【オリジナル商品】
バイノーラル音源入りアファメーションCDセット
バイノーラル音源入りアファメーションCD「MindSwitch」

2015年度音声プログラムの製品CDの一般販売を開始しております
お金に好かれる人になるMoneyReprograming

ワタナベ薫の音声教材などの一覧はコチラ
ワタナベ薫の音声教材などの一覧




2010年12月04日の美人になる方法
テーマ:美人のメンタル

断りきれない性格だった以前の自分・・・



こんにちは。ワタナベです。

本日は、東京会場のセミナーです。プログラム開始は、正午12時からとなります。

ちょうどお昼の時間ですので、始まる前に何か食べてきたり、

会場ついてからでも何か軽く食べても大丈夫ですので、

どうぞ遠慮なくピクニックシート広げてランチしてください(^▽^;)

お会いできますことを心より楽しみにしております。




先日、ふと、10年以上も前の経験を思い出して、

ほんのちょっとムカムカしてしまい、あのときの経験からの

学びをちょっとだけ記事にしようと思いました。




タイトルは、そのまんまなんですが、

私は昔は頼まれごとを断ることが本当にできない人間でした。

今でもちょっとはそういう傾向があるのですが、現在その傾向は、

パーセンテージに表すと、全体の10%くらいなので、

あまり日常生活に不都合は生じません。




しかし、10数年前は断りきれない度は、80%以上もありまして、

嫌なことでも全部引き受けて、ヒーハー言っているタイプでした。

根底にあるのは「誰からも嫌われたくない」という、やっかいな感情。




今から14年ほど前の超極貧時代。

離婚して車買って引越しして・・・

私の貯金通帳は底をついた状態。というくらいしんどい時でした。

当時、正社員ではなくて派遣で職種が変わる、ということもよくありまして、

新しい派遣先ですぐに仲良くなった5歳ほど年上の女性がKさんがいました。




彼女には、何か相談したり一緒にご飯食べたりと、

すぐに打ち解け仲良くなりました。




しかし、1ヶ月もしないで彼女は引っ越すことになり、

ほんの短い間だったけど、何か気持ちだけでもKさんにプレゼントしたいな、

って思っていた時に、同じ部署の人からみんなでお金を集めて、

彼女に何かプレンゼントしない?という提案を受けました。




何人かで集めてやるなら、それぞれが小額でも

それなりの物や餞別になるかな、思い、私もそれに参加することにしました。

声をかけてくれた人は、勝手にこちらで物を買ってあげるよりも、

引越し先で使う必要なものをあげようね、ということを言っていたので、

私もそれに同意しました。いらない物をもらっても困るだけだし・・・思ったし。




で、後日、その声をかけてくれた方から

「Kさんへのプレゼントの品決まったよー」との報告を受けました。




「Kさんね、ダイニングテーブルセットが欲しいんだって!」




ここまでは、まだセーフですよ。

ほら、ニトリとかトップバリューとかでもお安いしね。

テーブル一つと椅子2脚で、安いのだと2万円くらいで買えちゃうものもあるし。

5、6人参加する人がいるので、そんな額にはならんだろう・・・と思っていたら、

欲しいとされるカタログまで見せられて、そのお値段見たら、

ニャ、ニャントォーッ!




16万円也。チーン!




えっと・・・プレゼント参加者が6人だから、

160,000÷6=26,666 お一人様約¥27,000。




その女性、「Kさんね、このダイニングテーブルセットがいいんだって。

椅子が回らないタイプだと12万円なんだけど、この際回るのが欲しいんだって」

つーか、あなたたちも、どんだけ金持ちで太っ腹なの!とか、思ったりもして(笑)




で、どうなったと思います?

ちょうどその後、そのテーブルセットがセールになって

半額の8万円になったんです。それを6人で割ってKさんにプレゼントしました。




これは、引越し祝いにダイニングテーブルを欲しいと言ったKさんが

アフォーだ、という記事ではなくて、断りきれない私がいかにダメなのか

って記事なんですけどね、本来の「Kさんにプレゼントをしたい」という

温かい気持ちが、結局モヤモヤしたまま、あまりいい動機じゃないまま、

参加したことがよくないんですよね。それこそ、「ダイニングテーブルセット

欲しいっていうKさん、バカじゃん?」とか思ったり(^^;)

