【オリジナル商品】
バイノーラル音源入りアファメーションCDセット
バイノーラル音源入りアファメーションCD「MindSwitch」

2015年度音声プログラムの製品CDの一般販売を開始しております
お金に好かれる人になるMoneyReprograming

ワタナベ薫の音声教材などの一覧はコチラ
ワタナベ薫の音声教材などの一覧




2012年12月04日の美人になる方法
テーマ:美人の美意識

若さに固執すると逆に年取って見える理由(わけ)


こんにちは。ワタナベ薫です。

昨日はFacebookで絡んでいただけるとうれしい、と書いたら

絡まれまくりで超うれしかったです。ありがとうございます。




さて、今日の記事は、10日くらい前に、書き上げて、アップするだけだったのに、

パソコンが固まっちまって、ブッ飛んでしまい(T◆T)ダァーーー!って

なった記事です。思いを新たに書きました。



随分前の記事ですが、腸もみちあきさんの記事を読んですごい納得しました。

あるテレビでの内容が書かれていたのですが、すっごい参考になりました。

まずはその記事、おもしろいから読んでみて。

実年齢43歳が50代に?



彼女の記事を要約すると、いくら周りから「若く見えるね〜」と

言われても、子供の目から見たら、おばさんに見えるよ?という話。

そして、若見えに見せようと、がんばればがんばるほど、小学生には

年取って見える、そして大人からはイタく写っている、ということ。



小学生の目線では、女性が若く見せるようにがんばっていると、

自分のおばあちゃん(祖母)のように見える、という理由で

その42歳の女性が50代に見えたそうです。




自分が若く見えると思い込んでいる人の多くが、

内的評価と外的評価とで、判断していると信じていると思うのですが、

大人の外的評価はいかに当てにならないか?ということが明らかな調査結果、

と若作りしている人が逆に年取って見える、という調査結果ということになるでしょう。




子供は残酷・・・と言いますが、正直な評価は残酷である、

という意味なんでしょうね。大人はお相手を思いやるあまり、

正直な評価を他人にあまりいいません。これも彼女のブログがおもしろかったので、

読んでみてください。友達は本当のことを言ってくれるか

この記事は大笑い!ホント、本当のことは言えないものです。

ホントのことを言えるのは、毒舌な実の娘や家族くらいなもんです。




ある意味、お相手との関係をこじらせたくないので、

「若く見えるね〜」似合ってなくても「いいんじゃない?」と言うし、

リップサービス盛り過ぎってくらいお相手を褒めますし承認します。



ゆえに、言われた本人はまんま信じて、ギャルファッションや、

50過ぎても10代の娘と同じファッションをしてしまうかもしれません。

ご本人の決定ですからそれはそれでいいのですが、

私も見た目年齢にふさわしい服装が、品があって美しく見えると

思うたちでして、生き過ぎたファッションに美しさを感じないのです。



もうちょっと言うなら、個人的には、ファッションは実年齢ではなく

見た目年齢に合わせたものがオススメです。ただ、その見た目

というのが他者からの評価はあてにならないことも、決定要素に

入れておくとよいかもです。



1美人画.jpg



最近の女性は昔と違って10歳くらいお若く見える人はたくさんいます。

と言っても、私は流行りの美魔女は年相応に見えます。熟女って感じ。

あれ?私、敵作っている?(・∀・;)・・・大丈夫かな?

ま、時々、すっごいお若いお方もいらっしゃいますので、全員ではないですが。




実年齢が40歳でも見た目が20代なら20代の服装をしても

違和感はないことでしょう。しかし、その判断も誰がしているか?

