【オリジナル商品】
バイノーラル音源入りアファメーションCDセット
バイノーラル音源入りアファメーションCD「MindSwitch」

2015年度音声プログラムの製品CDの一般販売を開始しております
お金に好かれる人になるMoneyReprograming

ワタナベ薫の音声教材などの一覧はコチラ
ワタナベ薫の音声教材などの一覧




2012年12月29日の美人になる方法
テーマ:美人たちのコーチング

人生の方向性を決める

こんにちは。ワタナベ薫です。

先日、半年間お世話になっていたマイコーチとの最後のセッションが

終了いたしました。今年最後、ということもあり、そしてそのセッションで

また一旦終了・・・となるとさみしい気持ちにもなるものです。

私も、自分のクライアントさんと最後のセッションの時は、

少しだけさみしい風が心を通り過ぎる感覚になります。



「ワタナベさんにもコーチがいるんですか!」と驚きながら、

クライアントさんに聞かれることがあるのですが、”コーチにコーチがいる”

当然っちゃあ当然です。そしてそのコーチにもコーチがいます。

それはなぜでしょうか?




コーチングをすればするほど、盲点に陥っていないか?や、

自分のコーチングが型にはまっていないか?時に自分を疑う事をしているから。

そして、常にコーチ自身も自己基盤を整えておかねばならないから




コーチング道に出口なし、とはよく言ったもんで、

この世界に入った人は、自分のスキルがばっちりだ!もう完璧!

などど思っているコーチはあまりいないと思うのですが、

コーチは常に、自分のスキルを客観的に見直すそんな場所を必要としています。




私がコーチングする上で、一番大切にしていることは、

コーチングスキルでもなければ、

クライアントさんに結果を出させることでもなければ

クライアントさんに喜んでもらうことでもなければ、

褒めて気分をよくさせることでもなければ、




一番大切にしているのは、

私自身のコーチとしてのあり方。




もちろん、コーチングスキルやらなんちゃらかんちゃらは必要だし、

それでお金をもらっている限り、スキルアップは必要な事、

そして、結果を出させる、というのは大切ですが、私はクライアントさんが

結果を出すのは当たり前のことだから、との認識をもっています。




これは、コーチのみならず、ブログの読者様にも通じる点なので

今日は記事にしようと思いますが、あり方とは別の言い方をすれば、

「自分の存在のしかた」のこと。

それがわかると自分の人生の方向性がわかります




これはビジネスで言う、ブランディングというものにも

通じるところかと思うのですが、在り方が決まっている人は、ブレないわけでね。

ブレないとは、常に一貫性がある、ということ。

一貫性がある、ということはコロコロ変わることではなく、

常に一定ですから、他の人から見たら、安心と安定を意味します。



1船.JPG
あなたを乗せた船はどちらに向かっていますか?




例え、そこでとんがっていたとしても、周りと違っていたとしても、

そこに一貫性があると、それに憧れる人、目指す人たち、

そう、似たような人たちが寄ってくる。あり方って生きていく上では本当に大切。




だからこそ、コーチと人生のパートナーとして(三か月間だけだけど)

歩んでみようかな、高額かもしれないけど、その人と一緒だったら

力出し切ってみようかな!とクライアントは思うわけです。




コーチングは30分の間に、クライアントに元気になってもらうことでも、

クライアントにスッキリしてもらうことでもなくて、

クライアントが自分の内なるところに心を向けて

苦しくてもそこを見つめなおし、自分で答えを探し

主体的に生きるお手伝いをすること




そう、私が一番重要に思っているのは、クライアントさんが

主体性を持って歩めるようにサポートすること。だから、コーチングでは、

「こうしたら?あーしたら?これはどお?それは?」などのように、

いちいちアドバイスをしない。答えはその人が持っているから。




引き出すにはスキルが必要で、その引出しスキルがなければ、

それは誰でもできるアドバイザーになってしまう。

アドバイスしないって、結構難しいんですよ。

人は自分が知っている情報を教えたい生き物だから。

だからちゃんとしたトレーニングと盲点外しが必要なわけ。




一生コーチがその人のそばでエールを送れるわけじゃないし。

コーチがいなくても、クライアントが主体的に自分の人生を

作り上げられるようにすること。これに同意いただかない限り、

お申し込みいただいても、こちらからお断りしております。




こんなことを書くと、厳しそうでしょ?

でも至ってニュートラルなものですから、厳しく感じる方は

その人の中に何かがあるものです。コーチはその人を

映し出すだから。




昨年は残念ながら、当ブログで一回もクライアントさんを

募集する機会がありませんでした。ごめんね。

春くらいには募集できるかな・・・ちょっとまだ未定です。

今、出版も絡んでいるので、予定をあまり立てることができず、の状態です。

(以前のクライアント様はその限りではなく、いつでも必要な時にできます)




ブログの読者様で誰からコーチングを受けたらいいか?

