【オリジナル商品】
バイノーラル音源入りアファメーションCDセット
バイノーラル音源入りアファメーションCD「MindSwitch」

2015年度音声プログラムの製品CDの一般販売を開始しております
お金に好かれる人になるMoneyReprograming

ワタナベ薫の音声教材などの一覧はコチラ
ワタナベ薫の音声教材などの一覧




2011年06月24日の美人になる方法
テーマ:美人の人間関係

感情移入 良い場合と悪い場合


こんにちは。ワタナベです。

本日金曜日は、週末行われる東京&横浜セミナーのために前日出発です。

前日は別件で仕事の打ち合わせがあるので、余裕をもって出発。



いよいよ2回目の関東セミナー。関東はご出席者様がとても多い場所です。

今回は、3つの会場全部で100名以上の関東美人の方々がご出席です。

おっしゃれーな人たちと美人さんがとっても多い場所ゆえ、

美のエッセンス、皆様から頂いてこようと思っています。(^^)



さて、本日のテーマは「感情移入」についてです。



感情移入って、コミュニケーションにおいては、大切な要素だったりしますし、

これが出来ると、他の人の痛みを疑似体験したような感じになり、

感情を共有でき、相手を理解するのにはとても大切な要素と言えます。



なので、これが全くできない人は、他の人の気持ちを理解しにくく感じ、

冷たい印象となるかもしれません。ま、一概に言えませんが。



よく親が「相手の気持ちになって考えてみなさい」と

子供に教えることがありますが、大人は喜怒哀楽に関して、

子供よりは経験が多いので、感情移入をしやすいといえるかもしれません。



親の誘導で、子供は苦しい思いをしている人、悲しい思いをしている人の

感情になりきって、自分も悲しんだりかわいそう・・・と思えるように

なっていくことでしょう。



これは、他の人への優しい気持ちが育つので、とてもいいことです。



しかし、今日は「感情移入のあまりよくない面」について

記事にしたいと思います。これは私の経験上でもあり、

また、多くのクライアントさんの経験でもあります。



ビギナーコーチの頃に、私が直面した問題の一つとして、

この「感情移入のし過ぎ」というのがありました。



大きな問題や辛い問題を抱えたクライアントさんがいると、

一緒になって、感情を共有したり悲しんだり、挙句の果てには、

そのことが頭から離れず、セッションが終わっても、

そのことで苦しんだりする、ということがよくありました。



これは、コーチクライアントでなくても、そういうことは

起きるかもしれません。友達同士でも、友達がしんどいと

その方の氣を受けたかのようになり、自分もしんどくなる、

そして、問題がまるで自分のことかのような苦しさに捕われてしまうことがある。


1 話し合い.JPG



一緒に苦しむことで、お相手が軽くなるならいいのですが、

それが問題解決に繋がらないどころか、自分と友達までもが

ドツボにはまったかのように、苦しくなり、下痢になったり、

眠れなくなったり、胃痛に苦しんでいたりしたら、しんどいですものね。



また、男女の場合の感情移入はすぐに恋に陥る可能性がありますので、

注意が必要かもです(^∀^;)注意したほうがいい人と、

注意しないで、いい関係になったほうがいい場合があるかもですが・・・



なので、感情移入するときと、そうじゃないときを見極めて、

客観的な視点や理性で物事を見て、感情的になっている人に

冷静の手を差し伸べてあげたり、または、ニュートラルに

聞いてあげることに徹するだけでも、お相手にとっては

とても助けになるかもしれません。



あまりの感情移入をすることは、理性を失うばかりか、

自分の持っているエネルギーを消耗させることになり兼ねませんしね。



以前はね、私、この感情移入っちゅーやつに、かなり振り回されていました。

すっごい大切なことだと思い込んでいたので、自分の無駄な

エネルギー使いまくりでした。



誰に頼まれたわけでもないのに、他の人の悩みまで背負った感じ。

それって、問題解決にも何もなるわけでもないのに、

いいものだって勘違いしていました。



さらに、それをすることで自分の直感まで鈍るし、

判断も謝るしで、大変でした。



それよりは、ニュートラルであることにより、

相手にも自分を見つめる機会を与えたり、冷静な見方をできるように

お手伝いしたほうが、お互いのためですもんね。



冷たくしろ、って言っているわけではなく、

やはり、これまたバランスが必要なのでしょう。



人間関係において、感情移入は大切なもの。

しかしながら、どの辺までがいいものなのかは、

自分でも見極めることが大切と言えるでしょう。



特に、人と関わるお仕事をされているカウンセラーや、

ヒーラーさんなどの場合は、特にそうかもしれません。



本日の記事も何か参考になる点があれば幸いです。

「最後まで読んだよー」のしるしに下記バナーの

応援クリックいただけますとありがたいです。

☆人気ブログランキング

☆にほんブログ村

ブラウザが開ききるまでお待ち頂けますと、
応援にカウントされるようです。
ご協力お願いいたします。

