【オリジナル商品】
バイノーラル音源入りアファメーションCDセット
バイノーラル音源入りアファメーションCD「MindSwitch」

2015年度音声プログラムの製品CDの一般販売を開始しております
お金に好かれる人になるMoneyReprograming

ワタナベ薫の音声教材などの一覧はコチラ
ワタナベ薫の音声教材などの一覧




2013年09月06日の美人になる方法
テーマ:美人のメンタル

つい人と比べて落ち込んだり、妬んでしまう事への対処法



こんにちは。ワタナベ薫です。

このブログを朝お読みの読者様、

今日も一日、いいことがたくさんありますように。

そして、夜お読みの読者様、一日お疲れ様でした。

一日がんばった自分をねぎらってから休んでくださいませ。




今日のテーマは

「他の人と比べてついつい落ち込んでしまうあなたへ」

という、比べ癖のある方へ送る記事となっています。




よく、こんなことを読んだり見たり、言ったりしている人を見かけます。

「他の人と比べないこと」と。しかし、実を言うと

そんなことを言っている人も誰かと自分を比べています。




極論を言ってしまえは、人は必ずや誰かとの比較をしています

これは気付いていないだけで、私は比べてません、と

公言する人でも、人は比較によって自分の存在を確認している

と言っても過言ではないくらいです。




比べることで、自分と他の人との違いを理解して、

自分と他者を区別しているようなもの。これは超高速で

無意識に行っているので、自分が比べている、

というのにすら気付いていません。




なので、比べてがっかりしているそこのあなた、

落ち込む必要ナッシングです。誰もが比べているのです。




どうして、そう言えるでしょうか?




例えばですが、「私って気が強いのよね」って言う人がいます。

または、「私っておっとりしているの」という人もいます。

「私、臆病なんです」とか・・・何を基準に、気が強いとか

おっとりとか臆病とかってわかるんでしょうか?

ここにも、ほとんどの場合、比較があって自分の性格を

勝手に認知している、ということに気付いていません。




世の中気の強い人ばかりだと、自分が気が強いって気付きませんし、

世の中おっとりな人ばかりだと、自分がおっとりにすら気づきません。

だから、自分のセルフイメージや、性格、長所短所が言える人は

比較して自分を認知している、ということになります。




「これおいしい〜♪」というものだって、言いかえれば、

「まずい」を経験して、いつもの味と比べて、おいしいと

言っているようなものです。屁理屈のようですが、そんなものです。




さて、比べるのはOKだとしても、ちょっと苦しいのは、

自分と他の人を比べて、自分が劣っている、と、

自分が思ってしまった場合、落ち込む、というもの。




shutterstock_65022493.jpg




つまり、人と比べて自分が到達したい、または

欲しいと思うものを自分が持っていなかった時に落ち込む、

という場合、ちょいとしんどいんですよね。この場合、どーしましょ?




この場合も視点を変えて考えてみますと、人と比べて落ち込む人は、

向上心があることのあらわれです。




つまり、自分が到達したいステージや、自分が欲しいものが

何であるかが明確になっていて、それを誰かが自分よりも先に得ている、

ということがわかっていることなので、逆に目標達成しやすい、

というくらいです。ま、ただ、ずっと悔しくてモヤモヤと

抑圧状態が続くと、その達成はちょっと難しくなりますけどね。




抑圧状態は、プラスのエネルギーに転換した時には、

その時は、ものすごいパワーになりますが、長くは続かないものです。

なぜなら、その抑圧の転換のエネルギーは自分がそのステージに

行かないのではないか?という恐れと不安のエネルギーだから

疲れるし、体にも悪いから。周波数が低い状態だから





なので、比べたときに、最初は

「クッソー!悔しい!自分もそうなりたい!」と

強く思ってがむしゃらにがんばるのはOK!




その後は行動して、プラスのエネルギーに転換してみることがお勧め

ただし、転換したら、今度はどこにフォーカスしたらいいかというと、

その比べてしまう”人”ではなくて、自分の行動にフォーカスすること




できれば、その比べてしまう人の情報を一切耳に入れず(それは脇目も振らず)、

自分の行動と、そして自分がそのステージに行ったときのこと、

または、自分が欲しかったそれを手にしたときのイメージングして、

最初の抑圧から始まったその気持ちを、ワクワクに変えたときに、

そのパワーはずーっと長続きするようになります。




その比べたい人を、見たくなるのはわかります。

気になって気になってブログを覗いて、またクソー!と思ったり、

facebookのリア充ぶりを見て、落ち込むのもわかります。

しかし、見ないほうがよっぽど心は平安なことでしょう。




あとはね、比べてしまう自分を否定しないこと。

「比べてもOKなんだ」という許可を自分に出してあげたときに、

その比べることとリンクしていた負の感情がちょっと軽くなってくるはず。

例え、ねたみの感情が起きたとしても、そこには必ずや、

あなたにとっての、肯定的な意図が秘めているので、

やみくもに否定はなし、ということで。




向上心、自分の目標、そして自分の欲しいものが

リアルに見えている、ということでもあるのだから、

その気持ちさえも受け止めてあげてくださいませ。できれば、

「あたしってば、また比べている〜。あはははは!」

くらいの気持ちで、笑い飛ばしてみてください。

クレヨンしんちゃんの物真似で言ってみたら尚よし。

しかし、何度もそうしているうちに、プッ!って

笑える自分になっているはず。




ということで、今日はついつい他の人と比べて落ち込んだり、

妬んだりしてしまうあなたに贈る記事でした。

何か参考になる点があれば、幸いです。




ではではまた明日〜。

ランキングに参加しておりまして、ご協力のクリックを

頂けますとうれしゅうございます。押し方は声を出して、

「エイ!ヤァーーーッ!」で空手のポーズ付きで(笑)

