【オリジナル商品】
バイノーラル音源入りアファメーションCDセット
バイノーラル音源入りアファメーションCD「MindSwitch」

2015年度音声プログラムの製品CDの一般販売を開始しております
お金に好かれる人になるMoneyReprograming

ワタナベ薫の音声教材などの一覧はコチラ
ワタナベ薫の音声教材などの一覧




2013年12月24日の美人になる方法
テーマ:美人たちのコーチング

自分の人生他の人にコントロールさせない

Merry Christmas!





shutterstock_87596032.jpg





今宵のクリスマスイブは平日。

がんがん仕事ということでがんばります!




さて、本日の記事は、久しぶりにコーチング的な内容です。

来年に向けての記事となります。

一年の振り返りはもうちょっと後になってからしましょうね。





他の人に自分の人生をコントロールさせない方法

についてご一緒に考えたいと思います。





私のこれまでのほとんどの人生、40年近くも、

いかに人にコントロールされることを許してきた人生だったか・・・

コーチング倫理の中に、「主体的に生きる」というのがあります。

つまり周りの目を気にせずに、自分で考え、自分で決定し、自分で行動し、

そして自分の行動の責任を取ること。





私の40年近くの生き方は、ひどい生き方でした。

”主体性”ってなんですか?

”自分の決定”ってなんですか?

”選択の権利”ってなんですか?





それくらい頭がアホになっていましてね、

自分の思考を使って考えたことがなかったのです。

自分の上に立つ者、組織の上に立つ者、

そして、リーダー的な存在の人の決定に左右されていた。

それを許してきたこと事態、自分の責任です。

今ならパールズの詩、ゲシュタルト療法の中の言葉がよーーくわかります。





「私は私のために生き、

あなたはあなたのために生きる。

私はあなたの期待に応えて行動するために

この世に在るのではない。そしてあなたも、

私の期待に応えて行動するために

この世に在るのではない。」






なので、私はその経験から組織の中にいること、

コミュニティを作り、その上に立つこと、

そういう中で相手に考えさせたりせず、自分の答えとなる主観を

強く言うことがとても苦手だし、そういうモチベーショントークも嫌い。

もっと言えば、仲間意識とかも苦手。(私は、ってところですからね)




群れない女と今まで何度も呼ばれましたが、

そのスタンスはこれからも変わらないと思います。

読者の皆様もきっと自分で自ら主体的に歩めると知っているから、

コミュニティは本当は必要ないのです。群れるって楽なんですが、

自分の意見をしっかり伝えられる人でなければ、なかなかしんどいものです。




さて、自分の人生をドライブに例えるとしたら、

もちろん、平坦なまっすぐな道もあれば、

舗装されていないデコボコ道もあり、

もしかしたら、穴もあり、ぬかるみもあり、

いろんなことが待っているわけです。




その車のハンドルを握っているのは、誰か?

自分の車で自分行きたいところに行くドライブなのに、

誰がハンドルを握っているか?




もしくは、頼みもしないのに、助手席に乗っている人が、

「こういう場合は右に行ったほうがいいよ!」とか、

勝手にサイドブレーキをかけて、車を止めたり・・・




shutterstock_54859495.jpg





30代後半までは、私の車には、いろんな人が乗り込んで、

私にいろんな指図をしてきましたし、ある人は、

私からハンドルまで奪う人すらいました。

簡単に言えば、「断れば?」って話なのですが、

私は以前、全く断れない人間だったのです。





断れない弱さ?

「いちいちうるさいな。黙っててよ」と

言えない弱さ?





こういう状況を許していると、

食べたくないものを食べ、

行きたくもないところに行き、

話したくない相手とヘラヘラ話し・・・

そして、過干渉な人々を寄せ付けてしまう、


要因になってしまっているのです。これぞ引き寄せ!





さて読者の皆様、もしそのような傾向があるとしたら、

2014年はその車から、全員降りていただくのはいかがでしょうか?

車のハンドルを握るのは、一人じゃないと運転は超危険なのです。





誰かの言うことを聞くことと、

自分の意志が相反するとき、まるでそれはハンドルを

右に左に曲がろうとする力が働くのですから。

事故に遭ってしまうことになります。




人生だって、本当は誰だって自分の好きに生きたい。

自分の決定で歩んで生きたい!という願いがありますから、

脇から、こうしろ、ああしろと言われると迷いやら、

自信喪失したりと、いろんは弊害が起きてきます。





でも、完全に自分の人生自分の責任、って思えたら、

自分の意志で右に曲がりそこに大きな穴があったとしても、

「しゃーないな〜」で問題対処に取り掛かれるわけですが、

もし、助手席に乗っていた誰かが、「絶対右にいきなよ」と

言って、右に穴があり落ちてしまったら、

「何だよー。右っていったじゃん!どうしてくれんだ?」

なんて、責任転嫁の癖がついてくるのです。





究極、相手が言ったことを受け入れた時点から、

責任は自分にあるのです。そこをまず理解いたしましょう。

そう、誰の責任でもない自分の責任。

そこを受け入れられるとどんどん違ってきます。




たった一度の今生での人生。

死ぬときに後悔するのは、失敗したことではなくて、

やらなかったこと。自分で決定することなく、親、友人、

会社の人々、世間一般の固定概念にとらわれて

やりたいことがやれなかったことを1番後悔するのです。




「反省はするけど後悔はしない」

って誰が言った言葉でしたっけ?

ホント、後悔のない人生を歩んでいきたいですね。





親からの信念が刷り込まれているケースが多いですが、

それがあなたが心から受け入れられているならいいですが、

もし、そうじゃない場合は、誰のためでもない自分のための人生であることを

思い出してみてください。私たちは自分で決定したことを行動に移した時に

その結果云々ではなく、やれたことに成長を感じるものです。




新しい年に向けてそれを決意したいですね。

では、また明日の訪問をお待ちしております。

いつも陰ながらの応援クリック、本当に感謝いたします。

☆人気ブログランキング

☆にほんブログ村
ブラウザが開ききるまでお待ち頂けますと、
応援にカウントされるようです。
ご協力お願いいたします。
おきてがみ




美人になる方法@ワタナベ薫 at 00:00 | コメント(2) | 美人たちのコーチング
この記事へのコメント
ワタナベさん、メリークリスマス(^O^)

ストレッチポールに乗りながらのizumiです。

断れないから人との深いお付き合いやネットでのコミュニケーションを避けていたのですが。
自分の運転で人生を進んでいると意識すると、
そんな不安は、どうでもよくなりますね♩

そういえば、私の田舎の本屋さんにも、とうとうワタナベさんの本が置いてありました!!
遅ればせながら、嬉しさで手が震えましたよ(≧∇≦)
Posted by izumiさん at 2013年12月24日 23:40
izumiさんへ

今年もお世話になりました。
たくさんのコメント支えになっておりました。

田舎の本屋さんにも拙著が置かれているとのこと、
うれしいです。読者様が報告くださるので、
現状を知ることができています。


izumiさん、来年もどうぞよろしくお願いいたします。
良いお年を!


Posted by ワタナベ薫さん at 2013年12月26日 16:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]



【コメントをされる方へ】

明らにアクセス誘導と分かるような宣伝のコメントは、こちらの判断で削除させていただきますので、ご了承ください。また、ワタナベに御用のある業者の方は、コメント欄ではなく、トップのメニューバーの「ContactUs」よりお入りくださいますよう、お願い申し上げます。個人的に、このコメント欄はとても大事にしておりますので、どうぞご理解頂ければと思います。皆様のご協力に前もって感謝申し上げます。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。