【オリジナル商品】
バイノーラル音源入りアファメーションCDセット
バイノーラル音源入りアファメーションCD「MindSwitch」

2015年度音声プログラムの製品CDの一般販売を開始しております
お金に好かれる人になるMoneyReprograming

ワタナベ薫の音声教材などの一覧はコチラ
ワタナベ薫の音声教材などの一覧




2010年12月03日の美人になる方法
テーマ:美人の美意識

女の美意識は生きる力

こんにちは。ワタナベです。

本日は、明日の東京セミナーのため、東京に前日入りです。

今日の夜は、仕事関係のことで打ち合わせがあり、

東京で遊ぶー♪ということができませんが、

都会の空気を吸って垢抜けてきたいと思います。




明日の東京会場のセミナーに関して、

場所などの詳細がわからない方はいらっしゃいませんか?

もしいらっしゃれば、お問い合わせくださいませ。

お申し込み時点で自動返信メールで一度詳細のメールがいっていますし、

入金確認時点でも詳細のメールがいっているはずですので、

迷惑メールボックスも合わせてご確認お願いいたします。

また、携帯の方はPCアドレスも「受信可」にお願いいたします。

中には、どうしても連絡が取れない方もいらっしゃいますので、

どうぞよろしくお願いいたします。




さて、本日の記事は美意識についてです。




美人は美意識が高い。

容姿がよくない人は美意識がない。


と思っている方はいらっしゃいませんか?




美意識は容姿の良し悪しに全く関係ありません




美意識とは文字の如く、美に関する意識のことです。

なので、よく周りの美人さんと自分を比べて、自分はダメだ〜・・・

と思う人も実は、美をいつも意識していることになりますので、

ある意味、美意識がある、と言えると思うのです。




そして、もっと美意識が高くなってくると、

それが継続的な行動に表れてくるものですから、

(例えばメイクやファッション、エクササイズなど・・・)

美意識の高い人は、自ら美しくなる人でもあります。




でね、私はいつも思うのは、

「人は環境によって作られる」ということ。

ならば、美意識の高い環境にいるならば、必然的に自分の美意識も高まり、

どんどん美しくなっていくものです。




よく、こんなことを聞きます。

デパートのコスメ売り場のBAさんがあまりにもキレイで、

気後れしてしまって、化粧品をそこで買う気になれない。

結局、ドラックストアになっちゃう・・・と。




その気持ち、痛いほど分かります。

以前は、その気持ちがとても私も強かったです。

(しかし、今でもドラックストアでも買っていますけどね!( ̄∀ ̄;))




しかし、美の環境に自らを置くことによって、

人間の自然の傾向として環境に馴染みたい、という気持ちが働きますので、

知らず知らずのうちに、美意識が上がり、美に関しての何らかの

行動をするようになるものです。




美から遠ざかってばかりいると、せっかく持っている美意識も

どんどん低下していくことになるものです。なので、是非、

キレイな友達やおしゃれな友達と時間を過ごすことにより、

または、BAさんにも積極的に近づいて、メイクの方法を学んだり、

アドバイスをもらうと、益々美意識が高まってきます。




以前、ファッションの記事でも書きましたとおり、

一つのアイテムや服を買うときに、何通りかのパターンで

試着させてもらうとか、コーディネイトを教えてもらうとかを

提案いたしましたが、コスメを買うときも同じです。




たった一つコスメを買うだけでも、デパートのBAさんはフルメイクしてくれます。

コスメの代金には、メイクレッスンも付いているものと思って、

積極的に、メイクのコツなどを習ってみることもオススメです。

単発でメイクレッスン行ったら、結構なお値段しますから、

そう思えば、コスメもお安いものですよね。




と、いいながらドラックストアでの買い物もやめられませんけどね( ̄∀ ̄;)



