【オリジナル商品】
バイノーラル音源入りアファメーションCDセット
バイノーラル音源入りアファメーションCD「MindSwitch」

2015年度音声プログラムの製品CDの一般販売を開始しております
お金に好かれる人になるMoneyReprograming

ワタナベ薫の音声教材などの一覧はコチラ
ワタナベ薫の音声教材などの一覧




2011年06月11日の美人になる方法
テーマ:ワタナベの思うこと

愛する人々とのお別れの日 震災から三ヶ月



こんにちは。ワタナベです。

本日は、いよいよ名古屋会場の皆様とお会いできるうれしい日です。

帰ってきたぞ、名古屋ーー!って感じです。

名古屋はクライアントさんもとても多い地域で、

今回も出席者様の3分の1に近い数字の方々が、以前、そして

現在コーチングで人生を共にしております。



現在コーチングをやっているクライアントさまとも

本日初めてお会いできる、胸がワクワクする日でもあります。

しかしながらご出席者様のうち半分くらいの方が、

初めてのお方です。どうぞ皆様リラックスして来てくださいね。



暑かったり寒かったりなどで、室温の調整をいたしますが、

すべての人にちょうどいい室温を提供できない可能性がございます。

どうか、羽織るものや巻物などでご自身で体温調整もお願いいたします。

お会いできますこと、心より楽しみにしております。




さて、本日は、多くの人々が愛する人とお別れした日、

あの大災害からちょうど3ヶ月がたちました。

震災の記憶が薄れている今、どうか忘れないでいただきたいな、と思い、

本日も記事にしたためようと思います。



昨日は、仙台空港から名古屋に飛行機で行きましたが、仙台空港はモロ

津波の影響を受けた場所です。そこに到達するまでの間、名取の無残な姿を

たくさん見ることになりました。いつも飛行機で出張するときは、

車を空港パーキングにお願いしていくのですが、私たちがいつもお願いしていた

パーキングは跡形も残っていませんでした。



いつも笑うと前歯の金歯がキラっ!って光るおじちゃん、大丈夫だったかな?とか、

家族経営だったようで、ちょっとぶっきらぼうだけど、チャキチャキしていた

おばちゃんはどうだったかな・・・と彼らの笑顔がよみがえります。



今、被災地内にお住まいの元クライアントさんのケアのため、

無料セッションをしているのですが、現状をお聞きして、

まだまだおつらい状況にあることを知り、胸が痛みます。



福島では、まだお水を買うのにもペットボトルは1本まで、

などの規制があります。食材も同じだそうです。

原発に対する恐れを多くの人々が持っていて、外を出歩く人も少なく、

そして、引越しや避難していく人もいますが、残されたほうも

出て行くほうも複雑な思いでいる様子です。



こんなことを私が書いても何もならないとわかっていながら、

やはり、現地に残っている人々、残らざるを得ない人々が

一日も早く平安な生活ができますことをお祈りいたします。



今回のセミナーでは特別プログラムとして、「震災から学ぶ」というのを

最後の30分取り分けており、みなさまにも考えていただいております。



先日の当セミナーに飛行機でいらっしゃった方から、メールがきました。

掲載許可をいただきましたので、お読みくださいませ。



「最近は、震災の報道が少なくなり、
復興はまだまだと見聞きしながらも 
遠い記憶になってしまうところでした。
仙台空港の上空から見た景色は、とても無残で、
心が握りつぶされたように辛くなりました。

何も被害を受けていない私が涙を流すのは
申し訳ないと思いましたがやはり涙は止まりませんでした。

空港からバスに乗り、仙台駅までの道のりではバスの乗客皆さんが、
一つ一つを確かめるように外を見ていたのが印象的でした。

瓦礫を撤去し、スクラップの車をまとめ、整地し畑にし・・・
景色から頑張りも伝わってきました。」



おっしゃるとおり、今日本は皆が気持ちを取り戻し、元気になってきました。

いつまでも元気を失っていては、復興が遅くなるばかりなので、

それはありがたいことで、大切なことです。



しかし一方、「平和ボケ」・・・自分も含めて・・・

まだ三ヶ月しかたっていませんが、この方のメールにあるように、

遠い記憶の出来事、の位置になりつつあるようにも見えますし、

私自身もハッ!とさせられることがあります。



元気になることは悪いことではないですが、

やはり、現地にいてまだまだしんどい方々が存在していて、

そのことを知り、忘れず、立場は違えど目の前のできることを

定期的に、そして長きに渡ってやっていきたいと思います。

この自分の小さな小さな独り言に近いブログの記事での表明が、

誰かの心に影響を与えられれば幸い。




しかし、ボランティアしてください!義援金をお願いします!

