【オリジナル商品】
バイノーラル音源入りアファメーションCDセット
バイノーラル音源入りアファメーションCD「MindSwitch」

2015年度音声プログラムの製品CDの一般販売を開始しております
お金に好かれる人になるMoneyReprograming

ワタナベ薫の音声教材などの一覧はコチラ
ワタナベ薫の音声教材などの一覧




2014年08月11日の美人になる方法
テーマ:美人のスキンケア

顔の形がボケてくる40代以降 ハイライトとシャドーのススメ

shutterstock_87926353.jpg




鏡を見て、ドキっとする年代になったもんです。

その「ドキ!」というのが今は少なくなったのですが、

それでも手をちょっと抜くと、本当に顔のライン、ボディライン

その他もろもろボケてくるものです。





うまく、老化を受け入れつつも、美しく年を重ねていきたいものです。

しかしながら、できることはやっていきたいですね。

今日の記事は、美意識がお高いメイクをちゃんとされている方には

当たり前の記事とはなりますが、やったことがない方には超お勧めです。





人は、他人を見るときに、

まず最初の印象は、ボディよりも顔を見ます。

そして、パッと見の印象、顔の状態で、見た目体重なども左右されます。





簡単に言いますと、顔が引き締まって見えるだけで体も痩せて見える

逆に、顔がダルダルで大きかったり二重あごだったりすると

太って見える、ということです





私の昔の友人なのですが、

本当に小顔で、全くたるみのないYちゃんがいました。

しかし、身長150センチに対して体重が53キロ、体脂肪が31%と

ちょい肥満気味な彼女。見た目は42,3キロにしか見えないのです。





一方、Kちゃんは、20代後半にして二重あご。

身体は本当に細くて40キロしかないのに、なぜか

見た目は50キロくらいに見えるのです。

顔の状態で、スタイルまでまったく違って見えるとは、

目の錯覚ってあなどれないもの。





で、あるならば、とりあえず、

フェイスラインをシュッ!と見せるための

ハイライトとシェーディングひと手間は必要なこと。





シェーディングは額の周辺は生え際、あごのフェイスラインに入れます。

また、ノーズシャドーも鼻筋の両脇に入れて、鼻が高く見えるように入れます。

私は、鼻が低いので、鼻筋のハイライトとノーズシャドーは必須。





ハイライト、ノーズシャドー、シェーディングは、

メイクによって、お顔のパーツを平均値に近づけたり、

弱点のカバーができますので、ホンのひと手間、というのは

とても重要になってきます。





そこで、当たり前のことではあるのですが、

顔の凹凸、メリハリを作るためには、それらが

特に40代以降は必要になってくるのです。





もし、まだ使っていない人がいましたら、

まずはハイライトのみからチャレンジしてみてください。

お顔にメリハリができて、小顔効果ありです。

参考までにこちらをどうぞ 

ひと手間で変わる!立体的&小顔に見せる基本のメイクテク 

ハイライトの入れ方 





新刊「美人は習慣で作られる」の本にも書きましたが、

三面鏡は自分の目で見ることができないところを見ることができ、

客観的な目線で自分の顔や姿が見れる重要なツールです。

それのお陰で、それまでは正面からしか自分の顔を見たことがなくて、

三面鏡のおかげで自分の鼻がこんなに低い、ということを知りました。

ですので、ハイライトとノーズシャドーは絶対なのです。




これがないと、のぺーーーーっとした顔。笑





あ、あとね、順番が逆になりましたが、

肌がくすみがちな年頃に絶対に必要なのがコンシーラー。

くすみがちなところにちょいちょいと塗って伸ばす。

それだけで、顔が明るくなります。

コンシーラーの塗り方はこちらを参考にしてみてくださいね。





40代以降のメイクの必須は、

ハイライト、シャドー(シェーディング&ノーズシャドー)

そして、コンシーラー。女って、面倒ですが、

綺麗になるのは楽しいですよね。





ではではまた明日。

ランキングに参加しております。

☆人気ブログランキング

☆にほんブログ村
「」ブラウザが開ききるまでお待ち頂けますと、
応援にカウントされるようです。
ご協力お願いいたします。
おきてがみ






美人になる方法@ワタナベ薫 at 02:04 | コメント(1) | 美人のスキンケア
この記事へのコメント
私はおしょうゆ顔ののっぺりした顔にも拘わらず、チークヤハイライト、シャドウの一切をしないで、ウン十年過ごしてきたお化粧音痴です。

その私がTゾーンにハイライトを入れ、チークを入れ始めたのは、ごく最近のこと。

そしたら化粧時間が一気に3倍に増えました(笑)
その前にパックも忘れずに。パックは顔こりをほぐすためもあります。

メイクは私にとって、見苦しくなく歳をカバーして、モチベーションを上げるものです。

これからいろいろ工夫していきたいものです。

Posted by ワンニャンLOVEさん at 2014年08月11日 03:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]



【コメントをされる方へ】

明らにアクセス誘導と分かるような宣伝のコメントは、こちらの判断で削除させていただきますので、ご了承ください。また、ワタナベに御用のある業者の方は、コメント欄ではなく、トップのメニューバーの「ContactUs」よりお入りくださいますよう、お願い申し上げます。個人的に、このコメント欄はとても大事にしておりますので、どうぞご理解頂ければと思います。皆様のご協力に前もって感謝申し上げます。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。