【オリジナル商品】
バイノーラル音源入りアファメーションCDセット
バイノーラル音源入りアファメーションCD「MindSwitch」

2015年度音声プログラムの製品CDの一般販売を開始しております
お金に好かれる人になるMoneyReprograming

ワタナベ薫の音声教材などの一覧はコチラ
ワタナベ薫の音声教材などの一覧




2015年01月08日の美人になる方法
テーマ:美人の潜在意識

うまくいかない時、好転させるたった一つの方法

【お知らせ】

丸善仙台アエル店でのサイン会は

募集定員が一杯になりましたので、終了いたしました。

ありがとうございました。

shutterstock_73581361.jpg





何をやってもうまくいかない

なんか裏目に出る

モヤモヤがずっと続いている

幸福感が感じられない





・・・などなどがある場合、

そこから好転させる一つの方法は・・・





捨てること






手放すという表現でもいいでしょう

何を捨てたらいいかよく考えてください。






プライド?

ぜい肉?

優しさ?

世間体?

依存関係にある彼氏?

あなたを傷つける夫?

好きでもない友達?

仕事?






なかなか、たちまわりがうまく行かないとき、

新たなスタートを切るために、何かを捨てる、手放すと、好転します。

しがみついているからしんどい。





そして、考えても考えても何を捨てたらいいか分からない場合、

おすすめの方法が一つあります。それは、





家の中にある不要品を

まず捨ててみてください。






部屋の状態は、あなたの脳内と心の中を表しています。

ごちゃごちゃしているところでは、行動力がでませんし、

新しいアイディアもわきません。ですからまずは、

物を捨ててみてください。





そうしますと、生活や人生の中で

捨てたらいい物がみえてきます。






そのあと、スペースが空いたところには、

新しい何かが入ってきます。





これは、物であれ、人間であれ、仕事であれ、お金であれ

そういう法則になっています。





まずは、何かを捨ててみて下さい。

手放してみてください。





手放し方が分からない場合は、こう考えてみて。

それをいい意味であきらめてみる、ということ。

詳しくは、コチラの過去記事をお読み下さい。

すごく大切なメッセージです。

何を手放したらいいかわかりません






大切な物が一つあれば、

あとは(いい意味で)全部手放してもいいよね、

という気持ちになった時、全てを得ているものですから。





========================

昨日のお財布の記事の追記です。

あるお方から、「あのヴィトンのお財布捨てたのですか?」

とご質問を受けました。




確かに、新品同様にみえるお財布ですから、

いくら感謝しようが、白い紙に包もうが、捨てたらもったいない、

と言う気持ちが私にはありました。





で、この金運がつきまくりのお財布(お・も・い・こ・み 笑)

誰に使ってもらおうかと考えていましたら、隣で夫が手を挙げていました。

「それ、欲しい・・・」と。女物である事はまったく気にしないとのこと。





古いお財布を上げるのはどうか?と言う点に関しましても、

お も い こ み なのです。

この人からもらったものを持っていたら運気上がりそう!

というのであれば、上がるわけなので。





昨日は、新しい財布のブランドのお店の方からもコメントを頂き、

うれしかったです。最初にFBにUPした時に、通の方から、

「新しいお財布、入手困難なお財布です!!」とコメントが入り、

そのブランドのお店の方からも、在庫がないので、ラッキーである事を

教えて頂きました。やっぱり、ツイている〜。るん ♪

ここでも、偶然と見るか?ツイていると見るかで、

運気は変わって行くもの。新しい財布も超大事に何年も使います。

それではまた明日!


美人になる方法@ワタナベ薫 at 00:17 | コメント(1) | 美人の潜在意識
この記事へのコメント
何もかもうまくいかず
何もかもがいやになったときに
この記事を読みました。
そして
本当にその通りになりました。
ありがとうございます
Posted by はっぴいさん at 2017年05月31日 00:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]



【コメントをされる方へ】

明らにアクセス誘導と分かるような宣伝のコメントは、こちらの判断で削除させていただきますので、ご了承ください。また、ワタナベに御用のある業者の方は、コメント欄ではなく、トップのメニューバーの「ContactUs」よりお入りくださいますよう、お願い申し上げます。個人的に、このコメント欄はとても大事にしておりますので、どうぞご理解頂ければと思います。皆様のご協力に前もって感謝申し上げます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。