【オリジナル商品】
バイノーラル音源入りアファメーションCDセット
バイノーラル音源入りアファメーションCD「MindSwitch」

2015年度音声プログラムの製品CDの一般販売を開始しております
お金に好かれる人になるMoneyReprograming

ワタナベ薫の音声教材などの一覧はコチラ
ワタナベ薫の音声教材などの一覧




2014年06月29日の美人になる方法
テーマ:美人の美意識

女の賞味期限なんてない

shutterstock_25055398.jpg





女の賞味期限があるとしたら、何歳だろう?と思った時に、

自分が20代の若い時には、30代くらいかな〜、とか思っていましたが、

47歳になった今、「まだまだいける!」と強気に思ってしまう。





47歳でも恋もできるし、運動していれば、

運動していない20代にだって体力的に負けない自信もあったりする。

(対抗心燃やしているわけではありませんがね・・・)





それに加えて、この年になりますと、

精神力なんかあったりなんかするものだから

アラフィフ世代は、まー、強いって言ったらありゃしない。

アラフィフになってから、やっとまだまだいけると思う。





30代後半くらいの方で、年を取ることに不安を感じている方が

もしいらっしゃったら、50代でも60代、いや何歳になっても

女性として美しくいられる、ということを知っていただきたく思い、

今日の記事をしたためています。





私は女性相手に仕事をしているものですから、

幅広い年齢層の、女性のセミナー受講者様を見てきました。

一番多い世代は、30代40代の女性ですが、上は70代の方まで

セミナーにいらっしゃいます。40代の娘と70代の母親や、

40代の母親と20代の娘とかね。





で、いつも感じることは、自分よりも年上の方で

身体も引き締まっており、ハイヒールをはいて、

美しく装っていらっしゃる女性を見ますと、

その女性の年齢でも、美しくあることが目標になったりします。





私よりも年上の、本当に美しくしていらっしゃる女性が

たくさんいるのですが、ホント、何歳になっても

女(美しさ)を捨てなければ、若々しく、

そして、美しくいられるものだと確信します。

捨てなければ、というのは女を放棄しない

といういい方もできます。





よくfacebookなどでシェアされている、

82歳の現役モデルさんご存知でしょうか?

彼女の名前は、カルメン・デロリフィチェさん。参考サイト 





「フェイスリフトやボトックスが泣いて逃げていくと称される美しさ」と

書かれています。・・・ボトックスくらいは打っているように見えるけど、

この際、ボトックスだろうが整形だろうが、最新美容医療だろうが、

美しくある、ということは、健康でもあり、存在そのものに励みを得ます





本当にお若くて美しい!!

普通の80歳であれば、太るか、もしくは

ちょっと鶏がらみたくガリガリになるか、

はたまた姿勢が悪くなって、ハイヒールなども履けなくなり、

杖をついて歩くか・・・(もちろんそれが悪いわけではないですが)

もし、死ぬまで現役!生涯美しくいたい!と強く思っていらっしゃる

美意識の高い読者様には、本当に励みになる存在ですよね。





彼女の美容法の中で、私と同じ美容法が一つありました。

それは・・・





「好きなものを、

 好きな時に、

 好きなだけ食べるの」





そんなことをしたら太る〜!!と思うかもしれませんが、

食べないときめることは、ストレスを招きます。

食べない、と決めた途端、食べたくなって

食べると罪悪感が自分を支配し、もっと食べたくなる衝動に走ります。





好きなものを、好きな時に、好きなだけ食べるって、

ある人にとっては、とても恐ろしいことだと思うかも知れまんが、

食べてはいけない、というストレスは、その食べてはいけない物に

支配されて、自分に「食べてもいいんだよ」と、許可を与える人よりも

より多く食べてしまうものなのです。





また、年齢にとらわれない美しさの秘訣の中に、

彼女自身、美に関しての信念があるように感じます。

それは彼女のこの言葉。





「まだまだ成長過程で

 死ぬまで完成しない」











このメンタリティなのでしょうね。

人は完成した、と思ったところから老化が早まります。

脳の機能も同じです。満足するともう動けなくなるのです。





精神面でも、自分は十分だと思うと、それ以上成長しないのと同じで、

自分はまだまだと思うことこそが、「無知の知」でもっともっと

成長していきます。美に関しても同じかな、と思います。





完成されたと思っていないということは、

「もう年をとるばかりだから・・・」と老けて老化することを

自分に許してしまうことだから。





年齢を重ねることを恐れずに、若さに執着もせず、

そして、自分がまだ未完成であると思うことが

いろんな意味での成長を促し、それが若さに繋がっているのだろうな、

と彼女を見て想像しました。年を取るのが本当に楽しみになりました。





さて、女性としての賞味期限なんてない!

生涯、女性としては現役でいるつもりで、

女を捨てず、若さに執着もせず、美しく年を重ねていきたいものですね。





では、また明日の訪問もお待ちしております。

☆人気ブログランキング

☆にほんブログ村
「」ブラウザが開ききるまでお待ち頂けますと、
応援にカウントされるようです。
ご協力お願いいたします。
おきてがみ





美人になる方法@ワタナベ薫 at 00:40 | コメント(1) | 美人の美意識
この記事へのコメント
この記事読んで想像してみました。
これから超高齢化社会にどんどん突入しつつある日本で、
圧倒的にシニアの人口が多い国で、
おしゃれで美しい男女シニアが七割くらいはいる日本という国の行く末と、
ヨレヨレボロボロ、加齢臭にまみれた日本という国、どちらが素晴らしいか。
一歳でも二歳でも若く見られる事に執念と執着を注ぎ、年をとる事は邪悪の源、
若い事は絶対的によい事とみなし、
年をとる事に恐怖を感じ、歳をとった自分を卑下するシニアと、
若いだけで強みを感じ、
年齢を経ることに何の魅力を感じない若者達が大多数を占める国と、
年齢を重ねるごとに強さと美しさと人生を楽しむ術を増し、
若者達も年齢を重ねることに恐怖を抱かず、
その年齢なりの人生のよさがあるとシニア達の人生を尊重する国、
どちらが素晴らしいか。
今の日本はなんだか若さに執着しすぎな感じです。
それに踊らされず、自分は今の年代に自信を持って、
今の年代の美しさと人生の喜びを堪能して生きてゆければいいなあと感じます。
下手に若さに迎合するのではなく、それに気付けた事に、この記事に感謝です。
でも多分、今を牽引するモデルさんとかが年齢を重ねるほど、
ファッション・美容雑誌とかもどんどん高年齢化が進むし、
人口が多い分需要が高まるし、経済も回るし、
美しいシニア、私たちの年代と共に増えていく気もするなあ。
なんか、長いコメントですみませんでした。
Posted by ロータスさん at 2014年06月30日 20:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]



【コメントをされる方へ】

明らにアクセス誘導と分かるような宣伝のコメントは、こちらの判断で削除させていただきますので、ご了承ください。また、ワタナベに御用のある業者の方は、コメント欄ではなく、トップのメニューバーの「ContactUs」よりお入りくださいますよう、お願い申し上げます。個人的に、このコメント欄はとても大事にしておりますので、どうぞご理解頂ければと思います。皆様のご協力に前もって感謝申し上げます。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。