繋がります。





昨日ははじめてこのカップで珈琲を頂きましたが、

本当に美味しかった・・・





エルメス 珈琲.jpg





カップで味が変わることあります。

物質は波動を発しているで、水分に影響を与えます。

マイケルも水は、なぜか、普通のガラスのコップよりも、

バカラのグラスから飲みたがります。本当に不思議です。

たぶん、おいしいのでしょうね。






いつか、自分の喫茶店をオープンしたら、

エルメスのカップ&ソーサーでお出しできるように、

イメージしながら、仕事がんばります。

お忙しい日々かもしれませんが、日々の自分をもてなすこと忘れずに、

おいしい珈琲、または紅茶をいれてくださいね。

ではまた明日。





美人になる方法@ワタナベ薫 at 01:02 | コメント(6) | ワタナベの日記
この記事へのコメント
ワタナベさん、おはようございます。

何という偶然!
ハワイで買ったマグカップでコーヒーを飲みながら、今日のブログを読み始めました。
しかし、決定的に違うのは、このマグ、20年近く使い込んだもので、食洗機でガチャガチャ洗ってるもんだから、絵柄なんかハゲハゲで、「そろそろ捨てなきゃなー」と思い始めて早○年!の代物……

少し前のブログを読んで、しまい込んでたカップ&ソーサーを普段使いにしようと思って出していたのに、いつもの習慣でこのマグ使ってる〜(ー_ー)!!

いかんいかん、今日、感謝しながらこのマグ捨てます!

エルメスのペン立てとメモ帳スタンド、ステキですね。
丸味を帯びたフォルム、小柄なのに、すごい重厚感と存在感♪
見惚れてしまいました!(^O^)
Posted by ももんがさん at 2015年11月19日 09:20
とってもステキなカップですね!!
今朝保育園に送りに行った時私はまぁ外に出てオッケー範囲のセーター、娘は下着のままでした(^◇^;)
入れ違いになった送迎パパさんは今の時期にピッタリなオシャレなコートをきてピカピカの革靴、とても好感が持てました。
いつでも丁寧に上品な物を使用するって改めて素敵ですね(o^^o)
Posted by あこさん at 2015年11月19日 09:50
こんばんは☆初めてコメントします^^

エルメスのカップ&ソーサー、とても素敵ですね。

私は今年29になったばかりのまだまだちんちくりんの半人前の子どもですが…「いいもの」を「少しだけ」で生活したいと思えるようになりました。
今はエルメスに申し訳ないくらい、「いいもの」が似合わないおこちゃまですが、これから色んなことを勉強して経験して、いつかワタナベさんのような自由でおおらかで面白い(笑)女性になれるように人生楽しみます☆
そう思えるようになって、毎日のトイレ掃除がとても楽しいです^^(え、関係ない?笑)

こちら関西はパッとしない天気ですが、明日は晴れるといいなぁ〜

いつもありがうございます☆
Posted by kayoさん at 2015年11月19日 17:49
はじめまして

ホシヤマ珈琲 20年くらい前から年に数回行くか行かないかくらいですが、
いつもジノリなどの小花柄のかわいらしいカップで、ほんとはゴージャスなカップがいいのになーといつも思っていたことを思い出しました。

気づきをいただいたような気がします。
ありがとうございます!
Posted by poirさん at 2015年11月19日 21:18
Posted by まろんさん at 2015年11月20日 08:22
薫さん、おはようございます。
素敵なカップですね。
わたしも、エルメスのデザインでは、惹かれるものはなくて、貰っても、ついお友だちにあげちゃうのですが・・・薫さんが選んだ、このカップは、いいですね。
仙台に行ったとき、何度かホシヤマ珈琲さんに行きましたが、わたしは、何故か、いつもマイセンでした。
たくさんカップがあり、眺めてると、楽しいお店ですよね。

周りは、普段使いにマイセンのカップで、普通にお茶や牛乳を飲んでたりします。笑
家にもマイセン、バカラとかいろいろありますが、普段は、大分の焼き物とか、つい、やわらかく、手に馴染むものを使いがちです。






Posted by まろんさん at 2015年11月20日 08:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]



【コメントをされる方へ】

明らにアクセス誘導と分かるような宣伝のコメントは、こちらの判断で削除させていただきますので、ご了承ください。また、ワタナベに御用のある業者の方は、コメント欄ではなく、トップのメニューバーの「ContactUs」よりお入りくださいますよう、お願い申し上げます。個人的に、このコメント欄はとても大事にしておりますので、どうぞご理解頂ければと思います。皆様のご協力に前もって感謝申し上げます。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。