リップサービスで「20代に見えるよ〜」を信じているなら、

ちょっと疑ってみるのもよいかもです。




しかし、最後に付け加えておきたいことがあります。

ファッションに自分の信念が込められている時、

どんなに若作りでもしっくりくることもあるんですよね。



60代になってもロックなテイストのファッションが好きで、

それに信念を持ってきている場合、なぜかしっくりくるものです。

これが、物(服装)と人との周波数が一致した共鳴だと思います。




と言っても、小学生の意見っていいね。

なぜかお肌がキレイでも、シワがなくてもシミがなくても、

年相応にしか見えない人もいますし、それらがあっても、

すっごくお若く見える人もいます。その違いってなんだろ?

女性っていつからおばさんになるのでしょうか?過去記事参考にしてみてん。

おばさんの兆候を調べる いつからおばさんなのか?



さて、上記の過去記事からしたら、私もすっかりおばさんの年頃。

実年齢というよりも、見た目年齢にあった服装をして、

品よくいきたいと思います。最後まで今日もありがとうございました。

ランキングに参加しております。皆様のポチのおかげで、

いろんなことが助かっております。ワタナベを支えていただき感謝です。

☆人気ブログランキング

☆にほんブログ村
ブラウザが開ききるまでお待ち頂けますと、
応援にカウントされるようです。
ご協力お願いいたします。
おきてがみ







美人になる方法@ワタナベ薫 at 00:26 | コメント(10) | 美人の美意識
この記事へのコメント
ワタナベさん☆

私も以前に比べてだいぶ「品がいいかどうか」
で洋服を選ぶようになったように思います。

ただやっぱり、昔っから自分が好きな
柄物に目を奪われがちではありますが(笑)
それでも、品を考えて選ぶように
なったかなぁ〜〜

柄物ってものによっちゃあ下品に
写ったりするので。。。

一番客観的に見れるのは、写真に
うつった自分を見ること??
かな???

Posted by 実江さん at 2012年12月04日 08:36
若く見られることより、年齢不詳の美しい女性を目指したいです。年齢なんて関係なくなっちゃうくらい「あの人すてき」っていう方いらっしゃいますよね。その方の存在やその方の人生そのものに惹き付けられるかんじ。美智子様や美輪様や吉永小百合様etc...ワタナベさんのおっしゃるとおり、みなさん信念をお持ちだと思います。やっぱり「見た目」は内面からですね。内面磨き頑張ります。
Posted by lanlanさん at 2012年12月04日 09:02
ワタナベさん、おはようございます。

なるほど!
ちびっ子に聞くといいんだ!!
たしかにこないだ服を選んでるときに、
5歳の女の子にダメだし喰らいました...  笑
イタい状態にはなりたくないと思いつつ、
どこを判断基準にすればいいのか?と迷うこともしばしば。

自分に合った服装で、品よくいこう!

さあ、今日も笑顔でいきましょー!
Posted by Food adventurer fumieさん at 2012年12月04日 10:31
ワタナベさん、おはようございます♪

短いスカートとタイツにはまり出したizumiです。

私も最近気になってます。
若づくりしてないか。昔からちょっとフェミニンな洋服が好きなのですが、
10年(20年?)以上たっても、趣味があまり変わらないので(';')

以前年下の彼氏とお付き合いしていたのですが、並んで写真を撮ってみたら、
まるで授業参観のお母さんと子どもみたいでした。
一歳差なのですが、学生と社会人の服装の差でしょうか。
私がお化粧をはりきっていたからダメだったのかな(*^_^*)

腸もみさんのブログ、おもしろかったです♪


今日も口角上げて、年賀状のリスト、整理してみますね。
これで年末よゆー(●^o^●)v
Posted by izumiさん at 2012年12月04日 11:02
お勧め記事どれも興味深いお話でございました。

イタイおばさんの道へ進まないように
心します!
Posted by みずどんさん at 2012年12月04日 12:57
ワタナベさんこんにちは♪
今日もドンピシャな記事ありがとうございます。

アンチエイジングとかどうやったら若く見えるかとか、外見にしか興味がないのかな〜?っていうオバサンにはなりたくないな、と常日頃考えていました。
年齢に抗うのではなく、良い年の重ね方をしたいな、と。

なのでワタナベさんのおっしゃるトータルで美人を目指す、そういう方向性にすごく共感します。

私も「品」を大切にファッションを楽しみたいと思います(^^)
Posted by nontotomoさん at 2012年12月04日 13:10
ワタナベさん、こんばんはっ!

