【オリジナル商品】
バイノーラル音源入りアファメーションCDセット
バイノーラル音源入りアファメーションCD「MindSwitch」

2015年度音声プログラムの製品CDの一般販売を開始しております
お金に好かれる人になるMoneyReprograming

ワタナベ薫の音声教材などの一覧はコチラ
ワタナベ薫の音声教材などの一覧




2006年12月23日の美人になる方法
テーマ:美人のメンタル

ペットと係わりをもって美しくなる

こんにちは。ワタナベです。


本日も美しく過ごしておられますか?

内外共に美しいものに触れて、

あなたの美しさに磨きを掛けてゆきましょう。





ワタクシゴトですが、今から7年位前に現在の主人ではない男性と

婚約しておりましたが、その後、お互い同意のもとで

1999年7月にお別れすることになったんです。





それは私にとって、人生最大のつら〜い出来事で、

1999年のノストラダムスの大予言が

自分の身に生じたのだと思えるほど、世界が終わったと思えるほど、

そう、死んでしまいたいと本気で思えるほどの苦難でした。





実はその「死にたい」いう感情が1年くらい続いたのですが、

ある本では、その「死にたい」という感情が

ある一定の期間続いているなら

「うつ病」の可能性があると書かれていて、

病院に行くことを考えましたが、その前に

「アニマルセラピー」について聞いたことがあったので、

ワンコを飼う事にしたんです。




実家にいたときは、当たり前のようにワンコもニャンコもいましたが

一人暮らしをしていた私だけのペットは始めてだったんです。




彼と別れた後は、オシャレも美容も美しさにも

全く関心がもてなくなっていたんですが、

ワンコのおかげでみるみるうちに、うつ的な感情から解かれて、

「死にたい」という感情からも脱出でき、

美意識も以前と同じようにでてきたところに、今の主人に出会いました。




ある本に、

「命ある生き物との触れ合いは
 女性ホルモンのバランスを
 正常にする働きがある」

と書かれていました。



また、「動物は人々に対して自尊心、責任感、必要とされている気持ち

自立心や安堵感、笑いや楽しみをもたらし、ストレスや孤独感を癒す

というストレスの緩衝作用がある」

とも述べられていました。




まさに、その通りで私のペットは、ペットではなく家族であり、

私にとっては「命の恩人」でもあるのです。

そのワンコの前で沢山の涙を流しましたが、

その度ごとに涙を舐めてくれ、私を慰めてくれました。

今その「命の恩人」は私のひざの上で、安心して眠っています。





また、ネコ嫌いの友達が初めてネコを飼って、性格がドンドン変わって

行く様を目の当たりにしたこともあります。




いつもギスギス、カリカリしていて、眉間にシワを寄せているような人

でしたが、ネコを飼ってからというもの、

「ミィちゃんがねぇ・・・」とデレデレぶりを発揮して、ハッキリ言って、

ホントその人かわいくなったんですよ。




動物のパワーはすごいです!




もし、あなたが飼える環境なら、考えてみるのをお勧めいたします。

でも、もし飼うならそれは皆さんと同じ「命」です。

天命がくるまで、最後まで一緒にいてあげれる人は考えてみてください。




きっと、動物はあなたの美しさに寄与することでしょう。


★皆さんが美しくなっていきますように。ポチ★
ブログランキング にほんブログ村 美容ブログへ


美人になる方法@ワタナベ薫 at 22:05 | コメント(2) | トラックバック(0) | 美人のメンタル
この記事へのコメント
突然失礼します。
宣伝させてください☆

年末・年始自宅でさみしいあなた”ケータイテレビ電話”で男性と楽しいお話しませんか??
素敵な男性と出会えてお金も稼げる一石二鳥のサイト【ガールズナビ.TV】!!

        《http://girls-navi.tv

 ぜひ始めてみませんか?? 
Posted by ガールズナビ.TV☆さん at 2006年12月25日 17:06
薫さんの過去を知る中で、今日初めて、モモとの出逢いを知りました。命の恩人だったと当時から変わらず感じていた薫さんの言葉を見て心にくるものがあり、また、私も思い当たるものがありました。
今日もありがとうございます。
Posted by トムさん at 2017年12月20日 23:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]



【コメントをされる方へ】

明らにアクセス誘導と分かるような宣伝のコメントは、こちらの判断で削除させていただきますので、ご了承ください。また、ワタナベに御用のある業者の方は、コメント欄ではなく、トップのメニューバーの「ContactUs」よりお入りくださいますよう、お願い申し上げます。個人的に、このコメント欄はとても大事にしておりますので、どうぞご理解頂ければと思います。皆様のご協力に前もって感謝申し上げます。


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。