どうせ同じあげるにしたら、気持ちよくあげたいじゃないですか。




しかし、私のきもちはモヤモヤ募り、

どんどん、心は醜くなっていきました。

醜くなる前に、イヤだったら、断ればいいんです。



NO.jpg



断ることが慣れている人から見たら、断りきれない人の

心境が理解できないことがあると思うのですが、

他人の目を気にしすぎる傾向や、自分だけNOと言えない

そんな性格が災いして、結局自分の動機までおかしくなるんですよね。




思い出しただけでも、自分にも腹立つし、ダイニングテーブルセットを

欲しいって言ったKさんにも腹立つし、こんなことを思い出して、

やっぱり、自分の意思はしっかり伝えられるようにならなきゃいけないな、

って改めて思うのでした。




聖書の言葉に、

「はい」は「はい」を、

「いいえ」は「いいえ」意味するようにしなさい




という言葉があるんですけれども、まさにそれ。

心の中では「No」なのに、言葉では「Yes」と言っていたら、

相手だって混乱しますし、自分にも嫌気がさすものです





なので、ことわりたいな、無理だな、

そんなことを思ったら、断る練習、断る力、

これから強く生きていくためには、とても必要なことです。




そんな随分昔のことを思い出し、記事にするのも、

何か意味のあることだと思い、みなさまにも恥を忍んで

お伝えしようと思ったのでした( ̄▽ ̄;)

週末楽しんでくださいね。応援よろしくお願いいたします。

☆人気ブログランキング

☆にほんブログ村

ブラウザが開ききるまでお待ち頂けますと、
応援にカウントされるようです。
ご協力お願いいたします。

おきてがみ










美人になる方法@ワタナベ薫 at 00:08 | コメント(11) | トラックバック(0) | 美人のメンタル
この記事へのコメント
えええ?
それって、結婚式のお祝いのようですね。

でも、昔は、よく誰かの餞別にお金を集めることあったの思い出しました。
大きな会社って結構多かったと思います。

それほど仲がよいわけでもないのに、だれだれさんの祝い物を買うとか。送別会とかで、集金されてたなぁ。もちろん、会などは、断ることもありました。
都合悪いからって。
そしたら、都合の良い日はいつ?って聞かれたりしたこともありましたねぇ。

でも、私がやめるときなども、何社か部署の仲間がサプライズでギフトくれたことは、嬉しかったですけどね。でも、、
ビール券、お米券、焼酎一升瓶、宝くじ券とかでした。汗)女性にあげるギフトかぁ?
でもねぇ、私の嬉しいもの分かってるなって感激したものです。笑)
やはり、「心」ですよね。^^*

先生のギフトも、このシーズンありますけど、
(アメリカは、多いです)私は、嫌いだった担任先生には、お金払わないですね。体裁で払う人も多いけど。贈り物は、やはり気持ちがいいのが一番ですよね。

長々すみません、いろんなこと思い出しました。
貴重な体験談ありがとうございます。



Posted by SATOMIさん at 2010年12月04日 04:39
ひゃあ〜 すっごいですね☆

人それぞれ付き合いの長さがあるし
関わりあい(深さ)も違うので
私が幹事をするときは、
皆、別々の金額を勝手に決めちゃいます(笑)
それでも多く出したい人は止めませんしね♪

私もあんまり断れない性格だと思っていたのですが、以前夜のお仕事していた時に
こわ〜い顔の会長から、
『奈緒美さんは嫌な事は、嫌ってハッキリ言って
テコでもやらないよね〜』って言われました(汗)←だってやらへんって言ったやん!!みたいな(笑)

ハハハ そうなんだ〜って初めて自分の意思の強さに気付きました・・・。こわいです(涙)

京都では『 やんわり断る 』のが美徳とされてるらしいので、なかなかの変わり者みたいです。

ただ、嫌々な感情使って何かをしても、いい結果は生まないと思ってるので、このまま突っ走りたいと思います☆

レッツラドンでございます☆
Posted by 奈緒美さん at 2010年12月04日 10:12
おはようございます

Yes,No・・・はっきり言うのは難しいです。 つい相手の気持を考えたり、やはり嫌われたくないという気持が働いてしまっています。
万人に好かれるなんて無理って分かってるのに。
特に(ビンボーなのに)けちって思われるのがイヤだったりww

もういい加減学ばなければならないですね。

・・・にしても Kさんも、ソレを贈ろうといった方々も、ちと感覚おかしい・・・というか、お金持ちなんですね〜(嫌味)・・・(爆)

Posted by ぐぅさん at 2010年12月04日 10:38
恥を忍んでUPして下さったワタナベさんの
心意気、決してムダにはしません。

私もNOとはいえない人種です(笑)。

自分に正直に生きるというのは
難しいものですものね。
Posted by みずどんさん at 2010年12月04日 11:14
ワタナベさん、こんにちは。

タイムリーに悩んでいた「嫌といえない性格」、
そして、「人からよく思われたいと思う気持ち」・・・
ワタナベさんの記事になっていて、びっくり!しています。
『「Yes」をきちんと心の中でも「Yes」と言う』ことが
心にずしんと響きました。
ヒントを得て、もやもやがどこかにとんでいったような気分です。