今日の記事を読んで思い出しました。

数年前、下の娘がまだ小学生だった頃(なんの躊躇もなく、思ったことそのまま口にします(^^;)
ママ友達と一緒にご飯を食べに行きました。子供は家の娘ただひとり。

よせばいいのに、お店向かう車の中で、誰かが「ねぇ、この中で一番若いの誰だと思う?」と娘に聞きました。

よせばいいのに〜
娘は正直に答えましたよ。 そこで、やめておけばよかったのに、「じゃあ、一番年上は、誰かなぁ?」もちろん娘、正直に答えましたよ。

車内に漂う微妙な空気

一番年上と言われたその人、その中では年上の方でしたが、笑いつつもショックが隠しきれない様子(T_T) ごめんなさ〜い…。

小学生の目線で見ると、お化粧が濃いかどうかも、おばちゃまかどうかの選択基準みたいです。

本当の事は、誰も言ってくれませんものね(^^;

時々、娘に聞いてみます。

今日もありがとうございました♪

明日もよろしくお願いします。
Posted by ヨーコさん at 2012年12月04日 17:33
ちあきさんの記事はホントに鋭くお茶目!
笑わせて頂きました^^
うちの娘たちも若見えの熟女に
「はぁっ!?相応やで〜」っと首をかしげることしばしばです。
小学生を始めとするリアルに若い人の鋭い感性には敵いませんね^^;
外見はともかく、内面も相応の品格をもって歳を重ねたいと思いますです。はい。。。
Posted by ねこ吉さん at 2012年12月04日 21:35
若くある前に、まず自分らしく心地よくいたいと思います。

この時期は、まずタートルネックです。冬は首を冷やしてはいけないので、いつも首を護ってあげるアイテムを使います。その代わり、夏はデコルテを出したワンピなど楽しみます。

タートルネックというシンプルな画板に、どんなアクセサリーやブローチを持ってくるか、そして唯一無二の自分らしさを出すか…再度スカーフやストール、ベルトの使い方の研究中です^^
このスタイルは、もう20年は変わりません。

スカートは、千鳥格子やツィードでシックに…病後冬にパンツを履けなくなったのが残念ですが…ロングダウンコートなど保温性のあるものしか着ることができなくなったことが、ちょっと残念ではありますが…下半身を冷やせないのです…

年々、数は少なくとも質のいいものを求めます。それは、少しでも長く着て生きたいからです。でも、アラフィフは顔や体型が変わってくるので、そのバランスがとても難しいです…

心地よいお洒落は、私のモチベーションを上げる大切なツールです☆
Posted by ワンニャンLOVEさん at 2012年12月05日 10:14
おはようございます^^
ワタナベさま。

地震、何事もなく良かったです。。

ウチの娘は嘘偽りなく正直にコメントをくれるので
私は勘違いなオバサンにならないでいられます。
ありがたい存在です^^

そろそろ44歳に突入します。
若さには固執してないのですが
品をいうものを身に付けたいと思っています。

心のケアを忘れずにキレイなオバサンになりたいな〜。。

いつもありがとうございます(おじぎ)

ポチッ^^♪




Posted by newmoonさん at 2012年12月09日 11:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]



【コメントをされる方へ】

明らにアクセス誘導と分かるような宣伝のコメントは、こちらの判断で削除させていただきますので、ご了承ください。また、ワタナベに御用のある業者の方は、コメント欄ではなく、トップのメニューバーの「ContactUs」よりお入りくださいますよう、お願い申し上げます。個人的に、このコメント欄はとても大事にしておりますので、どうぞご理解頂ければと思います。皆様のご協力に前もって感謝申し上げます。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。