☆人気ブログランキング

☆にほんブログ村
ブラウザが開ききるまでお待ち頂けますと、
応援にカウントされるようです。
ご協力お願いいたします。
おきてがみ




===============================
当ブログ一番人気の黄酸汁(サジー)が
プレゼントお得なイベントをしています。

@お試しトライアルイベントとして、サジーマイルド300ml¥1000でご提供
豊潤サジー石鹸(通常価格¥1950相当)がプレゼント!(限定500個)
※以前トライアルをお試しの方はご購入できません。

Aじっくり定期イベントとして、8月26日13時〜10月10日の期間中に
”定期コース”をお申し込みの方に、もれなく、初回お届け分に
新商品の『黄酸汁とよくあう生姜蜜』プレゼント(期間中全員に)

詳しくはこちらのブログの記事冒頭へ
===============================




美人になる方法@ワタナベ薫 at 00:06 | コメント(4) | 美人のメンタル
この記事へのコメント
いつも多角的な視点で、美人へのご指南をいただきありがとうございます。

私はいくつになっても子供らしさを売りにした方と、自分を比べてしまって苦しいです。
「自分は別に困らないから」とか「よく無責任って言われるんだ」とか
「私、適当だから」と謝罪や反省なしに無邪気に言われると、
親からそういう価値観を植え付けられた人だとはわかってはいても、
生まれたままの私を受け入れろと強要されている気分になりとても苦しいんですよね。
フォローと言うか、ギリギリになって丸投げされて物理的にも苦しいし。

怒りを抱え込むことにも疲れて自己嫌悪を抱くし、
そうやっても周りに受け入れられて生きてこられた幸せを妬んでしまう。
そういう人には私が足元にも及ばないほどの、人間性や魅力があるんだ、
そして私にはないんだ。そういう現実を受け入れなきゃ!と
自分の首をしめ上げて余計に苦しくなるのがお決まりのパターンです。

でも、こんな私でも今まで周りの方に受け入れてもらえたからこそ
生きてこられたのだから同じ位幸せなのになあ?

「何だか憎めないんだよね」と言われる魅力的な人間性って
向上心持っても努力の仕方がわからない……。
Posted by みゆさん at 2013年09月06日 09:40
ワタナベさん、こんばんは。
空手のポーズ付で、ポチっと押しました!!


すぅーっとブログの内容が入りました。
ありがとうございます。

負けず嫌いです、はい。
私は頑張ってるのに…って、思っちゃいます。

でも、比べる事を認めたら、逆に、
私って、よくやってるなぁ、と思えました。

これも視点を変えるって事かな?

毎日、色々あると、1歩進んで3歩下がってますが…泣
それでも、去年の私よりは、前に進めてます。
これも、ワタナベさんのブログと、書籍に出会えたお陰です。

本当にありがとうございます♪
Posted by ChiKAさん at 2013年09月06日 21:43
さっきAmazonにて、素のまま~の本注文しました。

ワタナベさんがこの本を刊行することが決まってから、私の中で「素」という言葉がいろいろなところで、キーワードになりつつあります。

比較的他の人と較べることは多くはなかったと思いますが、いま思うと過剰に自分を卑下することが多かったと思います。

それが、最近のことですが、 時々落ち込んだり、羨ましく思う私は、もしかしたら欲張りなのかもと、何となく思っていました。そして、欲張るなら努力や忍耐とともに、いまあるものに感謝が必要なんだと、変なロジックですが…うっすら感じていました。

自分を大切に思うようになってから、羨む気持ちはあまりなくなりました。何故なら、私はたくさん与えられ、護られているから…でも、向上心のあらわれなら、もっと欲張りになってもいいのかもと思いました。

まとならなくて、スミマセン^^;

Posted by ワンニャンLOVEさん at 2013年09月06日 23:02
すごくタイムリーです。
最近彼氏ができた友達のこと、素直に祝福できなくって、
自分より幸せそうですごく悔しいのです。
自分がとても嫌な人間に思えて、それも苦しいし。

わたしにも彼氏はいて、でも遠距離でなかなか会えなくて、のろけられるほどのネタもなくて、
相手もけっしてかっこよくはない。
だから幸せに思えない。

幸せになりたいんですね、わたし。
魅力的にならなきゃ。
友達とは少し距離をおきます。。
Posted by ゆかさん at 2013年09月09日 12:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]



【コメントをされる方へ】

明らにアクセス誘導と分かるような宣伝のコメントは、こちらの判断で削除させていただきますので、ご了承ください。また、ワタナベに御用のある業者の方は、コメント欄ではなく、トップのメニューバーの「ContactUs」よりお入りくださいますよう、お願い申し上げます。個人的に、このコメント欄はとても大事にしておりますので、どうぞご理解頂ければと思います。皆様のご協力に前もって感謝申し上げます。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。