記事にしていただいてありがとうございました☆
Posted by ほしさん at 2010年12月04日 13:04
わ〜〜〜((+_+))
私も似たような経験があります(笑)

職場でカワイコちゃんが退職する際、
贈り物をするのに
張り切った幹事君(下心あり)が
何を思ったのか一人¥10000予算で
計画を立てちゃいました。
(慣例では¥3000くらいなのに。)

電話でそのことを伝えられた時、
彼女と仲良くしていた分、なんとなく
『それ高すぎじゃない?』って言えませんでした。トホホ…。

さすがに上司からストップがかかりましたが。
たぶんストップされなかったら
もやもやした気持ちで払うことになっていただろうな〜。

だって電話でそれを聞いた時
『それあなたの個人的な感情入りすぎ!』って
思ったのに、『すごい企画ですね。』って
遠まわし過ぎな返答をしてしまいました(笑)

まだまだ修行が足りんな〜、自分。
Posted by yukarichinさん at 2010年12月04日 18:29
ワタナベさん、こんばんは。

今回の記事、最後はどうなっちゃうの〜っと ドキドキして読ませていただきました。

値段、高すぎますよね…。

私もバツイチ極貧生活の経験があります。
でも、自分が辛くても周りの人を大切にしたいっていつも思っていて。。苦しかったから少しは素敵な自分でいたかったんですよね。
でも結局、疲れきって自分も周りも大嫌いになってしまったのでした。

今は少し変われたかなって思います。

これから今日の記事をもう一度読み、気持ちを整理します

いつもありがとうございます☆
Posted by スギウラ☆さん at 2010年12月04日 18:33
貴重な体験談ありがとうございます。

私も嫌われたくない気持ちや、よく考えずに安請け合いしてしまうことがしょっちゅうです。

相手を嫌な気持ちにさせない上手な断り方って
難しいですね。

相手を嫌な気持ちにさせず上手に断る、来年の目標の一つにします。


Posted by まみっちさん at 2010年12月04日 19:20
ワタナベさんこんばんは^^
東京セミナーお疲れ様でした。

今日の記事、
そういうところをさらけ出していることがワタナベさんの一番の魅力なのかもしれないって思います。
結局のところ自分の本当の気持ちに素直に生きることがまわりまわって周囲の人のためになっているのかもしれませんよね。

毎年学生時代の仲間と忘年会するのですが、幹事は暗黙の了解で毎年私だったのです。で、今年も当たり前のようにそろそろ決めなくちゃって今日思っていたのですが、微妙に違和感が・・・
年末=恒例の行事をやる、じゃなくてもいいんじゃないか?今読みたい本がたまっているしって。

TIME IS LIFEですし(笑)
本当に自分が費やしたいと思うことだけに時間を使っていきたいなって思いました。
こういうワタナベさんの例をシェアしていただくと、やっぱり自分の本音に従っていいんだ!って
そう生きて行くことに勇気が持てました!
ということで恒例の幹事、心おきなく断れます!(笑)
いつもありがとうございます。m(_ _)m

おやすみなさい☆
Posted by komatsuさん at 2010年12月04日 22:45
はじめまして。いつも楽しく読ませていただいております。
私、断ることが本当に苦手なんです。断って関係が崩れてしまうのではという心配が大きく、それならば自分がすべてを受け入れて動けば、すべて丸くおさまって良いのでは・・?と、我慢をし過ぎてしまい、心が壊れてしまって。。
これからは上手に断りながら、バランスのとれた人間関係を作っていこうと思います。良いアドバイスをありがとうございましたm(__)m
Posted by まりさん at 2010年12月07日 16:58



【まりさんへ】

はじめまして^^コメントありがとうございました。
お返事が遅くなりまして、申し訳ありませんでした。

おっしゃるとおり、断って関係が崩れる恐れ、
ありますよね・・・私もまりさんと同じ、
何でも引き受けてばかりいて、心が壊れかけてしまったこともあります。

今は、仕事以外のプライベートな付き合いは、
関係崩れることの恐れがなくなったので、
嫌われてもOKってな気持ちで、自分の感情に
素直になっています^^

そうなると、楽ですね。ホント。

コメントありがとうございました。
また、書き込んでいただけますとうれしいです^^



Posted by ワタナベさん at 2010年12月08日 17:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]



【コメントをされる方へ】

明らにアクセス誘導と分かるような宣伝のコメントは、こちらの判断で削除させていただきますので、ご了承ください。また、ワタナベに御用のある業者の方は、コメント欄ではなく、トップのメニューバーの「ContactUs」よりお入りくださいますよう、お願い申し上げます。個人的に、このコメント欄はとても大事にしておりますので、どうぞご理解頂ければと思います。皆様のご協力に前もって感謝申し上げます。


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。