なんて、私が言うべきことでもなく、そしてそれができない方は

その言葉を読むたびに、胸が痛むことと思います。



なので、自分の目の前にあることでできることだけでいいです。

そして、その行為は「天に宝を積む」行為であり、

私たちが人生においての徳を積ませていただく機会になるので、

その神様から与えられたチャンスを生かしたいです。



先日、宮城県の気仙沼に勤めているクライアントさまと

久しぶりにコーチングのセッションが再開できました。

地震の時の様子をお聞きしました。3日間職場から家に戻ることもできず、

家族のだれとも連絡が取れず、家で娘がどうなっているかや、

夫がどうなっているかもわからないまま帰宅したそうです。



4日目に久しぶりに自分の家に戻る途中で自分の実家に立ち寄ったそうです。

ご家族は、全員、もうそのクライアント様が亡くなっていたと思っていたようで、

家からみんなが泣きながら走りよってきて、今まで話もしなかったような弟が、

泣きながら抱きついてきた、って言っていました。



父親はリュックに着替えを詰め込んで明日娘を探しに行くところだったらしく、

自分の着替えと、娘が見つかったときに着せてやろうと思っていた服も

詰め込んでいたそうです。しかしその服は、娘が亡くなったと思っていたので、

冷たくなっているであろう娘に着せてやるつもりだったそう。

親や兄弟の気持ちを思うと涙が流れました。



沿岸部で生きた人、亡くなった人、何がその分かれ目なのかは、

ここで書きませんが、何にしろ今日は、あの日から3ヶ月。

まだ、3ヶ月。私も自分のブログの3月11日付けと、その日のメール履歴を見ると、

皆様の心配のコメントやメールが200件以上あったのを見て、

今でもジワ・・・と来ることがあります。

3月11日の数多くのコメントを読むと今でも涙がでます。



やはり忘れてはいけない出来事。

それぞれがまた、11日が来るたびにいろいろと考えさせられるのかもしれません。



さてさて、しんみりするのはこれくらいにして、名古屋名物ひつまぶし食べました!


02 老舗.jpg



ここは、明治創業の老舗中の老舗。名古屋のひつまぶしったら、ここ!

ってくらいおいしいところです。是非行ってみてください。(タクシーの運ちゃん言ってました)

涙が出るほどおいしかったです。一杯目はそのまま食べる。二杯目はネギたっぷり

のっけて食べる。三杯目はだし汁入れてお茶漬けにして食べる。



一粒で二度おいしいグリコを超えて、一つのどんぶりで三度おいしい!



01ひつまぶし.jpg



もう、うますぎー!(T▽T)

一夜の贅沢な夕食でした。家に戻ってから、名古屋にある車屋さんでの

萌え萌えな画像をアップいたしますね。少しだけツイトピックにありますので、

見てみてねん(・▽・)




さて、本日名古屋の皆様とお会いできますこと、

心より楽しみにしております。(^∀^)元気なお顔をお見せくださいねー!!

そして、明日の東京会場もよろしくお願いいたします。

週末ランキングパワーがなくなりますので、ご協力お願いします。

☆人気ブログランキング

☆にほんブログ村

ブラウザが開ききるまでお待ち頂けますと、
応援にカウントされるようです。
ご協力お願いいたします。

おきてがみ





薄付きでもカバー力あります!
美容液ファンデ。オリコンいつも一位の商品です。





美人になる方法@ワタナベ薫 at 00:00 | コメント(4) | トラックバック(0) | ワタナベの思うこと
この記事へのコメント
ワタナベさん、おはようございます。
そうですね、震災から3ヶ月。
先日甥っ子の誕生日プレゼントがわりに、
彼の名義で義援金をおくりました。
でも、だんだんと、
遠い記憶になりつつあったことも事実です。
一緒に生きて行く同じ日本人として、
まだまだ長い時間のかかる復興の手助けをしていこうと、
改めて心に刻みました。

ありがとうございます。

セミナーで、多くの素敵な出会いがありますように!

今日も笑顔でいきましょう。
Posted by FUMIEさん at 2011年06月11日 07:19
3ヶ月…早いものですね。

現地でボランティアをすることもなかなか出来ず、義援金も大金でとはいかないし、「ひつまぶし」を「ひまつぶし」と、最近まで思いこんでいたような私ですが、それでも意識を向けて祈ることは出来ます。

ワタナベさんの記事で、思いを新たにしたところです。
Posted by 小暮さん at 2011年06月11日 13:01
初めまして。
震災から3カ月たち、いまだ復興が進まない多くの地域があり、目に見えない放射性物質の恐怖に苦しむ地域の方のことを思うと、胸が苦しくなります。ですが、想うことしかできないことを少し情けなく思ったりすることもあったのですが、ワナタベさんの記事に心が救われました。

自分の目の前にあることでできることだけでいいです。
そして、その行為は「天に宝を積む」行為であり、私たちが人生においての徳を積ませていただく機会になるのでその神様から与えられたチャンスを生かしたいです。

という文章に。

私は、16年前、阪神淡路大震災を経験しました。1・17は決して忘れることはできません。何があっても忘れません。
その想いと同じように、いつまでもずっと、3・11のことを忘れずにいること。それが自分にできることだと改めて感じています。

ありがとうございました。
Posted by 千華さん at 2011年06月11日 21:57
ワタナベさん^^こんばんは

「天に宝を積む」素敵な言葉ですね♪

少しでも、誰かのお役にたてるように
コツコツ継続してゆきます^^

移動お疲れ様でした、ゆっくりお休みください。
ありがとうございました^^
Posted by さん at 2011年06月11日 23:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]



【コメントをされる方へ】

明らにアクセス誘導と分かるような宣伝のコメントは、こちらの判断で削除させていただきますので、ご了承ください。また、ワタナベに御用のある業者の方は、コメント欄ではなく、トップのメニューバーの「ContactUs」よりお入りくださいますよう、お願い申し上げます。個人的に、このコメント欄はとても大事にしておりますので、どうぞご理解頂ければと思います。皆様のご協力に前もって感謝申し上げます。


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。