【オリジナル商品】
バイノーラル音源入りアファメーションCDセット
バイノーラル音源入りアファメーションCD「MindSwitch」

2015年度音声プログラムの製品CDの一般販売を開始しております
お金に好かれる人になるMoneyReprograming

ワタナベ薫の音声教材などの一覧はコチラ
ワタナベ薫の音声教材などの一覧




2006年12月20日の美人になる方法
テーマ:美人のメンタル

幸せ美人になる魔法の言葉

こんにちは。ワタナベです。


美人に不可欠な要素は、自分を愛していること。

みなさん、今日もご自身を大事にしておられますか?

まず、自分を慈しみ愛し、いたわってあげましょう。





以前、「美人に不可欠な要素」で少し扱いましたが、

今日はもう一つの美人になるために不可欠な要素について、

考えたいと思います。その要素とは





「幸福感」です。





美人にはどこかしら「余裕」があり、「優雅」です。

それは幸福感に満ちているからこそ、

顔にも立ち振る舞いにも自然に現れてくるものです。





では、どんな人が幸福でしょうか?





お金持ち?

容姿端麗?

地位と名誉を得ていること?




そういう外的な要素は幸福に全く関係がないとは、

言えないものの、重要な要素ではありません(キッパリ)





実はどんな環境の人でも、「幸福感」に
満たされることは可能です。





どうすればよいのでしょうか?





今、自分が得ている「良いこと」に目を留めて、

感謝すること。

そうすると、心の中がふわぁ〜と温かくなり、

満たされた気持ちになります。





どんなことにも

「ありがとう」の気持ちを込めることなんです。






幸福な人は自分にあるものに感謝して、益々幸せになりますが、

不幸な人は、自分にないものばかりに目を留めて

がっかりして、どんどん不幸になっていきます。





例えば、お金がなくても容姿に恵まれていなくても

健康に恵まれていなくても、それでも幸福になることはできます。





小さなことに感謝してみましょう。




例えば・・・




庭先に小さな花がキレイに咲いてくれている。「ありがとう」

午後のひと時に、おいしいコーヒーが飲めて本当に幸せ。「ありがとう」

雨が降って憂鬱・・・と考えるのではなく、

草花のために、また地の実りのために降ってくれて「ありがとう」

子供が、、またはペットが私を必要としてくれている。「ホントにありがとう」

夫が生活を支えるために働いてくれている「いつもありがとう」




もう、どんな小さなことでもいいんです。

「ありがとう」は私たちを幸せにする
魔法の言葉です。





しかも、その幸せは伝染し、周りも幸せになってゆくんです。

コレ、ホントなんですよ。是非試してみてください。





その「ありがとう」の感謝の気持ちは、

あなたの幸福感と真の美しさに必ず寄与します。



美人はみな幸せです。

美人だから幸せなんじゃなく、幸せだから美人なんです。



★いつも応援クリックありがとうございます★
ブログランキング にほんブログ村 美容ブログへ


美人になる方法@ワタナベ薫 at 08:21 | コメント(3) | トラックバック(0) | 美人のメンタル
この記事へのコメント
>「ありがとう」は私たちを幸せにする
>魔法の言葉です
なんか、ずし〜ん・・と心に響きます。
>美人だから幸せなんじゃなく、幸せだから美人な>んです
まさに・・・、そうですね♪
ここに来ると、新たな気持ちっていうか
忙しくて忘れそうになっていることを
思い出させてくれる、
そんな場所です☆
Posted by yoshikoさん at 2006年12月21日 02:19
yoshikoさん、オープンに向けて忙しいですねー。
でも、yoshikoさんのお店の波動がなんとなく想像できます。
良いオーラを発しているお店って人が集まりますよね♪

踏ん張り時でしょうから、楽しみながらがんばってくださーい。



Posted by ワタナベだよ(・∀・)さん at 2006年12月21日 09:13
ここ最近特に、些細なことでも感謝を感じられない自分になっていたので美人とは程遠くなっていたように思います。幸せを感じられる自分でありたいです。
Posted by トムさん at 2017年12月17日 18:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]



【コメントをされる方へ】

明らにアクセス誘導と分かるような宣伝のコメントは、こちらの判断で削除させていただきますので、ご了承ください。また、ワタナベに御用のある業者の方は、コメント欄ではなく、トップのメニューバーの「ContactUs」よりお入りくださいますよう、お願い申し上げます。個人的に、このコメント欄はとても大事にしておりますので、どうぞご理解頂ければと思います。皆様のご協力に前もって感謝申し上げます。


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。