全くわからん!というお方もおいでかと思います。

お一人ご紹介いたします。自信をもってお勧めする

現在当クライアントさんである原田ともみコーチをご紹介いたします。




彼女はロンドン在住のコーチ。ICF(国際コーチ連盟認定プログラム)

認定コーチングプログラム修了。その後、トレーニングと資格試験を合格し、

現在は財団法人認定コーチとしてご活躍。かなりサービス料金ですよ。

コーチングにご興味のおありの方は確認してみて。

また、メルマガ登録の方に「夢を叶えるための7つの心」PDFプレゼント中。

もらえるものはもらってみて。

原田ともみコーチのコーチングはこちらから




ということで、今日はあり方の記事でしたが、

ちょっとこんな質問を最後に皆様にしたいと思います。




”どうありたいですか?”

言葉を変えれば、あなたはどういうふうに存在していたいですか




私の場合は、常にニュートラルでありたい。

恐れを持たない人、ただ愛の人でありたい。

森羅万象すべてに愛を注ぐ人でありたい。

そして、いつも喜ぶに満ち溢れている人、

チャレンジしている人でありたい・・・




欲張りにたくさん書いちゃった。

これは、コーチング道に関しても、生き方に関しても同じ。

このあり方で、私はブログも6年以上書き続けていますし、

このあり方でセミナー講師もコーチングもやっています。

そして、これからもきっとそこからそれる事なくそうやって生きていくと思います。




簡単に出てくるような質問ではないことでしょう。

パッ!と出てきたら、それは逆にちょっと表層部分かもしれません。

どんな人でありたいか?その答えが出てきたら、次なる質問はこうです。



なぜ?




その答えが出た後に、また自問してみてください。

また再び、なぜ?




なぜを繰り返していると、いつの間にか、深い部分にある答えに

到達することでしょう。一回脳内に質問を置きますと、もうそれ以降は

無意識でその答えを探し始めます。脳は途中で終わるのが嫌いだから。

完結させたいものだから。さて、どんな答えが出てくるか楽しみにしていてください。

これに答えることによって来年の生き方、変わりますよ。




また明日の訪問もお待ちしております。

それでは、バイバイ(・∀・)

☆人気ブログランキング

☆にほんブログ村
ブラウザが開ききるまでお待ち頂けますと、
応援にカウントされるようです。
ご協力お願いいたします。
おきてがみ





美人になる方法@ワタナベ薫 at 01:23 | コメント(4) | 美人たちのコーチング
この記事へのコメント
ワタナベさんのコーチング、やっぱり受けてみたいです!
いつかタイミングが合うといいな♪

セルフコーチング、一回やってみます!
このぶ
Posted by ゆりさん at 2012年12月29日 02:55
ワタナベさんのコーチング、やっぱり受けてみたいです!
いつかタイミングが合うといいな♪

セルフコーチング、一回やってみます!
この年末年始のおやすみ中にワタナベさんの今までのブログを全部読み返すのが私の目標です!(笑)

いつもありがとうございます(*^^*)
Posted by ゆりさん at 2012年12月29日 02:58
ワタナベさん、こんばんは☆

今日はお昼から、主人と大掃除しました。

久々のスッキリ感…ひとところが片付くと、もう
体力が…と倒れていたのですが、今年は違いました^^いちおうノルマ達成(*^^*)

最近、書き込みの大切さを感じて、来年は特大サイズの手帳、もしくはA4ノートを追加購入予定です☆

「どうありたいか」ということも、事あるごとに考えてみたい深いテーマですので、好奇心のアンテナをはって、まず短いスパンでの自分を満足させる体験の積み重ねをしてみたいと思います^^
Posted by ワンニャンLOVEさん at 2012年12月29日 17:05
どうありたいか?
なぜ?
さらに、なぜ?

というお話、とても面白く、そうやって追求して考えたことがなかったので、よし!この後、お風呂にゆっくり浸かりながら実戦してみようって、ちょっとワクワクしながら思いました。

ふと、それらを考えながら、
子どもの頃、親や大人によく「なんで?」「・・だから。」「じゃ、・・・なのは、なんで?」って聞いて、だんだん本気でいやがられ「しょーもないことを、いつまでも言いなさんな!」と怒られた記憶を思い出しました。
その記憶があるから、「なぜ?」って深く追求することって、「良くない」ことのようなイメージがしていたんだなぁ、だから、そういうことを今まで自分の中でもやってこなかったんだなぁ、と発見も出来て、面白かったです。

子どもの頃に、「人は死んだらどうなるの?」などという(大人も答えられない)ことを、純粋な興味(or恐怖)ゆえに、しつこく親などにたずね、結果、いやがられたり怒られたりしたことが、どこかで残っていて、それが「質問をする。どんどんする。楽しく追求する」ことへの妨げの?意識、になっている私の様な方も、もしかしたら多いのかも知れないなぁ、と思いました。

・・・今日、書いて下さってる内容とは少しずれた感想になってしまってすいません。
ワタナベさんのブログからは、いつもいろんな発見を頂いてます。ありがとうございます!
Posted by かわはるさん at 2012年12月29日 20:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]



【コメントをされる方へ】

明らにアクセス誘導と分かるような宣伝のコメントは、こちらの判断で削除させていただきますので、ご了承ください。また、ワタナベに御用のある業者の方は、コメント欄ではなく、トップのメニューバーの「ContactUs」よりお入りくださいますよう、お願い申し上げます。個人的に、このコメント欄はとても大事にしておりますので、どうぞご理解頂ければと思います。皆様のご協力に前もって感謝申し上げます。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。