【オリジナル商品】
バイノーラル音源入りアファメーションCDセット
バイノーラル音源入りアファメーションCD「MindSwitch」

2015年度音声プログラムの製品CDの一般販売を開始しております
お金に好かれる人になるMoneyReprograming

ワタナベ薫の音声教材などの一覧はコチラ
ワタナベ薫の音声教材などの一覧




2010年12月23日の美人になる方法
テーマ:美人の美意識

キレイを作る3つの習慣




こんにちは。ワタナベです。

昨日は、別れがあり、出会いがあり・・・

コーチングの新しいクライアント様とのオリエンテーションがあり、

そして、夜には3ヶ月間共にがんばってきたクライアントさんと

最後のセッションがあり・・・あ、別れではないですが、

でも、毎週ずーっと話をしていた方と、話せなくなる、

というのは、私には相当堪えるたりもします。




喜びと寂しさで入り混じった日ではありましたが、

様々な感情をしっかり味わう、というのはいいものですね。

さて、今日もコーチングをお申し込みされた方と

初めてのオリエンテーションがあります。楽しみです(^^)




今日は最近の私が実践している

「キレイを作る3つの習慣」を扱いたいと思います。




果たしてそれでキレイになっているかどうかはよく分かりませんが、

気持ちの上で、そしてセルフイメージの中では

これをやっているとキレイを作っている感がありありなので、

もし、何か参考になる点があればと思います。




キレイを作る習慣・1

感動すること




これは、感動できる状況も必要になってくるものではありますが、

忙しい生活を送っていますと、一番鈍くなってくるのは、心だと思うのです。

心は私たちの体を作ります。外見も作ります

心は体と繋がっていて、心は”動機を作るところ”なので、

心が健全でいないと、美しくいよう、という行動もできなくなります。




なので、小さなことに感動できるように、感動センサー

敏感にしておくことです。もちろん、感動するのに、

映画や本などを自分で定期的に見る時間が取れたらいいんですが、

それをする時間がなくても、日常生活から感動を拾うようにしてみる

これはお勧めです。




おいしいものを食べた時に、おいしいと思う。できれば

「おいしい」って言ってみる。そして、もっと言えば、

「うわ〜!おいしい〜。はぁ〜ん、幸せ〜」とも言ってみる。




それだけで、ただおいしいって感じたことがもっと倍増して

おいしく感じますし、その言葉に発しただけで、もっともっと

脳内では快楽物質がでますので、その快楽物質は私たちを美しくします。




キレイを作る習慣・2

朝寝起きに、コップ1杯の白湯を飲むこと




これは、アクアクララのウォーターサーバーをはじめて

ちょうど一年になるのですが、朝起きがけに白湯を飲むようになってから、

体の調子がすこぶるいいのです。



1.jpg



で、この白湯を飲むときにイメージすることがあるのですが、

実は、起きてすぐにトイレに行かず、まず白湯を飲みます。

真冬以外は外に出て、日光を浴びながら白湯を飲んでいます。




そのときに、体の中にあるものがすべて白湯でキレイにされているイメージで、

一口一口をゆっくり飲みます。その後に、トイレに行くのですが、

イメージとしては、体に溜まった毒素全部流されていく感じで(^^)




これがすごい健康的で、体は温まるし、白湯ダイエットは、

芸能人の間でも流行っていますが、私はこの白湯を飲むことで、

体を労わっている感が以前よりも高まってきて、習慣化しました。

これは是非是非お勧めです。




さて、キレイを作る習慣・3

自分の好きなことをする時間を毎日取り分ける




これもまた健全な心を育てるには、私にとっては絶対に必要なこと。

好きな時間というのは、長くなくてもいいのですが、

毎日取り分ける、というのがポイントです。




私は隙間時間と言うのがあります。

セッションとセッションの間は大抵20分くらい間がありますので

その20分を何回かに分けて、お茶の時間、読書の時間、

マイケルとゴロゴロする時間・・・などなど、

自分にとっての好きな時間を小分けに設けています。




あと、2〜3時間まとまった時間があると、昼寝します。

実は私にとって一番好きなことがコレなんです(^^;)