おきてがみ


毛が薄くなるだけでなく、お肌の黒ずみも改善。







美人になる方法@ワタナベ薫 at 00:00 | コメント(7) | トラックバック(0) | 美人の人間関係
この記事へのコメント
ワタナベさん、おはようございます。
「人の気持ちになって考えなさい。」
これ、本当によく親から言われました。
想像力を養う上では、欠かせないことだと思います。
でも、たしかにワタナベさんの言う通り、
そうすることと、客観性の両方があるべきですね。
それにはやはり、
自分の芯がしっかりしてないとできないんだなぁと思いました。

いよいよ明日、東京でお会いできますね。
とても楽しみにしています。

では、今日も笑顔でGO!です。
Posted by FUMIEさん at 2011年06月24日 09:00
ワタナベさん、おはようございます

今日の記事、私そのものです。
職場の皆の不満を全部引き受けちゃうんです。
会社がもっと○○なら良かったのにごめんね、
社長がもっと○○なら良かったのにごめんね、
上司がもっと○○なら良かったのにごめんね、って。

私が謝るような事でもないし、会社や本人の問題で私の問題じゃないってわかっているつもりだけど、勝手に悩んで気力体力消耗しちゃっています。

相手の為になっているつもり、だけなんですよね。それで相手が言ってスッキリしてるならいいかなという気もしますが、自分が消化出来てない。
上手くバランス取れるようになりたいです。



Posted by そのそのさん at 2011年06月24日 09:31
ワタナベさん、こんにちは!
感情移入って疲れますよね(´_`。)
私も経験あります。
本当、頼まれたわけでもないのに
心配して心配して一緒になって
悩んでいる気でいましたが
結局は知らないうちに解決したりしていて
私の心配や苦しみは一体なんだったんだろうって
思ったりしたこともありました。
ニュートラルである事を
もっと意識しようと思いました。

それでは東京&横浜セミナーへ
いってらっしゃいませ〜(≧▽≦)




Posted by まぁこさん at 2011年06月24日 12:47
私も感情移入のし過ぎをしていた時は、よく身も心も
振り回されていました^^;

私の場合、周りの人の心配や苦しみを自分のことのように考えるだけではなく、嬉しすぎても感動しすぎてもそうなるのです^^;良くも悪くも感情の振り幅が大きすぎると、おのずとニュートラルから遠くなってしまいますよね。

人や物に執着しすぎることは、私にとっては良くないことだと思います。自分軸を持つことが今の私の課題かもしれません^^良い意味で淡々と生きることも、必要かもしれません。
Posted by ワンニャンLOVEさん at 2011年06月24日 13:18
感情移入ですかぁ〜。
私の場合、仲がいい人だと本気で考えたりしますがそうでもない人だとかなり冷静になったりなど差がありますね。。。。

今日の記事を読んで改めて自分以外の人と接することについて考えさせられました。

でもいつも気を付けていることは自分以外の人って「他人」ですよね、でもその他人の人にとっての「他人」って自分なんですよね。。
だから他人にとってよき他人でありたいといつも心がけてます**
Posted by YURiさん at 2011年06月24日 17:39
こんばんは。
感情移入って難しっくって、
”しろ!”と言われてできるものでもないし
するつもりがなくても、涙が止まらないこともありますよね。。。

つらいことを相談する立場からいうと
(私はこちらのほうが多いので。。)
ニュートラルに黙って話を聞いてくれるとありがたいです。
そして、そういう人を無意識に選んで相談しているようなきがします。

私の場合は、話すことによって自分がニュートラルな心になる事を求めているきがします。。

相手に感情移入し過ぎるのは疲れます。
相談事や悩みを聞く、という立場になったら。。
相手の気持ちを察するというスタンスでいます。
大事な人なら尚更です。
Posted by ななさん at 2011年06月24日 20:57
ワタナベさん
いつも、素敵な記事をありがとうございます。

依存や見返りを求める気持ちから出発した感情に移入するのは、避けたいと常々思っています。
とにかく触れないよう工夫します。

逆に子どもの純粋な気持ちへの移入は疲れないような気がします。

100%思い込みです。感謝です!
Posted by miyagiさん at 2011年06月26日 17:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]



【コメントをされる方へ】

明らにアクセス誘導と分かるような宣伝のコメントは、こちらの判断で削除させていただきますので、ご了承ください。また、ワタナベに御用のある業者の方は、コメント欄ではなく、トップのメニューバーの「ContactUs」よりお入りくださいますよう、お願い申し上げます。個人的に、このコメント欄はとても大事にしておりますので、どうぞご理解頂ければと思います。皆様のご協力に前もって感謝申し上げます。


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。