1 メイク.JPG



リハビリメイクと言う言葉がありますが、

外観を整えることで心が元気になり豊かになりなり、

生きる喜びが持てるというもの。

老人も口紅一つ塗っただけで、性格まで明るくなったり、

憂鬱から解放されたりもします。




戦時中でさえ、口紅を買い求める女性は絶えなかったそうです。

それだけ、私たち女性が美しくあること、美意識を持つことは

生きるパワーとなっているんですよね。




女性に生まれた限り、容姿の良し悪しに関係なく、美意識を持ち、

ちょっとの勇気(もしかしてすごい勇気)と、継続的な行動をして、

美しさを求める気持ちを生活の中に取り入れていきたいですね。




あ、付け加えて言うならば、何も、美意識って

外見を整えるだけじゃありませんけどね。

美しいと言われるものに定期的に触れること




それは、花を飾ったり、美しい自然に身をおいて感性を磨いたり、

美しい女優さんの映画を見たり、そんなことも含まれますので、

そういうことも日常的に取り入れたいものですね。




今日は花金(←相当な死語^^;)ですね。

存分に楽しんでくださいませ。いつもありがとうございます。

☆人気ブログランキング

☆にほんブログ村

ブラウザが開ききるまでお待ち頂けますと、
応援にカウントされるようです。
ご協力お願いいたします。

おきてがみ



お試しセットは超お得です。まだの方にはオススメです。








美人になる方法@ワタナベ薫 at 01:55 | コメント(5) | トラックバック(0) | 美人の美意識
この記事へのコメント
ワタナベさん、おはようございます。
仙台もすごい雨ですね。。今、子供たちを学校に送ってきました。
帰ってきて、元気の源であるワタナベさんの記事
を読みました〜
ちょうど昨日、ママと友達がうちに遊びに来たのですが、彼女は今44歳の草刈民代似の美女です。私と7歳も離れているというのに、とっても綺麗な髪の毛、スタイルも良く、センスのある持ち主です。子供を産むまで、エステの店長してただけあって、美を継続してます。
内面も落ち着いていて、気遣える女性。
私もそんな40代になっていたいな〜と憧れてます。なので会うと2人で情報交換してます。
そしてお互い、刺激になり、忘れかけてた事を思い出すかのように、磨き合っているという関係です。
ワタナベさんも綺麗な方ですが、やはり、美を意識してると、40歳を迎えたあたりから、意識してない人との差が出てくるように思います。
素敵な人や物に囲まれるって、
本当にいいですね。
Posted by うさおさん at 2010年12月03日 08:36
おはようございます。
そうなんですよね〜。化粧品売り場のお姉さんって本当にメイク上手。お姉さんの付けている色が欲しくなっちゃうんです。 そろそろグロスを買いに行かなくては…。
Posted by grace姉さん at 2010年12月03日 08:49
今日も心にガンガン響く言葉ばかりでした。

最近ここにコメントすることで着実に美意識が高まってきたなって思えます!
その変化のひとつが、近所のタリーズやスタバにお茶しに行くだけなら、かなりラフな服だったんですが、先日人と会うつもりの服やメイクにしたら、その数時間がとても気分のいい特別な時間になり、読書や仕事の戦略がとてもはかどりました。たぶん無意識にその服装に合った自分になろうとするのだと思いました。この感覚知ってしまったら、もう元には戻れなくなりました。(笑)
デパートの化粧品売り場は私にとってはまだ高いハードルですが、こうして少しずつ美意識のステップアップができればやがては余裕で行けそうです。
その分やることもたくさんだけど、『美を高める』を思いっきり楽しんじゃいたいと思います♪
今日もありがとうございました。m(_ _)
薫さんは東京ですか?ますます洗練されちゃってくださいね。
素敵な一日を!(^_-)-☆
Posted by komatsuさん at 2010年12月03日 08:58
薫さん、こんにちは。

先日デパートで、綺麗なBAさんにフルメイクしていただきました。 とっても気持良かったです。お顔を大事に扱ってもらって・・・^^

環境は大事ですね。 
田舎にいて、同世代のお母さん方の中にも田舎に染まっておられる方もちらほら・・・
自分も意識しないとそうなっちゃいます(結構なってるかも)楽ですからね・・・

薫さんのブログに来させて頂いて、意識をモチベーションを保つように心がけています
Posted by ぐぅさん at 2010年12月03日 14:13
女性はお花なんだよー
なんで土とか枯れ木みたいな色の
服を着るの?って
一人さんが言っているのを思い出しました。

あえて敷居が高いな…
と思う環境に身を置くのも
美意識を高めるには効果的なんですねぇ♪

キラキラしたものを身につけるのは
自分のためじゃなくて
人様のため、世の中を明るくするため…

なんですけど
私アクセサリーってもんを
つけてません…

イミテーションでも十分みたいなので
今度こそ買ってきてつけてみよう(笑)

Posted by たら@すくすく美乳&美尻さん at 2010年12月03日 22:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]



【コメントをされる方へ】

明らにアクセス誘導と分かるような宣伝のコメントは、こちらの判断で削除させていただきますので、ご了承ください。また、ワタナベに御用のある業者の方は、コメント欄ではなく、トップのメニューバーの「ContactUs」よりお入りくださいますよう、お願い申し上げます。個人的に、このコメント欄はとても大事にしておりますので、どうぞご理解頂ければと思います。皆様のご協力に前もって感謝申し上げます。


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。