寝ることは、「魂をお里に帰す」ということであると、

誰かから教わりましたが、最近特に寝ることで、

魂がお里に帰っている感がすっごいあるのです。




お里ですから、自分の育ったところ。

そこには安心感や満たされ感、そしてお里から帰った後は、

さらなる活力を得て、また自分の持ち場に帰り仕事をがんばろう、

という気持になるはず。寝るとね、そんな感じに心がそんな風に

作用しようとするのです。これは、私に関して言えば、ということで、

皆さんに当てはまるかどうかはわかりませんが、私の美容に関しても、

お昼寝と読書で心を養う、ということは必須中の必須です。




キレイを作る習慣、他にも実際の美容に関する事柄も沢山あります。

毎日美顔器をかけること、エクササイズ、

朝のジューサーで作る野菜ジュースを飲むこと、

黄酸汁(サジー)を飲むこと、リファで頭皮マッサージ、

爪先立ちで歯磨き・・・もう小さな美習慣は数えたらきりがありませんが、

すべては、自分を労わる気持からきています。




自分の体は神様からの借り物。




・・・という認識を持っていますので、

その借り物を汚くなるように放置したり、不健康になるような

不摂生な生活をしたりするのは、神様にも失礼です。

なので、借り物はキレイに保つ、そんな心意気で今日もがんばります。




今日は祭日ですね。楽しい一日をお過ごしくださいませ(^^)

いつも応援感謝です!

☆人気ブログランキング

☆にほんブログ村

ブラウザが開ききるまでお待ち頂けますと、
応援にカウントされるようです。
ご協力お願いいたします。

おきてがみ



私もコレ1本!総合栄養美容ドリンク
200種以上の栄養成分を含み、すっきりとして飲みやすい!フィネスの【豊潤サジー】初回限定トライアル!





美人になる方法@ワタナベ薫 at 02:03 | コメント(5) | トラックバック(0) | 美人の美意識
この記事へのコメント
ワタナベ様こんにちは^^

自分から発する言霊はよくも悪くも
他人にも自身にもダイレクトに影響するので・・・
ついつい口走ってしまうから気をつけないと^^

「魂をお里に帰す・自分の体は神様からの借り物」
そう考えれば自分であって自分ではない・・・
たまには、こころもカラダも労わります^^

ありがとうございます

Posted by さん at 2010年12月23日 10:15
こんにちは。

今日も感動モードを全快にして一日を過ごすことにします〜。
ありがとうございます。

ポチッ
Posted by 元単身赴任のYHさん at 2010年12月23日 12:02
今丁度仕事が忙しくて、私も主人もイライラしがちです。 
小さな衝突がしょっちゅうです。
子供たちも学校がそれぞれに忙しく、それぞれがいろんなオーダーをしてきます
(体調も万全でなかったため、受け入れたりスルーしたりする余裕が心になくて・・・)

今日の記事もズーンと来ました。
心の余裕は作るものだと思えました。小さなものにも感動すれば・・・余裕が持てそうな・・・トライしてみますね
Posted by ぐぅさん at 2010年12月23日 13:41
私もお昼寝好きです。
出来るときは必ずします・店で。

白湯も毎朝飲んでいて、人参とリンゴのジュースも毎日飲んでます。

良い習慣はなかなか身につかず、悪い習慣はすぐに覚えてしまうのが人の業なのでしょうが
少しでも気づき。改善していけばそこからまた
正のスパイラルが構築されるような気がします。

応援ぽち〜〜ん!
Posted by maglieさん at 2010年12月23日 17:02
自分の体は神様からの借り物って素敵な言葉ですね。その言葉だけでみんなとつながっていることや、宇宙の一部みたいな感覚になります。怪しい発言ですが。。。(-_-;)
この顔や体を借りているのなら、もっと大切に扱い、磨きをかけたいなって思いました。
好きなことをする時間を取り分けるってなるほどなって感じです。私よりずっと忙しいはずなのにどうやってバランス保っているのだろうって思っていたから、ワタナベさんはそうやってちょっとした隙間時間を上手にリフレッシュされていたのですねー!!!目からウロコ(T_T)
さっき本屋さんで『15分あったら喫茶店(カフェ?)に入れ』っていうようなタイトルの本がありました。タイトルだけ見て、そんなの無理って思ったけど、今ブログ読んでいて『そういうことか!』って腑に落ちました。よかった!!
まだまだ時間活用法改善余地は多そうです。
少しづつ取り入れてみます。
今日もありがとうございました。(=^・^=)
Posted by komatsuさん at 2010年12月23日 17:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]



【コメントをされる方へ】

明らにアクセス誘導と分かるような宣伝のコメントは、こちらの判断で削除させていただきますので、ご了承ください。また、ワタナベに御用のある業者の方は、コメント欄ではなく、トップのメニューバーの「ContactUs」よりお入りくださいますよう、お願い申し上げます。個人的に、このコメント欄はとても大事にしておりますので、どうぞご理解頂ければと思います。皆様のご協力に前もって感謝申し上げます。


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。